みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

どうして「イヤイヤ期」「魔の二歳児」になってしまうの?どう接したら?

   

illust20161才を過ぎて言葉を話すようになると、自分の周りにあるものに何でも興味を持ち、おもちゃ、お菓子など、好みのものも出てきますよね。デパートへお買い物に行くと「買って〜!」の大騒ぎにいつも頭を抱えてしまうパパママさんも多いのではないでっしょうか?

1才を過ぎると訪れる「イヤイヤ期」、どうしてなの?

自分の足で立ち、動き回る事が出来るということは、「自分の意思のままに行動出来るようになった」という親としてはとても嬉しい成長の表れでもあります。すると、「これなんだろう?」と興味を持ったもの、「これ美味しい!」と感じたものなど、だんだんと「自分の好きな物」も出てくるでしょう。

そうして、自分の身の回りにあるものの中でも、好き、嫌い、といった感情を持ちはじめ「自我の目覚め」を確立していきます。

だけどこの時期の幼児は、言い出したら聞かない、極端なわがままを言う…など、親から見たら困るような行動がどうしても目立ちます。これは、まだ上手に自分の感情をコントロールする能力が未発達なために、うまく気持ちを押さえ込めないのです。

こうした成長過程の中で、1才過ぎた頃「イヤイヤ期」特有の、子供の行動となってしまっているのですね。

「魔の二歳児」になると、イヤイヤがさらにエスカレートしているような気がするのですが…

1才後半から2才頃になると、「欲しいおもちゃを買ってもらうまで大声で泣く」「自分1人で最後まで着替えるといって聞かない」など、「自分が思った事は譲らない」という行動を見るようになり、それまでのイヤイヤ期よりもエスカレートしているのでは?と感じてしまうくらい困った態度をすることがあります。

「好き、嫌い」という自我の目覚めを経験し、次に訪れるのが「我慢をすることを覚える」という事なのです。今まで自分の好きな事だけしてもらえていたのに、それを「ダメ」と言われるのは、子供にとって極端に言えば試練のように感じているのかもしれません。

ですから、その「ダメ」という言葉に拒否反応を起こすのは、当然のことなのです。その思いを通すためには、自分のありとあらゆる感情をぶつけて分かってもらおうとするのですね。だから、お菓子売り場で泣き叫んだり、意固地になってしまうのでしょう。

「イヤイヤ期」も「魔の二歳児」も、こう対処していきましょう!

「ヤダ!」となってしまった子供の気持ちをほぐすのは、やっぱり根気のいる作業ではあります。一番に心掛けて欲しいには「気持ちに寄り添ってあげる」ということです。

「これが欲しい!」そう思う子供に対し、頭ごなしに「ダメ!」といっても気持ちを逆なでするだけです。欲しい理由を聞き、それからダメな理由を伝え、じゃあどうする?と一緒に考えましょう。このやり取りをするだけでも、子供の気持ちは少し落ち着きますから、ギャー!と泣き叫ぶことは無くなるはずです。「我慢する」ことが出来たら、いっぱい褒めて下さいね。イヤイヤ期、魔の二歳児はいつまでも続くわけではありませんから、寄り添う事で、気持ちにゆとりを持たせてあげましょう。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

朝ご飯に嬉しい食パンを使ったレシピ集

朝食に手軽な食パン。 でも、トーストしてはちみつ・バター・ジャム・・・いつも同じ …

4〜5才になったら「ひらがな」にチャレンジ!楽しく取り組むコツ3つ

小学校に行くと必ず勉強する「ひらがな」ですが、4、5才になると自分から「書いてみ …

謙遜しすぎるのは考えもの!?「自分が好きだ!」と言える子供に育てよう!

「お利口さんなお子さんですね!」と誰かに褒められたとき、あなたはどんな返事を返し …

飲食店で市販のベビーフード、勝手に食べるのってアリ?

まだまだ産まれたばかりの頃は、大人の分だけご飯を用意すれば良いので外食も比較的大 …

「奴隷おじさん」が書類送検された事件…こうした事件から子供を守るにはどうしたらいいのでしょうか?

最近のニュースで「奴隷おじさん」と呼ばれる50代の男性が女性に声をかけ、書類送検 …

子育てならぬ「孤育て」に悩むママが増えている…「孤育て」にならない為に出来る事を実践していきましょう

「何で私だけが子育てしなくちゃいけないの?」「子供と二人きりの毎日で社会から取り …

不眠、疲れが取れない…これって育児疲れ?育児ストレスを感じたら心と体の休息が必要です

子育てをしているパパママ、特に出産直後のママは眠る時間もほとんどなくて、体も心も …

エリート家庭ほど危ない!?子供が非行に走ってしまう原因を親が作っていませんか?

子供が親に暴力をふるうなどの事件が増えていて、その原因はさまざまですが、中には何 …

子供はママの背中も見ています!ワークママに育てられた子供は高収入になる!?

お子さんが小さくてもお仕事を続けているママはとても多くて、帰りが遅くなって子供が …

どうすれば本を読んでくれるの?本が大好きな子どもにするためにできること。

本をたくさん読む子になってほしいと思う親は多いと思います。どうしてうちの子は本を …