みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

家事ができない女子が急増中!?そんな娘にしない為に心掛けたいこととは?

   

illust3595共働き家庭、核家族、シングルマザー…家族を取り巻く環境は大きく様変わりをしていますが、その中でも女性の立場は社会進出の観点から急激に変化を遂げてきました。その影響もあるためか、大人でも家事の出来ない女性が増えています。ですが、娘を持つ親ならば、家事が一通りできる女性に育てたいものです。

「こんな女性とは結婚できない」と男性が思う理由とは…

あるアンケートで「こういう女性とは結婚できないと思う行動は?」という調査を行なった結果、「金銭感覚がずれている…62%」「家事をこなせない…15%」「依存度が強い…12%」など…でした。家事が出来ない女性に対する抵抗感を、今の男性が持っているのは意外な感じもしましたが、やはり、家の中のことをしっかり出来る女性が求められているんだということが伺えますよね。

婚期が遅くなっている事や、結婚そのものをしない女性などが増えていることを考えたとき、我が娘が将来大人になったときは大丈夫だろうか…?と心配になってしまいます。その不安を少しでも減らせるように、せめて家事くらいは出来る子になって欲しいですよね。では、今出来る事を考えてみましょう。

「ママ!やってみたい!」と思った時にやらせてあげることが大切なのです

女の子が物心がつく年齢になると、ママがキッチンで料理をする姿をじーっと見ていたり、おもちゃを使った「おままごと遊び」をする姿を良く見かけませんか?これは、ママのしている事に興味関心があって、「自分もママみたいにやってみたい!」という気持ちのあらわれなのです。

料理などでは包丁やはさみなど、幼児に持たせて使わせるには危険なものもありますから、子供がやりたがっていても「危ないからダメ」と一切やらせないママもいるかもしれません。

しかし、せっかく料理する事に興味を持ったのに「ダメ」と言われたらそこでやる気は消えてしまいます。持たせても大丈夫な年齢、例えば中学生になってから「はいどうぞ」と言われても、「今さら別に興味ないから」となってしまうでしょう。

初めての家事に失敗はつきもの!「いいよ、大丈夫」と見守ってあげましょう

ママのお手伝いはしたい気持ちはあるけれど、当然のことながらやり方が全く分からないために、お皿を洗うのも汚れが落ちていなかったり、洗濯物を畳むのもぐちゃぐちゃになってしまいます。それを見たママが「あ〜あ!そんなやり方じゃダメじゃない!」と言ってしまったら、娘さんはどう思うでしょうか?

「じゃあもうやらない」と、投げやりになってしまったり、またやってみようという気持ちも無くなってしまうのではないでしょうか?

初めてですから失敗はつきものです。たとえ下手でも「頑張ってるね!」の一言をかけてあげましょう。

忙しい毎日の中で、娘に家事を教えることは二度手間になってしまうこともあるので大変です。だけど将来大人になったとき、「あの時は見守ってくれてありがとう」と感謝される時が必ずやってきます。「やりたい時にやらせてあげる、見守ってあげる」ことで、家事の出来る素敵な女性に育てましょう!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供がお手伝いをしてくれない…楽しく習慣化する効果的な方法とは?

子供がだんだん大きくなってくると、家族の一員としてはもちろん、これから生活してい …

子供の言葉を「横取り」しているママは要注意!?「話下手な子」になってしまう可能性がある?

「うちの子、なんで話をするのが苦手なんだろう…」人前に出てモジモジしてしまったり …

楽しいはずの食事の時間が「しつけの時間」になっていませんか?意外とやってしまうことに気をつけよう

最近の子育て世代のママたちは共働きなどでとても忙しく、子供と一緒に食事の時間を取 …

駄々っ子な子どもに苦労していませんか?だだをこねるには理由があるんです!

スーパーで「買ってかってー!泣」と駄々をこねている子どもを一度は見たことあります …

困る子供の「遊び食べ」…上手に食べさせる工夫やマナーを教える方法は?

自分でご飯を食べられる年齢になってくると、「遊び食べ」をしてしまって食事が全然進 …

子供の話ちゃんと聞いてますか?後回しにしてしまうと、言う事を聞かない子供になってしまいます

少し前までは「食べたお皿片付けるの手伝ってね!」「は〜い!」と言う事を聞いてくれ …

「怒る」と「叱る」って何が違うの?「怒る」のが子供にいけない理由とは?

子育てをしていると「全くもう!何やってるの!」とつい「怒って」しまうことがありま …

子供の良さがだんだん見えてくる!?優しい効き目の「サプリ親」になりたい!

子供にとって「良い親でいたい」と思うのは当然のことです。それが度を超えてしまった …

幼児期に存分にさせてあげたい3つの「遊び」。好奇心と脳を刺激して語彙力を高めよう!

2歳ころになると言葉の数も少しずつ増えてきて、パパママとの意思の疎通もできるよう …

ハイハイせずに歩きだしちゃった!このままで大丈夫?

赤ちゃんを育てていくうえで、どうしても気になってしまうのが体の発達面です。 首が …