みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

赤ちゃんに健やかな「眠育」を!眠りやすい環境の作り方とは?

   

illust770産まれたばかりの赤ちゃんは、眠って起きての繰り返しを一日中していますよね。それは真夜中であっても続くので、ママは疲労困憊してしまうでしょう。特に「夜泣き」をされると本当にどうしたらいいのか…。赤ちゃんの眠りを誘導する方法はあるのでしょうか?

生後1ヶ月くらいまでの赤ちゃんの睡眠リズムは昼夜の区別がありません

10ヶ月近くママのお腹の中にいた赤ちゃんは、その守られた環境の中ではほとんど睡眠状態で過ごしてきました。ですから、産まれて間もない赤ちゃんも「睡眠」が中心の生活なのですね。

もちろんまだ昼夜の区別もなく、時間を問わずに大声で泣いたりするので、夜中に泣き叫ばれると、ママはそれだけでパニックになってしまいますが、焦らず落ち着いた気持ちで接してあげましょう。

3ヶ月を過ぎる頃の赤ちゃんは、だんだん睡眠するのは夜が中心になっていきます。ここで大切なのは、「夜は静かで暗い、眠りには最適な時間」だということを赤ちゃんに感じてもらいたいということなのです。

赤ちゃんが気持ちよく眠れるようにするには、どうしたらいいの?

現代に生きる私たちは、夜でも部屋の中は常に明るい状態のため、赤ちゃんの睡眠を促す為には、その環境をパパママが作ってあげなくてはなりません。それは、意識していないと作る事は出来ないのです。

赤ちゃんが産まれる前は、夜遅くまで起きていたりテレビを見ていたりしていませんでしたか?まずは、この生活を改めなくてはならないのです。

まず、赤ちゃんが眠る時間になったら、照明を消して暗い環境を作りましょう。そこでテレビの音が聞こえていたら、赤ちゃんは落ち着くことが出来ず眠れませんよね?テレビも消して、静かな状態を作ってあげましょう。すると、睡眠ホルモンが刺激されて眠くなるので、赤ちゃんはスムーズに眠りにつくことが出来るでしょう。

環境を整えているのにすぐに起きちゃう赤ちゃんは「朝寝、昼寝」を見直してみましょう

夜になり、赤ちゃんが眠りやすい環境を整えているにも関わらず「眠りが浅い」「まとまって寝てくれない」場合は、朝寝、昼寝を見直してみる必要があるかもしれません。

1才頃までの赤ちゃんの睡眠を「朝寝、昼寝、夕寝」と分けて考えた時、生後2〜4ヶ月頃までは朝寝は1時間、昼寝は2時間半、夕寝は30分〜1時間くらいが目安になります。

生後5ヶ月頃からの夕寝はだんだん無くしていき、1才頃になったら朝寝も無くすようにしていくのがいいでしょう。

昼寝は十分にさせてあげたいですが、あまりに寝過ぎてしまっても今度は夜の睡眠の妨げになってしまいます。目安よりも多いなと感じたら早めに起こして、睡眠の調節をしてあげてください。無理はせず、赤ちゃんの様子を見ながらにしましょう。

赤ちゃんの眠りが整う事で、ママも赤ちゃんもハッピーになるという「眠育」の考え方。みんなが幸せになるように、昼間はお日様の光の中元気に遊び、夜は暗くて静かな環境の中、赤ちゃんを健やかな眠りに導いてあげましょうね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

脳科学に基づいた教育方法!「久保田式」の子育てで0才から脳の基礎を作っていきましょう

赤ちゃんを授かり、出産し、我が子に出会えた喜びは何にも変えられる事はできません。 …

毎日のお掃除大変でもうイヤ!「段階的目標設定」で楽々キレイを手に入れよう!

洗濯、食事、お掃除…家事を毎日こなすことは、ママにとっては本当に重労働ですし、時 …

育てたい子供の「決断力」。見極める力をトレーニングしよう!

人間が生活を営んで行く上で、大切な場面では必ずといっていいほど「決断」を迫られま …

卒乳のやり方とベストな時期は?授乳を卒業するまでの道のりを大公開!

母乳育児をしているお母さんにとっては、卒乳の時期というのはとても悩ましいところだ …

子どもの熱中症
子供の熱中症予防と症状まとめ。6月から気温が高くなるので要注意!

『子供の熱中症』 最近は春の季節から急に気温が上がり春らしい気候があっという間に …

子供にお金の教育をする上手な方法は小学生の頃からお小遣いを与えること

子供には“お小遣い”をあげていますか? また、それはいつからですか? 我が家では …

夏風邪
子供の夏風邪トリオ予防方法。夏風邪の症状など詳細まとめ

『夏風邪トリオ』 夏になり、以前こんなママ同士の会話がありました。 「うちの子、 …

「口先だけ」で叱っていませんか?子供が将来恥をかいてしまうNGな叱り方とは?

将来子供が大人になったとき、その立ち振る舞いを見れば、どんな環境で育ったのかが見 …

子供の育てたい「個性」は生後3年間で決まる!赤ちゃんにはいっぱい触れましょう

今は時代もグローバル化が進み、どんどん世界へ進出していく人たちが増えています。こ …

子育てイライラ
子育て中のイライラの上手な解消法。育児の悩みを一人で抱えないことが大事

現在、どのような家庭環境で子育てをされていますか? ひと昔前は両親と子供に祖父母 …