みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

幼少期の「なぜなぜ期」を大切にしてあげると勉強好きな子になる!

   

illust2882小学校へ入学すると義務教育が始まり、得意、不得意に関わらず一通りの勉強をすることになりますよね。そこでだんだん差が出て来てしまうのは「勉強出来る子」と「勉強嫌い、出来ない子」です。それは、幼少期の「なぜなぜ期」が関係しているのかもしれませんよ?

子供の最初の好奇心「なぜ?」「どうして?」は「勉強への第一歩」なのです

小さい子供はどんな事にも目をキラキラ輝かせて、興味を持って物事を良く見ていますよね。そこには「これってどうなっているんだろう?」「うわあ!キレイな色のトマトだなあ!なんで赤くなるの?」など、大人がスルーしてしまうような事でも知りたくてうずうずしているのです。

その「知りたい!」という気持ち、それが「勉強」なのです。子供自身はまだ幼く勉強しているという意識はありませんが、それは立派な勉強です。そこで大切なのが、「なぜ?」と子供が聞いて来たときの大人の反応なのです。

「なぜ?」と聞かれたとき、あなたはどんな対応をしていますか?

子供の「なぜ?」「どうして?」は、周りの大人になげかけられると思うのですが、あまりにもあたりまえの質問や、時に難し過ぎる質問もあり、全てに答える事はなかなか大変なのですよね。

「今忙しいから後でね」「トマトが赤い?そんなの当たり前なんだよ」…もしかして、こんなふうに答えていませんか???

実は、これは子供を将来「勉強嫌い」にしてしまう可能性のある「答え方」なのです。

なぜなぜ期の子供にとって、疑問を持ったら解決したいと思っているから、パパやママに聞くのです。それなのに、「後で…」「当たり前だから…」とそっけない答えしか返ってこないのでは、子供はとうてい納得出来るはずがないのです。

そうした「そっけない返事」が続くようになると「もう、質問するのは止めよう」と、あんなにキラキラさせていた目が、しょんぼりモードになり、好奇心も減り、「知りたい」気持ちは徐々に無くなってしまうでしょうね。

「なぜなぜ期」、ちょっと大変だけど、きちんと耳を傾けて聞いてあげることが大切です

そんな風にしょんぼりモードになってしまった子供は、小学校へ入学して勉強することになっても、興味が湧かず、面白くない、つまらない…と勉強嫌いまっしぐらに向かってしまうかもしれません。そうならない為にも、幼少期からの子供の「なぜ?」には誠意を持って対応してあげて欲しいのです。

時には、即答できないような難しい質問を、投げかけられることもあるでしょう。「ねえパパ、なんで鳥さんは空を自由に飛べるんだろうね?」う〜ん…なんと答えてあげたら…。

そんな厳しい質問のときは、「なんでだろうね、お家に帰ったら一緒に調べてみようか?」など、図書館で図鑑を借りたり、インターネットで調べてみたりして、子供が納得出来る答え探しを一緒にしてあげたいですね。

「なぜなぜ期」だと、質問も多いのでちょっと大変かも…と思うのは当然だと思います。だけど、この時期に親として子供に真っ正面から向き合うことで、勉強が好きになってくれたら、親として、こんな嬉しいことはありません。頑張ってくださいね!

 




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子育てで溜まるストレスを撃退しよう!お手軽簡単解消法

一生懸命に子育てをしていると、思い通りにならない事の方が多いので、パパママはスト …

子供のお小遣い
子供のお小遣い制度は月額制と報酬制どっちがおすすめ?海外ではお手伝いをさせる報酬制が主流

だんだん大きくなってくると、パパママにとっては悩みの種にもなる「お小遣い」。 い …

読書
子供の言語理解力やコミュニケーション力も高める「素話」を始めましょう!

「本を読む子」は就学後の学習においてもスムーズに勉強出来るので、読まない子に比べ …

「うるさい!静かにしなさい!」つい怒鳴ってしまって自己嫌悪…冷静になるために「私は…」とつぶやこう!

スーパーでお買い物をしている時、「ママ〜これ買って〜!!!」と大騒ぎされてしまう …

「言い訳」する子供は将来が心配!?素直に謝る習慣を身につけるには?

「だって!」「でもさ!」「悪くないもん!」どんな事に対してもすぐに言い訳や口ごた …

子供のアレルギー対策
赤ちゃんのアレルギー対策。自治体主催のアレルギー予防教室で守る方法を学びましょう

アレルギーを持つ子供は年々増えていますよね。 原因はさまざまですが、なってしまっ …

「奴隷おじさん」が書類送検された事件…こうした事件から子供を守るにはどうしたらいいのでしょうか?

最近のニュースで「奴隷おじさん」と呼ばれる50代の男性が女性に声をかけ、書類送検 …

集中力のない子供。勉強も習い事も毎日の「ちょっとずつ」で集中力を高めましょう

家で遊んでいる子供の様子を見ていると、やはり好きな事をしている時は「集中している …

0才の赤ちゃんでもお片づけ出来るの!?無理なく「片付け上手」な子供に育てましょう

愛おしい我が子の笑顔は、パパママにとってなによりの宝物ですよね。おもちゃで遊ぶ姿 …

離乳食に豆腐を活用!赤ちゃんにおすすめの豆腐簡単レシピのご紹介

子供の体の形成に必要なタンパク質。中でも豆腐は高タンパクであり、脂が少ないという …