みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

幼少期の「なぜなぜ期」を大切にしてあげると勉強好きな子になる!

   

illust2882小学校へ入学すると義務教育が始まり、得意、不得意に関わらず一通りの勉強をすることになりますよね。そこでだんだん差が出て来てしまうのは「勉強出来る子」と「勉強嫌い、出来ない子」です。それは、幼少期の「なぜなぜ期」が関係しているのかもしれませんよ?

子供の最初の好奇心「なぜ?」「どうして?」は「勉強への第一歩」なのです

小さい子供はどんな事にも目をキラキラ輝かせて、興味を持って物事を良く見ていますよね。そこには「これってどうなっているんだろう?」「うわあ!キレイな色のトマトだなあ!なんで赤くなるの?」など、大人がスルーしてしまうような事でも知りたくてうずうずしているのです。

その「知りたい!」という気持ち、それが「勉強」なのです。子供自身はまだ幼く勉強しているという意識はありませんが、それは立派な勉強です。そこで大切なのが、「なぜ?」と子供が聞いて来たときの大人の反応なのです。

「なぜ?」と聞かれたとき、あなたはどんな対応をしていますか?

子供の「なぜ?」「どうして?」は、周りの大人になげかけられると思うのですが、あまりにもあたりまえの質問や、時に難し過ぎる質問もあり、全てに答える事はなかなか大変なのですよね。

「今忙しいから後でね」「トマトが赤い?そんなの当たり前なんだよ」…もしかして、こんなふうに答えていませんか???

実は、これは子供を将来「勉強嫌い」にしてしまう可能性のある「答え方」なのです。

なぜなぜ期の子供にとって、疑問を持ったら解決したいと思っているから、パパやママに聞くのです。それなのに、「後で…」「当たり前だから…」とそっけない答えしか返ってこないのでは、子供はとうてい納得出来るはずがないのです。

そうした「そっけない返事」が続くようになると「もう、質問するのは止めよう」と、あんなにキラキラさせていた目が、しょんぼりモードになり、好奇心も減り、「知りたい」気持ちは徐々に無くなってしまうでしょうね。

「なぜなぜ期」、ちょっと大変だけど、きちんと耳を傾けて聞いてあげることが大切です

そんな風にしょんぼりモードになってしまった子供は、小学校へ入学して勉強することになっても、興味が湧かず、面白くない、つまらない…と勉強嫌いまっしぐらに向かってしまうかもしれません。そうならない為にも、幼少期からの子供の「なぜ?」には誠意を持って対応してあげて欲しいのです。

時には、即答できないような難しい質問を、投げかけられることもあるでしょう。「ねえパパ、なんで鳥さんは空を自由に飛べるんだろうね?」う〜ん…なんと答えてあげたら…。

そんな厳しい質問のときは、「なんでだろうね、お家に帰ったら一緒に調べてみようか?」など、図書館で図鑑を借りたり、インターネットで調べてみたりして、子供が納得出来る答え探しを一緒にしてあげたいですね。

「なぜなぜ期」だと、質問も多いのでちょっと大変かも…と思うのは当然だと思います。だけど、この時期に親として子供に真っ正面から向き合うことで、勉強が好きになってくれたら、親として、こんな嬉しいことはありません。頑張ってくださいね!

 




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

ミキハウスの服
子供服の選び方。おすすめの二大ブランド『ファミリア』『ミキハウス』の違いとは?

子供服コーナーへ足を運ぶと色とりどりのかわいい服や大人顔負けのおしゃれな服など目 …

ママ友の家にお呼ばれ!お土産はどんなものを持っていけば良い?

ママ友ができて、ある程度親しくなるとお互いの家に遊びに行く機会も増えてきます。 …

子どもは親の行動をよく見ている!真似っこ上手な1、2歳児の特徴とは?

普段の何気ない行動でも、完全コピーをしてくる侮れない子どもの観察力。 挨拶だった …

子供の料理の腕を磨くコツ。子供が料理をやりたい!と言った時はチャンスです。

子供に料理をさせることは、正直、大変です。包丁を持つたどたどしい手つきは、見てい …

七五三って、数え年がいいの?それとも満年齢がいいの?

夏が過ぎれば、本格的に七五三シーズンに入りますね。 多くの写真館が、早い段階で七 …

子供の仕上げ磨きは何歳まで?小学生になれば大丈夫?

生後5~6カ月くらいになると、赤ちゃんには可愛い乳歯が生え始めますね。ママは毎日 …

失敗した時こそ褒めるべきだった!困難にもめげない子供に育てるには?

昨今の若者が社会に出たとき問題になるのは、上司に起こられたからという理由ですぐに …

赤ちゃんの「乳幼児揺さぶられ症候群」が増えている!?その「あやし方」…気をつけて!

産まれて間もない赤ちゃんは、言葉を発する代わりに「泣く」という行動で周りの人に自 …

集中力のない子供。勉強も習い事も毎日の「ちょっとずつ」で集中力を高めましょう

家で遊んでいる子供の様子を見ていると、やはり好きな事をしている時は「集中している …

自分の子供と遊んで欲しくない悪い友達との付き合い方、どうしたらいいの?

子供の友達が家に遊びに来たとき、「あれ?この子ちょっと乱暴かな?」「あいさつもし …