みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

テープ式からパンツ式へ替えるのっていつ?オムツ替えもっと楽にしよう!

   

illust772あなたは紙オムツを使っていますか?生後まもなくの赤ちゃんのほとんどは「テープ式」のオムツを使っていると思います。しばらくすると「そろそろパンツタイプに替えた方がいいかしら?」とそのタイミングに悩むママさんも多いのではないでしょうか?

みんな悩んでいた!?「パンツタイプは一体いつから?」

生まれて間もなくはおとなしくオムツ替えにも応じていた赤ちゃんも、だんだん大きくなるにつれて手足の力も強くなり、ジタバタされるとママはオムツ替えするだけでも大仕事になってきますよね。それは我が子が健やかに成長している表れですが、毎日のこととなるとやはり大変だし、少しでも楽にしたい!と思うのが正直なところです。

そこで、赤ちゃんが少し大きくなってくると頭をよぎるのが「いつからパンツタイプのオムツを使ったらいいのかしら?」ということです。

「1才過ぎたら?」「つかまり立ちができたら?」など、ほとんどのママさんはそう考えているようですが、もちろん子供の成長には個人差がありますから、これは「目安」に過ぎません。

たとえ半年でも、最近運動量も活発で激しく動いてオムツ替えしにくいな…と感じたり、テープ式だとなんか心配だな、などと思ったら替え時かもしれませんね。

パンツタイプに替えたら、替えるのもちょっと楽になったみたい!

毎日何回も交換をするわけですから、少しでも簡単便利で時間も短縮出来たら、ママにとっては本当に大助かりですよね。

パンツタイプの利点は、何と言っても「立ったまま交換できる」という事です。テープ式では、わざわざ寝かせる、おしり周りを拭く、その間に新しいオムツを準備する…と何かと大変だったのが、パンツ式では脱がせる、汚れた部分を拭く、スポッとはかせるで完了!これは早いし簡単です!

忙しいママにとっては、オムツ作業の時間が減るだけでも嬉しいですよね。

また「寝ている時でも簡単に交換出来る」というのもパンツタイプのいい所。オムツ替えようと思っていたら、いつの間にか寝てしまっていた…ということ、良くありますよね。そんな時、パンツタイプならそーっと脱がせてはかせるだけなので、起こしてしまってぐずられて…ということも減るので、自分の時間の確保にもつながります。嬉しい効果、たくさんありそうですね!

便利なパンツタイプ。でも、ウンチの時は面倒なんじゃないの!?

これも初心者ママさんなら心配に思う事のひとつかも知れませんね。だけど安心してください!パンツタイプでウンチの時は、両脇をビリっと破ってテープ式と同じく対応できるようになっているんですよ。

ですから、寝転んだ状態にさせてオムツをビリッと破いて、今までどおりの処置をすれば完了です。はかせる時はパンツなので、両足を入れてしまえばスルっと上げるだけ、これは本当に嬉しいポイントですよね。

テープ式からパンツタイプのオムツに替えるタイミングは、「オムツの時暴れちゃって大変!」など、周りに流されないでママが「今だ!」と思った時でいいのです。少しでも子育ての負担を減らして、楽しい時間を確保できるといいですね。

 




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

男の子教育法
男の子に叱りすぎるスパルタ教育法はダメな子育ての代表例。プライドを傷つけないことが大事な男の子の育て方のコツ

「強くたくましく育って欲しい」と願うのは、男の子を育てているパパママには共通する …

中学生のニキビ治療
中学生の思春期ニキビ治療法&予防法。スキンケアで10代の肌荒れは防げます

早い子で小学校高学年になると、顔にニキビが出始めます。 中学生特有の思春期ニキビ …

自分の意見をハッキリ言える意思の強い子供を育てる方法とは?

日本には「奥ゆかしい」「以心伝心」など、古来より独自の文化を育んできました。 こ …

どうして「イヤイヤ期」「魔の二歳児」になってしまうの?どう接したら?

1才を過ぎて言葉を話すようになると、自分の周りにあるものに何でも興味を持ち、おも …

子供の「言葉遣い」気になりませんか?ママの言葉や話し方が子供のコミュニケーションに影響します!!

子供が使う「言葉」について考えたことがありますか?また、ご自身が使っている「言葉 …

朝ご飯に嬉しい食パンを使ったレシピ集

朝食に手軽な食パン。 でも、トーストしてはちみつ・バター・ジャム・・・いつも同じ …

読書
子供の言語理解力やコミュニケーション力も高める「素話」を始めましょう!

「本を読む子」は就学後の学習においてもスムーズに勉強出来るので、読まない子に比べ …

発達障がいで「自閉症スペクトラム」って言われたけど、どういうこと?

お子さんが年齢を重ねていて検診を受けたとき「自閉症スペクトラムかもしれませんね」 …

ハイハイせずに歩きだしちゃった!このままで大丈夫?

赤ちゃんを育てていくうえで、どうしても気になってしまうのが体の発達面です。 首が …

乳幼児の誤飲、気をつけて!もしもの時の応急処置を知りましょう

小さな赤ちゃんは好奇心旺盛で、何でも口の中へ入れて確かめたりしますよね。ですから …