みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

幼少期の「なぜなぜ期」を大切にしてあげると勉強好きな子になる!

   

illust2882小学校へ入学すると義務教育が始まり、得意、不得意に関わらず一通りの勉強をすることになりますよね。そこでだんだん差が出て来てしまうのは「勉強出来る子」と「勉強嫌い、出来ない子」です。それは、幼少期の「なぜなぜ期」が関係しているのかもしれませんよ?

子供の最初の好奇心「なぜ?」「どうして?」は「勉強への第一歩」なのです

小さい子供はどんな事にも目をキラキラ輝かせて、興味を持って物事を良く見ていますよね。そこには「これってどうなっているんだろう?」「うわあ!キレイな色のトマトだなあ!なんで赤くなるの?」など、大人がスルーしてしまうような事でも知りたくてうずうずしているのです。

その「知りたい!」という気持ち、それが「勉強」なのです。子供自身はまだ幼く勉強しているという意識はありませんが、それは立派な勉強です。そこで大切なのが、「なぜ?」と子供が聞いて来たときの大人の反応なのです。

「なぜ?」と聞かれたとき、あなたはどんな対応をしていますか?

子供の「なぜ?」「どうして?」は、周りの大人になげかけられると思うのですが、あまりにもあたりまえの質問や、時に難し過ぎる質問もあり、全てに答える事はなかなか大変なのですよね。

「今忙しいから後でね」「トマトが赤い?そんなの当たり前なんだよ」…もしかして、こんなふうに答えていませんか???

実は、これは子供を将来「勉強嫌い」にしてしまう可能性のある「答え方」なのです。

なぜなぜ期の子供にとって、疑問を持ったら解決したいと思っているから、パパやママに聞くのです。それなのに、「後で…」「当たり前だから…」とそっけない答えしか返ってこないのでは、子供はとうてい納得出来るはずがないのです。

そうした「そっけない返事」が続くようになると「もう、質問するのは止めよう」と、あんなにキラキラさせていた目が、しょんぼりモードになり、好奇心も減り、「知りたい」気持ちは徐々に無くなってしまうでしょうね。

「なぜなぜ期」、ちょっと大変だけど、きちんと耳を傾けて聞いてあげることが大切です

そんな風にしょんぼりモードになってしまった子供は、小学校へ入学して勉強することになっても、興味が湧かず、面白くない、つまらない…と勉強嫌いまっしぐらに向かってしまうかもしれません。そうならない為にも、幼少期からの子供の「なぜ?」には誠意を持って対応してあげて欲しいのです。

時には、即答できないような難しい質問を、投げかけられることもあるでしょう。「ねえパパ、なんで鳥さんは空を自由に飛べるんだろうね?」う〜ん…なんと答えてあげたら…。

そんな厳しい質問のときは、「なんでだろうね、お家に帰ったら一緒に調べてみようか?」など、図書館で図鑑を借りたり、インターネットで調べてみたりして、子供が納得出来る答え探しを一緒にしてあげたいですね。

「なぜなぜ期」だと、質問も多いのでちょっと大変かも…と思うのは当然だと思います。だけど、この時期に親として子供に真っ正面から向き合うことで、勉強が好きになってくれたら、親として、こんな嬉しいことはありません。頑張ってくださいね!

 




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

親の行動が子供の好奇心を奪ってしまうかも?「無意識過保護」に要注意!

自分でいろいろ出来るようになる2〜3才ごろは、親としては心配な時期でもあるし、成 …

夏休み明けが心配!?子供のSOS、見逃さないで!

最近のニュースで「子供の自殺が一番多いのは、夏休み明けの9月1日です」と騒がれて …

このままで大丈夫かな?子供の身長を伸ばすためにできること

「あれ?うちの子だけなんだか小さい」「去年まで同じくらいの身長だったのに、すっか …

卒乳のやり方とベストな時期は?授乳を卒業するまでの道のりを大公開!

母乳育児をしているお母さんにとっては、卒乳の時期というのはとても悩ましいところだ …

「食育」は家族の笑顔がいちばん大切。ママに任せず家族も協力しよう。

2005年に食育基本法が成立されました。今では一般的に使われる「食育」という言葉 …

子供部屋をオシャレな家具や収納道具でスッキリ!インテリアの選び方

子供部屋ってカラフルな玩具が多く、整理整頓しているつもりでも、どうしても見た目に …

子供を甘やかす
子供を甘やかすのと甘えさせるの違いとは?子供の言いなりになるのは親としてダメな理由

「甘えん坊だなあ」「そんなに甘やかしちゃダメだよ」どちらも同じ「甘える」という言 …

子供の食べ物の「好き嫌い」を克服するには?

お子さんが成長して大きくなるにつれて、食べ物の好き嫌いは、パパママにとっても悩み …

子供の五感は外遊びで鍛える事ができる!自然とのふれあいが子育てに役立つ理由とは?

人間の「五感」はお母さんのお腹の中にいる胎児のころに原形が形成されると考えられて …

「家庭内事故」に気をつけて!赤ちゃん乳幼児の事故で多いものって何?

「まだそんなに動くことはできないから大丈夫!」そう思って赤ちゃんを安全な場所へ寝 …