みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供のアレルギー疾患が増えている…食物アレルギー、気をつけたいこととは?

   

illust1030少し前に食物アレルギーを持つ子供が学校給食を誤食して、残念ながら亡くなってしまった事故がありました。こんな痛ましい事故を引き起こしてしまうこともある食物アレルギー。もしもお子さんがアレルギーだとしたら、普段からどんな事に気をつけたらいいのでしょうか?

3才までの子供のアレルギー疾患患者は、なんとおよそ4割も!?

年々増加傾向にある子供のアレルギー疾患ですが、中でも多いのがぜんそく、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーといったものです。その割合を見てみると、全体のおよそ4割の子供達は、「アレルギー疾患」だと診断されているというのです。

こうした結果を見てみると、何かしらのアレルギー疾患にかかっている子供は、決してめずらしいことではない事がわかります。

子供に多い食物アレルギー、なんでアレルギーは起きてしまうの?

普通に生活を送るのに支障はないけど、ある特定の食べ物を口にすると発症してしまうのが「食物アレルギー」です。

そもそも、なんでアレルギーになってしまうのかというと、私たちの体は、体内に侵入して来たモノに対して「抗体」を作ろうとする働きがあり、その侵入物から身体を守っているのですね。このとき、ある物質に対してだけ過剰に反応してしまうことがある、それが「アレルギー反応」です。

食物アレルギーは子供に多く、6才以下の乳幼児が食物アレルギー患者数の80%を占めているという結果もあるほどです。

命の危険も!?食物アレルギーの症状はどういうもの?アナフィラキシーショックとは?

すると皮膚や粘膜系、呼吸器系、循環器系、消化器系、神経系に症状が出る事があり、程度の軽いものから重いものまで、その症状はさまざまです。

「アナフィラキシーショック」という言葉を聞いた事があるかと思いますが、これは上記にあげた症状が2つ以上同時に起こり、重い症状が見られるときのことを指すそうです。繰り返し吐いて(消化器系)動悸も激しい(循環器系症状)などは、アナフィラキシーと診断されます。

この症状が起きた時には一刻も早く、医療機関で診察を受ける必要があります。また、こうした事態を防ぐためには、誤食をしないということが一番大切です。

自宅、レストラン…危険は潜んでいる!「食品表示の無い」食べ物には要注意!

自宅でご飯を用意するとき、食物アレルギーに最新の注意をしてお子さんに用意していると思うのですが、意外に多いのが加工食品や惣菜の誤食なのです。

なぜかというと、これらには「食品表示」の義務がなく、つい見落としてしまうからです。誤食経験がある子供の中でも、約70%が「自宅で」という結果には、こうしたことが考えられるのです。

また、レストランなどのバイキングなども表示義務がありません。外食する時には、スタフに尋ねたり、事前にインターネットでアレルギー情報を公開しているファミレスなどもあるので、細かくチェックしておくと安心ですね。

まだ小さなお子さんには判断が出来ません。パパママがしっかり守ってあげましょう。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

自分の子供と遊んで欲しくない悪い友達との付き合い方、どうしたらいいの?

子供の友達が家に遊びに来たとき、「あれ?この子ちょっと乱暴かな?」「あいさつもし …

イヤイヤ期の子供と上手につき合う方法とは?子供の自己形成期に必ずある試練

1〜2歳頃になってくると、突然やってくる「イヤイヤモンスター」。 あれもイヤ、こ …

幼児期にさせたい習い事。月謝はどのくらい?知っておきたい、かかるお金のあれこれ

「何かこの子に習い事をさせてあげたいな…」幼い頃から子供に習い事をさせるパパママ …

オムツが外れるまではダメ?赤ちゃんと温泉に入れる時期について

赤ちゃんのお世話をしていると、たまにはほっと一息つけるようなたいけんをしたくなり …

暑い夏休み、低予算で子供と一緒に遊ぶ方法まとめ

ながいながい夏休み。さらにここ数年、外の気温は異様なまでに上昇しています。 暑さ …

幼稚園児のお弁当。可愛く美味しそうに見せる簡単なコツを伝授します!

保育園は基本的に給食ですが、幼稚園はまだまだお弁当を持って行くという園は多いはず …

どうしたらいい?子供の反抗期、小学校の子供の反抗期にはこう接していきましょう

「小さい頃はあんなに可愛かったのに…」小学校や中学校へ行く年齢になると、親との関 …

みんなとは違う!ちょっと変わった習い事ベスト3!

私が子供のころの習い事の定番といえば、 習字、そろばん、ピアノくらいでしたが、近 …

「勉強しなさい!」って言いたくない…進んで勉強する子って、何が違うの?

比べたくはないけど、やっぱりよその子を見ていると「あの子はいつも成績優秀よね、何 …

4〜5才になったら「ひらがな」にチャレンジ!楽しく取り組むコツ3つ

小学校に行くと必ず勉強する「ひらがな」ですが、4、5才になると自分から「書いてみ …