みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

赤ちゃんに健やかな「眠育」を!眠りやすい環境の作り方とは?

   

illust770産まれたばかりの赤ちゃんは、眠って起きての繰り返しを一日中していますよね。それは真夜中であっても続くので、ママは疲労困憊してしまうでしょう。特に「夜泣き」をされると本当にどうしたらいいのか…。赤ちゃんの眠りを誘導する方法はあるのでしょうか?

生後1ヶ月くらいまでの赤ちゃんの睡眠リズムは昼夜の区別がありません

10ヶ月近くママのお腹の中にいた赤ちゃんは、その守られた環境の中ではほとんど睡眠状態で過ごしてきました。ですから、産まれて間もない赤ちゃんも「睡眠」が中心の生活なのですね。

もちろんまだ昼夜の区別もなく、時間を問わずに大声で泣いたりするので、夜中に泣き叫ばれると、ママはそれだけでパニックになってしまいますが、焦らず落ち着いた気持ちで接してあげましょう。

3ヶ月を過ぎる頃の赤ちゃんは、だんだん睡眠するのは夜が中心になっていきます。ここで大切なのは、「夜は静かで暗い、眠りには最適な時間」だということを赤ちゃんに感じてもらいたいということなのです。

赤ちゃんが気持ちよく眠れるようにするには、どうしたらいいの?

現代に生きる私たちは、夜でも部屋の中は常に明るい状態のため、赤ちゃんの睡眠を促す為には、その環境をパパママが作ってあげなくてはなりません。それは、意識していないと作る事は出来ないのです。

赤ちゃんが産まれる前は、夜遅くまで起きていたりテレビを見ていたりしていませんでしたか?まずは、この生活を改めなくてはならないのです。

まず、赤ちゃんが眠る時間になったら、照明を消して暗い環境を作りましょう。そこでテレビの音が聞こえていたら、赤ちゃんは落ち着くことが出来ず眠れませんよね?テレビも消して、静かな状態を作ってあげましょう。すると、睡眠ホルモンが刺激されて眠くなるので、赤ちゃんはスムーズに眠りにつくことが出来るでしょう。

環境を整えているのにすぐに起きちゃう赤ちゃんは「朝寝、昼寝」を見直してみましょう

夜になり、赤ちゃんが眠りやすい環境を整えているにも関わらず「眠りが浅い」「まとまって寝てくれない」場合は、朝寝、昼寝を見直してみる必要があるかもしれません。

1才頃までの赤ちゃんの睡眠を「朝寝、昼寝、夕寝」と分けて考えた時、生後2〜4ヶ月頃までは朝寝は1時間、昼寝は2時間半、夕寝は30分〜1時間くらいが目安になります。

生後5ヶ月頃からの夕寝はだんだん無くしていき、1才頃になったら朝寝も無くすようにしていくのがいいでしょう。

昼寝は十分にさせてあげたいですが、あまりに寝過ぎてしまっても今度は夜の睡眠の妨げになってしまいます。目安よりも多いなと感じたら早めに起こして、睡眠の調節をしてあげてください。無理はせず、赤ちゃんの様子を見ながらにしましょう。

赤ちゃんの眠りが整う事で、ママも赤ちゃんもハッピーになるという「眠育」の考え方。みんなが幸せになるように、昼間はお日様の光の中元気に遊び、夜は暗くて静かな環境の中、赤ちゃんを健やかな眠りに導いてあげましょうね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

どうすればいいの?上手な「ママ友付き合い」をする方法とは?

幼稚園や保育園に入園すると、子供も心配ですが、「ママ同士」のお付き合いも気になっ …

子供部屋をオシャレな家具や収納道具でスッキリ!インテリアの選び方

子供部屋ってカラフルな玩具が多く、整理整頓しているつもりでも、どうしても見た目に …

「あれ買って〜!」はこれで解決!子供の心理を上手に利用しよう

幼児期になると自分の好きな物やお気に入りのキャラクターなどが出て来て、高価なゲー …

お出かけには何を持って行く?子育てママに便利な持ち物を見てみよう!

夏休みも真っただ中で、お子さんと一緒にお出かけする機会も多いのではないでしょうか …

子供の視力とスマホ
子供がパソコンやスマホゲームに夢中。子供の視力は大丈夫?

時代の流れに伴って、最新機器はどの家庭においても気軽に使える便利なアイテムとして …

子供の育てたい「個性」は生後3年間で決まる!赤ちゃんにはいっぱい触れましょう

今は時代もグローバル化が進み、どんどん世界へ進出していく人たちが増えています。こ …

早くしなさい
子供が指示待ち人間になってしまう「早くしなさい」という親の口癖

朝の登園準備をしているのに、テレビを見たまま動かない子供… 「何してるの!早くし …

ルール無視な親の行動が子供をマナーを守らない悪い子にしてしまう?

社会には「犯罪者」が多く存在しますが、その人たちも元を正せば「子供」だったわけで …

パパママ呼び方
子供をお手伝い上手にさせる心得。子供のやる気を伸ばすことが大切!

子供は毎日、何かしらのお手伝いをしていますか?子供が「お手伝いをしたい!」と言っ …

気をつけて!「熱中症」は炎天下だけじゃない!室内でも起こるので注意しよう!

夏がやってくるとプールや海など楽しい遊びも盛りだくさんでワクワクしますが、小さい …