みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

泣き止まない赤ちゃんの対処法。覚えておくとお出かけも安心!

   

illust19510〜1才の赤ちゃんは、まだ言葉も話せませんから、周りの人へ自分の意思表示をするために「泣く」という行為をしています。健やかな成長のためにはいっぱい泣いて欲しいところですが、お出かけ先でずーっと泣かれていては困惑する時もありますよね。そこで、赤ちゃんが泣き止まない時の対処法を考えてみましょう。

どうして赤ちゃんは泣くの?その効果とは?

まず、赤ちゃんの「泣き」について考えてみましょう。さまざまな成長に必要不可欠だということは知っていると思いますが、具体的にどんな効果があるのでしょうか。

1つ目は「運動」。生まれて間もない赤ちゃんは泣くことで全身運動しています。肺や腹筋、脳に至るまで、全身への運動も兼ねているのです。「泣く子は育つ」とはまさにこの事ですね。

2つ目は「意思の伝達、感情の発達」です。言葉を発する事ができない赤ちゃんにとって、泣くことは生命線とも言える「意思表示」です。大きな声で泣くことで周囲に自分の存在を知らせ、お腹がすいた、オムツが汚れたなどを伝えているのです。そうして、「泣く」ことでパパやママと意思疎通ができることを知り、「来てくれて嬉しい」などの感情が芽生えていくのです。

「なんで泣き止まないの…?」そんな時にチェックしたいこととは?

いつまでも泣き止まない状態が続くと、パパもママも不安に思うこともありますよね?そんな時「もしかしたら?」と思われる原因をチェックしてみましょう。

1・おっぱい、ミルクは欲しい 2・オムツが汚れている 3・体調が優れない(発熱など) 4・着衣の締め付け過ぎ、着せ過ぎで暑い 5・湿疹でかゆい、傷が出来て痛い 6・眠いのに眠れない 7・便秘で苦しい

大きく7つの原因と思われる項目を考えてみました。泣き止まない原因を調べて解決してあげれば、赤ちゃんはすんなり泣き止んでくれるものです。それでも泣き止まない場合で体調が優れない、などが疑われる場合は、速やかに病院で診察を受けましょう。

そうではなく、ただ機嫌が悪いのかな?と思う時は、こんな方法もありますよ!

泣き止まない赤ちゃんには、こんな「小技」を使ってみよう!

先ほど書いたような原因もなく、それでも泣く赤ちゃんに笑顔になってもらうために、ちょっとした「小技」を使ってみると、意外に効果的な場合があります。

1・気分を思いっきり変えるため外へ出る(「あ!ちょうちょさんだ!」など、目に入った気の引きそうなものを赤ちゃんに見せてあげよう) 2・胎内の環境と同じように整える(ママの心音が聞こえるように抱っこして、その上からタオルなどで周りの視界を遮ってみよう) 3・体を動かして体力を消耗させよう(高い高いなど。疲れている様子がある時は無理しないで)

泣いている赤ちゃんの気分を変える事は、パパママの気分転換にもなりますから、お互いに効果的だと思います。リフレッシュすることが出来れば、それまで泣いていた赤ちゃんの気分も落ち着くはずです。

こうした事を覚えておくと、お出かけした時安心ですよね!いざというとき、トライしてみてください!

 

 




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

絵本の読み聞かせ
子供に絵本を読み聞かせる時に大切なこと。心を育てる正しい絵本の使い方とは?

絵本が子供の脳や心の発達にとても良い影響を与えることはよく知られている話です。 …

ミキハウスの服
子供服の選び方。おすすめの二大ブランド『ファミリア』『ミキハウス』の違いとは?

子供服コーナーへ足を運ぶと色とりどりのかわいい服や大人顔負けのおしゃれな服など目 …

子供の爪噛み
子供の爪を噛む癖を止めさせたい!爪噛み習慣の原因と辞めさせる方法

たまに大人の人にも見かけますが「爪を噛む」というこの行為、あまり気持ちのいいもの …

子育てイライラ
子育て中のイライラの上手な解消法。育児の悩みを一人で抱えないことが大事

現在、どのような家庭環境で子育てをされていますか? ひと昔前は両親と子供に祖父母 …

中間反抗期といわれる「ギャングエイジ」の子供。どうしてイライラするの?

「ギャングエイジ」って聞いた事ありませんか? 小学生になると友達や仲間との結びつ …

子どもは親の行動をよく見ている!真似っこ上手な1、2歳児の特徴とは?

普段の何気ない行動でも、完全コピーをしてくる侮れない子どもの観察力。 挨拶だった …

母乳が出にくい…でも母乳育児をしたい!産後に食べると母乳に良い食事や過ごし方

赤ちゃんを授かって、おっぱいをあげて…と、お産をしたばかりでもママは大忙しです。 …

叱るとき・怒るとき・注意するとき、上手に使い分けて怒りんぼママから素敵ママに大変身!

育児中は、叱る・怒る・注意、この3つを無意識に使っていると思います。ですが、無意 …

赤ちゃんのデリケートなお肌を守りたい。どんな石鹸を使えばいいの?

赤ちゃんの肌はつるつる・すべすべで、ぷくぷくしていて真っ白で何といってもみずみず …

ぐずる子ども
朝の忙しい時に子供をぐずらせない方法。スムーズに幼稚園まで送り届けるコツとは?

子育てをされているご家庭にとって、朝の忙しさと言ったらありません! 共働き家庭な …