みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供のアレルギー疾患が増えている…食物アレルギー、気をつけたいこととは?

   

illust1030少し前に食物アレルギーを持つ子供が学校給食を誤食して、残念ながら亡くなってしまった事故がありました。こんな痛ましい事故を引き起こしてしまうこともある食物アレルギー。もしもお子さんがアレルギーだとしたら、普段からどんな事に気をつけたらいいのでしょうか?

3才までの子供のアレルギー疾患患者は、なんとおよそ4割も!?

年々増加傾向にある子供のアレルギー疾患ですが、中でも多いのがぜんそく、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーといったものです。その割合を見てみると、全体のおよそ4割の子供達は、「アレルギー疾患」だと診断されているというのです。

こうした結果を見てみると、何かしらのアレルギー疾患にかかっている子供は、決してめずらしいことではない事がわかります。

子供に多い食物アレルギー、なんでアレルギーは起きてしまうの?

普通に生活を送るのに支障はないけど、ある特定の食べ物を口にすると発症してしまうのが「食物アレルギー」です。

そもそも、なんでアレルギーになってしまうのかというと、私たちの体は、体内に侵入して来たモノに対して「抗体」を作ろうとする働きがあり、その侵入物から身体を守っているのですね。このとき、ある物質に対してだけ過剰に反応してしまうことがある、それが「アレルギー反応」です。

食物アレルギーは子供に多く、6才以下の乳幼児が食物アレルギー患者数の80%を占めているという結果もあるほどです。

命の危険も!?食物アレルギーの症状はどういうもの?アナフィラキシーショックとは?

すると皮膚や粘膜系、呼吸器系、循環器系、消化器系、神経系に症状が出る事があり、程度の軽いものから重いものまで、その症状はさまざまです。

「アナフィラキシーショック」という言葉を聞いた事があるかと思いますが、これは上記にあげた症状が2つ以上同時に起こり、重い症状が見られるときのことを指すそうです。繰り返し吐いて(消化器系)動悸も激しい(循環器系症状)などは、アナフィラキシーと診断されます。

この症状が起きた時には一刻も早く、医療機関で診察を受ける必要があります。また、こうした事態を防ぐためには、誤食をしないということが一番大切です。

自宅、レストラン…危険は潜んでいる!「食品表示の無い」食べ物には要注意!

自宅でご飯を用意するとき、食物アレルギーに最新の注意をしてお子さんに用意していると思うのですが、意外に多いのが加工食品や惣菜の誤食なのです。

なぜかというと、これらには「食品表示」の義務がなく、つい見落としてしまうからです。誤食経験がある子供の中でも、約70%が「自宅で」という結果には、こうしたことが考えられるのです。

また、レストランなどのバイキングなども表示義務がありません。外食する時には、スタフに尋ねたり、事前にインターネットでアレルギー情報を公開しているファミレスなどもあるので、細かくチェックしておくと安心ですね。

まだ小さなお子さんには判断が出来ません。パパママがしっかり守ってあげましょう。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

育児ノイローゼ対策
育児を一人で抱え込まないことが大切。母親の育児ノイローゼを防ぐ方法は?

毎日かわいいお子さんとの生活。話しかけたらにっこり微笑んでくれたり、作ったものを …

子供を小さなうちから肥満にさせない!おやつで考えるママの工夫

現代の子供たちは手足が長くて腰の位置が高い!首がスラッと伸びてスタイルがとても良 …

子どもの傘の選び方
子供の傘の選び方。身長に合わせたサイズを買おう!

『子供の傘』 天気予報から梅雨入りの話題が増えてきましたね。 雨にかかせない傘は …

マイナンバー制度がいよいよ開始!実は子育て世代にとっても便利なマイナンバー制度、その理由とは?

最近、マイナンバー制度の通知が送られ始めているという話題がテレビなどでもニュース …

ランドセルの選び方のコツ!何色がいい?

子供が幼稚園の年長さんになって数か月・・・夏休み明けにはランドセルが店頭に並び始 …

ぐずる子ども
朝の忙しい時に子供をぐずらせない方法。スムーズに幼稚園まで送り届けるコツとは?

子育てをされているご家庭にとって、朝の忙しさと言ったらありません! 共働き家庭な …

子連れで電車はマナーが心配。どこまで大丈夫??

子連れでお出かけはたくさんしたいですよね。でも電車に乗るときにちょっとドキドキハ …

子供のアレルギー対策
赤ちゃんのアレルギー対策。自治体主催のアレルギー予防教室で守る方法を学びましょう

アレルギーを持つ子供は年々増えていますよね。 原因はさまざまですが、なってしまっ …

子供の心に大きな傷を作ってしまう間違った叱り方とは?支配と教育の違いを認識しよう

子供が悪いことをしてしまった時、「叱る」ことはとても大切なことです。 しかし、最 …

子供の自転車練習は何歳から?自転車デビューはタイミングが大事!

子供が補助輪を外した二輪自転車に乗れるようになるのは、早ければ幼稚園の年少から、 …