みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

赤ちゃんに健やかな「眠育」を!眠りやすい環境の作り方とは?

   

illust770産まれたばかりの赤ちゃんは、眠って起きての繰り返しを一日中していますよね。それは真夜中であっても続くので、ママは疲労困憊してしまうでしょう。特に「夜泣き」をされると本当にどうしたらいいのか…。赤ちゃんの眠りを誘導する方法はあるのでしょうか?

生後1ヶ月くらいまでの赤ちゃんの睡眠リズムは昼夜の区別がありません

10ヶ月近くママのお腹の中にいた赤ちゃんは、その守られた環境の中ではほとんど睡眠状態で過ごしてきました。ですから、産まれて間もない赤ちゃんも「睡眠」が中心の生活なのですね。

もちろんまだ昼夜の区別もなく、時間を問わずに大声で泣いたりするので、夜中に泣き叫ばれると、ママはそれだけでパニックになってしまいますが、焦らず落ち着いた気持ちで接してあげましょう。

3ヶ月を過ぎる頃の赤ちゃんは、だんだん睡眠するのは夜が中心になっていきます。ここで大切なのは、「夜は静かで暗い、眠りには最適な時間」だということを赤ちゃんに感じてもらいたいということなのです。

赤ちゃんが気持ちよく眠れるようにするには、どうしたらいいの?

現代に生きる私たちは、夜でも部屋の中は常に明るい状態のため、赤ちゃんの睡眠を促す為には、その環境をパパママが作ってあげなくてはなりません。それは、意識していないと作る事は出来ないのです。

赤ちゃんが産まれる前は、夜遅くまで起きていたりテレビを見ていたりしていませんでしたか?まずは、この生活を改めなくてはならないのです。

まず、赤ちゃんが眠る時間になったら、照明を消して暗い環境を作りましょう。そこでテレビの音が聞こえていたら、赤ちゃんは落ち着くことが出来ず眠れませんよね?テレビも消して、静かな状態を作ってあげましょう。すると、睡眠ホルモンが刺激されて眠くなるので、赤ちゃんはスムーズに眠りにつくことが出来るでしょう。

環境を整えているのにすぐに起きちゃう赤ちゃんは「朝寝、昼寝」を見直してみましょう

夜になり、赤ちゃんが眠りやすい環境を整えているにも関わらず「眠りが浅い」「まとまって寝てくれない」場合は、朝寝、昼寝を見直してみる必要があるかもしれません。

1才頃までの赤ちゃんの睡眠を「朝寝、昼寝、夕寝」と分けて考えた時、生後2〜4ヶ月頃までは朝寝は1時間、昼寝は2時間半、夕寝は30分〜1時間くらいが目安になります。

生後5ヶ月頃からの夕寝はだんだん無くしていき、1才頃になったら朝寝も無くすようにしていくのがいいでしょう。

昼寝は十分にさせてあげたいですが、あまりに寝過ぎてしまっても今度は夜の睡眠の妨げになってしまいます。目安よりも多いなと感じたら早めに起こして、睡眠の調節をしてあげてください。無理はせず、赤ちゃんの様子を見ながらにしましょう。

赤ちゃんの眠りが整う事で、ママも赤ちゃんもハッピーになるという「眠育」の考え方。みんなが幸せになるように、昼間はお日様の光の中元気に遊び、夜は暗くて静かな環境の中、赤ちゃんを健やかな眠りに導いてあげましょうね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

乳幼児の噛み付く、歯ぎしり、歯をカチカチ…考えられる原因は何?

子供と一緒に寝ている時、突然「ぎしぎし」と耳障りな音が聞こえてビックリした!なん …

子供がトイレトレーニングを始める時期・年齢はいつから?

2才を過ぎて幼稚園入園を意識しはじめると、「そろそろおむつはずしも始めないと…」 …

赤ちゃん吐き戻し
離乳食の吐き戻しが多い時の対処法。赤ちゃんの嘔吐後の水分補給には経口補水液をあげよう

赤ちゃんは自分で食べる量をセーブできません。 食べたくない!いやいや!と言って拒 …

子供がお手伝いをしてくれない…楽しく習慣化する効果的な方法とは?

子供がだんだん大きくなってくると、家族の一員としてはもちろん、これから生活してい …

卒乳のやり方とベストな時期は?授乳を卒業するまでの道のりを大公開!

母乳育児をしているお母さんにとっては、卒乳の時期というのはとても悩ましいところだ …

「食育」は家族の笑顔がいちばん大切。ママに任せず家族も協力しよう。

2005年に食育基本法が成立されました。今では一般的に使われる「食育」という言葉 …

子供の良さがだんだん見えてくる!?優しい効き目の「サプリ親」になりたい!

子供にとって「良い親でいたい」と思うのは当然のことです。それが度を超えてしまった …

子供の体臭が気になることはありませんか? 気をつけて!!病気である可能性も・・

汗をかく季節になると「体臭」が気になりますね。体臭は大人だけのことだと思っていま …

先輩ママの体験談<ピアノ>幼少期の習い事のメリット・デメリット。

成長が著しい幼少期にどんな習い事をさせるか悩む親御さんも多い中、常に人気の習い事 …

「買って買って!」はチャンスかも!?お金の教育をするにはどうしたらいいの?

赤ちゃんの頃から不自由なく周りの人がお世話をしてくれ、自分の足で立って歩けるよう …