みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

「あれ買って〜!」はこれで解決!子供の心理を上手に利用しよう

   

illust3496幼児期になると自分の好きな物やお気に入りのキャラクターなどが出て来て、高価なゲームなども欲しがる時もあると思います。デパートではおもちゃ売り場に一目散で、「これ買ってくれなきゃヤダ〜!!」と大騒ぎ…何かいい方法はないのでしょうか?

「これが欲しい!」と言えるのは自己主張できる子だという事を、まずは理解してあげましょう

幼児期は、自分で考えて行動ができるようになる年齢でもあり、とても好奇心が旺盛な時期です。この頃に見たもの、経験したことはでれも新鮮に感じて、その中で「これ好きだな!」という感情も芽生えます。

それは子供の発達において必要な感情ですから、それを素直に「欲しい!」と自己主張できることを、まずは素直に喜んであげたいものです。

ですがそれが毎回毎回で、しかも大騒ぎされたのでは、やはり親としては困りますし大問題です。では、一体どうしたらいいのでしょうか?

「子供に考えさせる時間を作る方法」でその場から離れさせる

子供は、「欲しい!」と思うと自分の手に入るまで駄々をこねたりすることが多いと思いますが、なぜそうなってしまうかと言えば「冷静さを失っている」からです。

おもちゃ売り場で実物を見たり触れたりすることで、「どうしても欲しい、手に入れないと気が済まない」そんな気持ちが盛り上がってしまうのは想像できますよね?ですから、そこで「ちょっと考えてみない?」と、少し冷静になれるような質問を投げかけてみましょう。

「欲しいおもちゃを買ったら、どんな良い事があるの?」

まずは、「そのおもちゃを買ったら、どんな良い事があるだろうね」と、子供に問いかけてみましょう。例えばゲーム機だった場合、「ゲームが出来て楽しい」「同じゲームをしている子と盛り上がる」…など、その子なりの答えが見つかるでしょう。

そうして考えている時は「他にどんな事があるかな?」と頭を働かせていますから、少なからず駄々をこねている時よりは冷静なはずです。

そしていくつか答えを導きだせたら、「そうだね、それは楽しいかもね」と共感してあげたうえで、次の質問をしてみましょう。

「じゃあ、悪い事があるとしたらどんな事かな?」

「良い事」をたくさん聞いた後に次は「悪い事」はどんな事があるのかを一緒に考えます。これは、子供だけでは思いつかない可能性もあるので、親の意見を交えつつ考えるのがいいと思います。

そこで出てくる答えは、例えば「ゲームをしている時間が長いと友達と遊ぶ時間が少なくなる」「ゲームの値段が高い」「クリアしてしまったらすぐ飽きてしまう」などが考えられるのではないでしょうか。

そんな「悪い事」もあるんだと子供に気づかせ、「じゃあ、今日はお家へ帰ってもう少し考えてみようか?」と冷静になった状態の子供に提案するのです。すると子供も「もう少し後でもいいや」「誕生日までガマンする」などと考え、自分なりの答えを導き出せるかもしれませんよね。そのきっかけとして、「悪い事」を聞くことは、効果がある方法だと思います。

「あれ買って〜!」で困ったら、この方法を思い出してくださいね!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

義務化された小学校での英語授業。親御さんは子供の早期英語教育に賛成?反対?

「英語」が小学校教育で義務化されたことはご存知ですか? 今までのカリキュラムより …

子供の誕生日をお祝いすることが実は「育脳」にとても効果絶大だった!その効果とは?

我が子が生まれてきてくれた喜びは、子供がいくつになっても色褪せることはなく、子供 …

子育て中こそ念入りに!いつまでもキレイなお母さんでいよう!

小さい子どもを育てるお母さんは、毎日頭を振り乱しながら頑張っています。 そのため …

寝不足でつらい…短くても「良質な睡眠」でリフレッシュしましょう

子育てをしているママは、時間に負われて何かと大変ですよね。赤ちゃんの授乳期だと、 …

子供がお手伝いをしてくれない…楽しく習慣化する効果的な方法とは?

子供がだんだん大きくなってくると、家族の一員としてはもちろん、これから生活してい …

スイミングの習い事
子供にオススメの習い事ランキング(男の子編)体力増強をメインにするならスイミングが一番人気

幼稚園に通うようになると、周りのお友だちが習い事を始めたのを聞いたりすると「うち …

先輩ママの体験談<スイミング>幼少期の習い事のメリット・デメリット

人気の習い事ランキングで1位になることが多いスイミング。オリンピックなど世界で活 …

怒り過ぎたかな…子供が可哀想?「毒親」にならないための方法とは?

子供が何か悪い事をしたとき、親としてはしつけなければなりませんから、「怒る」こと …

赤ちゃんや子どもの鼻水!どうやって対処したら良い?

赤ちゃんや子どもが鼻水を出していると、呼吸が苦しそうで息ができなくなってしまうの …

「音育」って知っていますか?脳の発達を促す音育で子供の感性を引き出していきましょう

音楽を使った子供の学習の取り組みは、昔から行なわれてきました。赤ちゃんはママのお …