みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

「きちんとしている子ね!」と思われるのは礼儀の基本「あいさつ」出来る子

   

illust121「こんにちは!」と自分があいさつした時の相手の反応って、すごく気になりますよね。それが初対面だったりすると、その人の印象を決めてしまうくらい「あいさつ」は大切なものなのです。礼儀の基本の「あいさつ」がきちんと出来るように、わが子を育てていきたいものです。

「あいさつ」は、ある日突然出来るようになるものではありません

社会人になってもちゃんとあいさつも出来ない人はそれだけで印象が悪く、仕事をする上でもデメリットとなって悪い連鎖ばかりを作ってしまう事が多いのではないでしょうか?「あいさつ」は礼儀の基本ですから、これがしっかりと出来ないようでは、仕事も任せられるはずがない、と思われてしまうのも当然です。

しかし、子供の頃から「あいさつ」をする習慣が出来ていなければ、大人になって突然できるわけもなく、社会に出てあいさつをする機会が突然増えて戸惑ってしまうのですね。

幼稚園や学校では毎日「あいさつ」しているから、きっと大丈夫!?

幼稚園や学校へ通うようになると、先生、友達、バスの運転手さん…色んな人との関わりも増えていきますね。もちろん、園では朝の「おはよう」のあいさつに始まり、「いただきます」 「ごちそうさま」「さようなら」と、1日の中でたくさんのあいさつがあり、実践しているでしょう。だからといって、園以外でも「あいさつ」は出来るようになるのでしょうか?

これはやはり「バツ」でしょう。園や学校でのあいさつは「決まり事」のようなものですから、実際の生活の中でのあいさつとは少し意味合いが違っているのです。自然とあいさつが出来るようになるためには、家庭の中での生活習慣、パパママや兄弟たちとの会話がとても大切なのです。

普段から家の中で「おはよう」「いただきます」が飛び交っていますか?

いつもダラダラと起きて来て、出された朝ご飯を無言で食べる、ほとんど会話もないまま学校へ行く…例えばこんな生活をしていたとしたらどうでしょうか?子供はあいさつを覚える事が出来ませんよね。家の中で出来ていないあいさつが、外へ出て出来ないのも無理はありません。この場合、どうして出来ないのかと言えば、パパママが積極的に子供に「あいさつ」をしていないからです。

「あいさつ」は普段の生活の中で養われていくものですから、パパママが積極的に「おはよう!」「いってらっしゃい!」と言い続けると、「あいさつするのは当たり前」と、子供も自然とあいさつを返すようになり、気がつけば「あいさつをする礼儀」がいつの間にか身に付きます。

あいさつは、「朝起きたら『おはよう』って言うんだよ」というような教え事ではなく、生まれた時から繰り返されてきた習慣、積み重ねによるところが大きいですから、普段のパパママの心がけが重要なのです。

家族だけでなく、近所の人、先生、同じクラスの保護者など、普段から積極的にあいさつをする姿を子供にも見せて、素敵なお手本になってくださいね。

 




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供に薬を飲ませるのが大変なママ必見!子供に薬を飲ませるアイデア集

風邪をひいてしまったり、熱を出したり…とにかく小さい子供はよく病気にかかります。 …

「叩いちゃダメ!」は効果なし?友達に手が出てしまった時の対処法とは?

子供同士で遊んでいるとき、わが子がお友達を叩いてしまってビックリしてしまったこと …

イヤイヤ期の子供と上手につき合う方法とは?子供の自己形成期に必ずある試練

1〜2歳頃になってくると、突然やってくる「イヤイヤモンスター」。 あれもイヤ、こ …

飽きっぽい子ども
子供の才能を見つけるには飽きっぽい、三日坊主でもいいって本当?何でもチャレンジさせることの大切さとは

「三日坊主」と聞くと、あまり良いイメージではありませんよね? だけど「子供の才能 …

中学生のニキビ治療
中学生の思春期ニキビ治療法&予防法。スキンケアで10代の肌荒れは防げます

早い子で小学校高学年になると、顔にニキビが出始めます。 中学生特有の思春期ニキビ …

「怒る」と「叱る」って何が違うの?「怒る」のが子供にいけない理由とは?

子育てをしていると「全くもう!何やってるの!」とつい「怒って」しまうことがありま …

兄弟姉妹
親が兄弟姉妹みんなに平等に接することって大切なの?子供が複数いる家庭での子育て術

子供が2人以上いるお母さんにとって、兄弟姉妹全員に『平等』に接することは、はたし …

幼児期にさせたい習い事。月謝はどのくらい?知っておきたい、かかるお金のあれこれ

「何かこの子に習い事をさせてあげたいな…」幼い頃から子供に習い事をさせるパパママ …

子供の問題で迷った時は夫婦で決断する。妻に子育てを丸投げしない事が大切です

小学生や保育園、幼稚園などに通っている子供がいる家庭では、毎日、実に多くの仕事が …

赤ちゃんが離乳食を食べてくれない理由とは?はじめての離乳食ガイド

母乳やミルクが卒業に近づくと『離乳食』が待っています。早く1人で食べてほしい、大 …