みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

「あれ買って〜!」はこれで解決!子供の心理を上手に利用しよう

   

illust3496幼児期になると自分の好きな物やお気に入りのキャラクターなどが出て来て、高価なゲームなども欲しがる時もあると思います。デパートではおもちゃ売り場に一目散で、「これ買ってくれなきゃヤダ〜!!」と大騒ぎ…何かいい方法はないのでしょうか?

「これが欲しい!」と言えるのは自己主張できる子だという事を、まずは理解してあげましょう

幼児期は、自分で考えて行動ができるようになる年齢でもあり、とても好奇心が旺盛な時期です。この頃に見たもの、経験したことはでれも新鮮に感じて、その中で「これ好きだな!」という感情も芽生えます。

それは子供の発達において必要な感情ですから、それを素直に「欲しい!」と自己主張できることを、まずは素直に喜んであげたいものです。

ですがそれが毎回毎回で、しかも大騒ぎされたのでは、やはり親としては困りますし大問題です。では、一体どうしたらいいのでしょうか?

「子供に考えさせる時間を作る方法」でその場から離れさせる

子供は、「欲しい!」と思うと自分の手に入るまで駄々をこねたりすることが多いと思いますが、なぜそうなってしまうかと言えば「冷静さを失っている」からです。

おもちゃ売り場で実物を見たり触れたりすることで、「どうしても欲しい、手に入れないと気が済まない」そんな気持ちが盛り上がってしまうのは想像できますよね?ですから、そこで「ちょっと考えてみない?」と、少し冷静になれるような質問を投げかけてみましょう。

「欲しいおもちゃを買ったら、どんな良い事があるの?」

まずは、「そのおもちゃを買ったら、どんな良い事があるだろうね」と、子供に問いかけてみましょう。例えばゲーム機だった場合、「ゲームが出来て楽しい」「同じゲームをしている子と盛り上がる」…など、その子なりの答えが見つかるでしょう。

そうして考えている時は「他にどんな事があるかな?」と頭を働かせていますから、少なからず駄々をこねている時よりは冷静なはずです。

そしていくつか答えを導きだせたら、「そうだね、それは楽しいかもね」と共感してあげたうえで、次の質問をしてみましょう。

「じゃあ、悪い事があるとしたらどんな事かな?」

「良い事」をたくさん聞いた後に次は「悪い事」はどんな事があるのかを一緒に考えます。これは、子供だけでは思いつかない可能性もあるので、親の意見を交えつつ考えるのがいいと思います。

そこで出てくる答えは、例えば「ゲームをしている時間が長いと友達と遊ぶ時間が少なくなる」「ゲームの値段が高い」「クリアしてしまったらすぐ飽きてしまう」などが考えられるのではないでしょうか。

そんな「悪い事」もあるんだと子供に気づかせ、「じゃあ、今日はお家へ帰ってもう少し考えてみようか?」と冷静になった状態の子供に提案するのです。すると子供も「もう少し後でもいいや」「誕生日までガマンする」などと考え、自分なりの答えを導き出せるかもしれませんよね。そのきっかけとして、「悪い事」を聞くことは、効果がある方法だと思います。

「あれ買って〜!」で困ったら、この方法を思い出してくださいね!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

赤ちゃんに健やかな「眠育」を!眠りやすい環境の作り方とは?

産まれたばかりの赤ちゃんは、眠って起きての繰り返しを一日中していますよね。それは …

毒親問題
一所懸命に子育てをする親ほど毒親になる危険性が高い。拡大化する「毒親問題」あなたは大丈夫ですか?

最近よく聞くようになった「毒親」という言葉ですが、ここには根深い闇が潜んでいるこ …

子供のやる気を引き出す
子供のやる気を引き出すのは「がんばれ!」ではなく「あなたにしか言えない褒め言葉」

子供が勉強や運動を一生懸命取り組む姿を見て「がんばれ!」と声をかけることは良くあ …

「奴隷おじさん」が書類送検された事件…こうした事件から子供を守るにはどうしたらいいのでしょうか?

最近のニュースで「奴隷おじさん」と呼ばれる50代の男性が女性に声をかけ、書類送検 …

ひらがな学習スタート年齢
子供に「ひらがな」を教えるのは何歳から?4歳からひらがな学習をする子が多い理由とは

小学校では本格的にお勉強が始まりますが、そのなかでも基本はやっぱり「ひらがな」で …

イヤイヤ期の子供と上手につき合う方法とは?子供の自己形成期に必ずある試練

1〜2歳頃になってくると、突然やってくる「イヤイヤモンスター」。 あれもイヤ、こ …

発達障がいで「自閉症スペクトラム」って言われたけど、どういうこと?

お子さんが年齢を重ねていて検診を受けたとき「自閉症スペクトラムかもしれませんね」 …

親の行動が子供の好奇心を奪ってしまうかも?「無意識過保護」に要注意!

自分でいろいろ出来るようになる2〜3才ごろは、親としては心配な時期でもあるし、成 …

「おはよう」でモチベーションアップできる?!知っておきたい挨拶のメリット

挨拶をすることは、生活の基本ですよね。保育園・幼稚園、学校生活においても挨拶をす …

子どもの関節に湿疹が…!素早く治すには皮膚科に行くことが大切!

ふと気付くと、子どもの関節のところに湿疹ができていること、ありませんか? うちの …