みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

「あれ買って〜!」はこれで解決!子供の心理を上手に利用しよう

   

illust3496幼児期になると自分の好きな物やお気に入りのキャラクターなどが出て来て、高価なゲームなども欲しがる時もあると思います。デパートではおもちゃ売り場に一目散で、「これ買ってくれなきゃヤダ〜!!」と大騒ぎ…何かいい方法はないのでしょうか?

「これが欲しい!」と言えるのは自己主張できる子だという事を、まずは理解してあげましょう

幼児期は、自分で考えて行動ができるようになる年齢でもあり、とても好奇心が旺盛な時期です。この頃に見たもの、経験したことはでれも新鮮に感じて、その中で「これ好きだな!」という感情も芽生えます。

それは子供の発達において必要な感情ですから、それを素直に「欲しい!」と自己主張できることを、まずは素直に喜んであげたいものです。

ですがそれが毎回毎回で、しかも大騒ぎされたのでは、やはり親としては困りますし大問題です。では、一体どうしたらいいのでしょうか?

「子供に考えさせる時間を作る方法」でその場から離れさせる

子供は、「欲しい!」と思うと自分の手に入るまで駄々をこねたりすることが多いと思いますが、なぜそうなってしまうかと言えば「冷静さを失っている」からです。

おもちゃ売り場で実物を見たり触れたりすることで、「どうしても欲しい、手に入れないと気が済まない」そんな気持ちが盛り上がってしまうのは想像できますよね?ですから、そこで「ちょっと考えてみない?」と、少し冷静になれるような質問を投げかけてみましょう。

「欲しいおもちゃを買ったら、どんな良い事があるの?」

まずは、「そのおもちゃを買ったら、どんな良い事があるだろうね」と、子供に問いかけてみましょう。例えばゲーム機だった場合、「ゲームが出来て楽しい」「同じゲームをしている子と盛り上がる」…など、その子なりの答えが見つかるでしょう。

そうして考えている時は「他にどんな事があるかな?」と頭を働かせていますから、少なからず駄々をこねている時よりは冷静なはずです。

そしていくつか答えを導きだせたら、「そうだね、それは楽しいかもね」と共感してあげたうえで、次の質問をしてみましょう。

「じゃあ、悪い事があるとしたらどんな事かな?」

「良い事」をたくさん聞いた後に次は「悪い事」はどんな事があるのかを一緒に考えます。これは、子供だけでは思いつかない可能性もあるので、親の意見を交えつつ考えるのがいいと思います。

そこで出てくる答えは、例えば「ゲームをしている時間が長いと友達と遊ぶ時間が少なくなる」「ゲームの値段が高い」「クリアしてしまったらすぐ飽きてしまう」などが考えられるのではないでしょうか。

そんな「悪い事」もあるんだと子供に気づかせ、「じゃあ、今日はお家へ帰ってもう少し考えてみようか?」と冷静になった状態の子供に提案するのです。すると子供も「もう少し後でもいいや」「誕生日までガマンする」などと考え、自分なりの答えを導き出せるかもしれませんよね。そのきっかけとして、「悪い事」を聞くことは、効果がある方法だと思います。

「あれ買って〜!」で困ったら、この方法を思い出してくださいね!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

意外に多い子供の便秘!!その原因と対処法は?

便意を催してトイレに座るけど、便が出てこない・・ お腹だけが痛くて、ウンチが出て …

4〜5才になったら「ひらがな」にチャレンジ!楽しく取り組むコツ3つ

小学校に行くと必ず勉強する「ひらがな」ですが、4、5才になると自分から「書いてみ …

義務化された小学校での英語授業。親御さんは子供の早期英語教育に賛成?反対?

「英語」が小学校教育で義務化されたことはご存知ですか? 今までのカリキュラムより …

夏休みだからこそ出費を押さえたい!ついやってしまう無駄遣いに注意!

長い長〜い夏休み!子供にとっては楽しいことがいっぱいなのでワクワクするのですが、 …

不規則な生活はこんな病気を引き起こす。確認したい子供の症状6点!!

小・中学校の実態に愕然とすること、保健室登校、不登校者が全体の1/3近くを占めて …

片頭痛で辛い…薬に頼らないで直す方法や対処法は?片頭痛に効く民間療法まとめ

子育てに家事にと忙しい毎日を過ごしていると、身体も疲労が蓄積されてしまってあちは …

子供を「スマホ依存」にさせたくない!幼児期から気をつけたいこと3つ

近年、スマートフォンの普及により子供を取り巻く環境は大きく様変わりをしています。 …

赤ちゃんの「イタズラ」は怒っちゃダメ!?脳が育っているって本当?

赤ちゃんがハイハイ出来るようになり、歩けるようになり…と、だんだん行動範囲も広が …

子供の将来は「しつけ」で決まる!育ちのいい環境はこう作る!

「あの人は育ちが良いわ」「品のない食べ方ね…」人間は、立ち振る舞いや行動を、常に …

幼児期に存分にさせてあげたい3つの「遊び」。好奇心と脳を刺激して語彙力を高めよう!

2歳ころになると言葉の数も少しずつ増えてきて、パパママとの意思の疎通もできるよう …