みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

家事ができない女子が急増中!?そんな娘にしない為に心掛けたいこととは?

   

illust3595共働き家庭、核家族、シングルマザー…家族を取り巻く環境は大きく様変わりをしていますが、その中でも女性の立場は社会進出の観点から急激に変化を遂げてきました。その影響もあるためか、大人でも家事の出来ない女性が増えています。ですが、娘を持つ親ならば、家事が一通りできる女性に育てたいものです。

「こんな女性とは結婚できない」と男性が思う理由とは…

あるアンケートで「こういう女性とは結婚できないと思う行動は?」という調査を行なった結果、「金銭感覚がずれている…62%」「家事をこなせない…15%」「依存度が強い…12%」など…でした。家事が出来ない女性に対する抵抗感を、今の男性が持っているのは意外な感じもしましたが、やはり、家の中のことをしっかり出来る女性が求められているんだということが伺えますよね。

婚期が遅くなっている事や、結婚そのものをしない女性などが増えていることを考えたとき、我が娘が将来大人になったときは大丈夫だろうか…?と心配になってしまいます。その不安を少しでも減らせるように、せめて家事くらいは出来る子になって欲しいですよね。では、今出来る事を考えてみましょう。

「ママ!やってみたい!」と思った時にやらせてあげることが大切なのです

女の子が物心がつく年齢になると、ママがキッチンで料理をする姿をじーっと見ていたり、おもちゃを使った「おままごと遊び」をする姿を良く見かけませんか?これは、ママのしている事に興味関心があって、「自分もママみたいにやってみたい!」という気持ちのあらわれなのです。

料理などでは包丁やはさみなど、幼児に持たせて使わせるには危険なものもありますから、子供がやりたがっていても「危ないからダメ」と一切やらせないママもいるかもしれません。

しかし、せっかく料理する事に興味を持ったのに「ダメ」と言われたらそこでやる気は消えてしまいます。持たせても大丈夫な年齢、例えば中学生になってから「はいどうぞ」と言われても、「今さら別に興味ないから」となってしまうでしょう。

初めての家事に失敗はつきもの!「いいよ、大丈夫」と見守ってあげましょう

ママのお手伝いはしたい気持ちはあるけれど、当然のことながらやり方が全く分からないために、お皿を洗うのも汚れが落ちていなかったり、洗濯物を畳むのもぐちゃぐちゃになってしまいます。それを見たママが「あ〜あ!そんなやり方じゃダメじゃない!」と言ってしまったら、娘さんはどう思うでしょうか?

「じゃあもうやらない」と、投げやりになってしまったり、またやってみようという気持ちも無くなってしまうのではないでしょうか?

初めてですから失敗はつきものです。たとえ下手でも「頑張ってるね!」の一言をかけてあげましょう。

忙しい毎日の中で、娘に家事を教えることは二度手間になってしまうこともあるので大変です。だけど将来大人になったとき、「あの時は見守ってくれてありがとう」と感謝される時が必ずやってきます。「やりたい時にやらせてあげる、見守ってあげる」ことで、家事の出来る素敵な女性に育てましょう!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

「イヤイヤ期」はこう乗り切る!子供の行動別対処法を考えよう

「魔の2歳児」とよく言いますが、あれもイヤ!これもヤダ!と自己主張の表れでありス …

直したい子供の「人見知り」。社会性を育む方法を考えてみましょう

2才を過ぎる頃になると、激しい人見知りをする子供が出てきます。お買い物へ出かけて …

子供の育てたい「個性」は生後3年間で決まる!赤ちゃんにはいっぱい触れましょう

今は時代もグローバル化が進み、どんどん世界へ進出していく人たちが増えています。こ …

エリート家庭ほど危ない!?子供が非行に走ってしまう原因を親が作っていませんか?

子供が親に暴力をふるうなどの事件が増えていて、その原因はさまざまですが、中には何 …

小さい子どもを連れて行く外食、どんなところが良い?

2歳以下の小さい子どもと一緒に外食をするとなると、様々なことが気になってしまって …

子供遊び
子供は遊びで脳を鍛えているって知ってましたか?めいっぱい遊んで脳をフル回転させてあげよう!

子供が静かに遊んでいると思って子供部屋を覗いてみると、おもちゃ箱がひっくり返った …

「良く噛んで食べなさい!」は子供の集中力をアップするのに最適だった!

昔からお母さんに「食べ物は良く噛んで食べなさい!」と言われてきましたよね。 実は …

朝の忙しさで子供にイライラしないコツ。子供と過ごす有意義な朝時間の作り方

子供が朝、なかなか起きてこない!起きても不機嫌・・・せっかく作った朝ごはんもきち …

どうしたらいい?子供の反抗期、小学校の子供の反抗期にはこう接していきましょう

「小さい頃はあんなに可愛かったのに…」小学校や中学校へ行く年齢になると、親との関 …

子供の自転車練習は何歳から?自転車デビューはタイミングが大事!

子供が補助輪を外した二輪自転車に乗れるようになるのは、早ければ幼稚園の年少から、 …