みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

「きちんとしている子ね!」と思われるのは礼儀の基本「あいさつ」出来る子

   

illust121「こんにちは!」と自分があいさつした時の相手の反応って、すごく気になりますよね。それが初対面だったりすると、その人の印象を決めてしまうくらい「あいさつ」は大切なものなのです。礼儀の基本の「あいさつ」がきちんと出来るように、わが子を育てていきたいものです。

「あいさつ」は、ある日突然出来るようになるものではありません

社会人になってもちゃんとあいさつも出来ない人はそれだけで印象が悪く、仕事をする上でもデメリットとなって悪い連鎖ばかりを作ってしまう事が多いのではないでしょうか?「あいさつ」は礼儀の基本ですから、これがしっかりと出来ないようでは、仕事も任せられるはずがない、と思われてしまうのも当然です。

しかし、子供の頃から「あいさつ」をする習慣が出来ていなければ、大人になって突然できるわけもなく、社会に出てあいさつをする機会が突然増えて戸惑ってしまうのですね。

幼稚園や学校では毎日「あいさつ」しているから、きっと大丈夫!?

幼稚園や学校へ通うようになると、先生、友達、バスの運転手さん…色んな人との関わりも増えていきますね。もちろん、園では朝の「おはよう」のあいさつに始まり、「いただきます」 「ごちそうさま」「さようなら」と、1日の中でたくさんのあいさつがあり、実践しているでしょう。だからといって、園以外でも「あいさつ」は出来るようになるのでしょうか?

これはやはり「バツ」でしょう。園や学校でのあいさつは「決まり事」のようなものですから、実際の生活の中でのあいさつとは少し意味合いが違っているのです。自然とあいさつが出来るようになるためには、家庭の中での生活習慣、パパママや兄弟たちとの会話がとても大切なのです。

普段から家の中で「おはよう」「いただきます」が飛び交っていますか?

いつもダラダラと起きて来て、出された朝ご飯を無言で食べる、ほとんど会話もないまま学校へ行く…例えばこんな生活をしていたとしたらどうでしょうか?子供はあいさつを覚える事が出来ませんよね。家の中で出来ていないあいさつが、外へ出て出来ないのも無理はありません。この場合、どうして出来ないのかと言えば、パパママが積極的に子供に「あいさつ」をしていないからです。

「あいさつ」は普段の生活の中で養われていくものですから、パパママが積極的に「おはよう!」「いってらっしゃい!」と言い続けると、「あいさつするのは当たり前」と、子供も自然とあいさつを返すようになり、気がつけば「あいさつをする礼儀」がいつの間にか身に付きます。

あいさつは、「朝起きたら『おはよう』って言うんだよ」というような教え事ではなく、生まれた時から繰り返されてきた習慣、積み重ねによるところが大きいですから、普段のパパママの心がけが重要なのです。

家族だけでなく、近所の人、先生、同じクラスの保護者など、普段から積極的にあいさつをする姿を子供にも見せて、素敵なお手本になってくださいね。

 




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

幼児期に存分にさせてあげたい3つの「遊び」。好奇心と脳を刺激して語彙力を高めよう!

2歳ころになると言葉の数も少しずつ増えてきて、パパママとの意思の疎通もできるよう …

年収300万円でも貯蓄はできる!?ポジティブ思考でお金と前向きに付き合いましょう

「はあ…また今月も赤字だわ…」と毎月家計簿とにらめっこしているママさん!特に子育 …

「叩いちゃダメ!」は効果なし?友達に手が出てしまった時の対処法とは?

子供同士で遊んでいるとき、わが子がお友達を叩いてしまってビックリしてしまったこと …

嫌がる子供の「歯みがき」は毎日大変…ちょっとした工夫で楽しく磨こう!

子供の歯が生えてくると、虫歯にしないために毎日「歯みがき」をお子さんにしてあげて …

「うるさい!静かにしなさい!」つい怒鳴ってしまって自己嫌悪…冷静になるために「私は…」とつぶやこう!

スーパーでお買い物をしている時、「ママ〜これ買って〜!!!」と大騒ぎされてしまう …

泣き止まない赤ちゃんの対処法。覚えておくとお出かけも安心!

0〜1才の赤ちゃんは、まだ言葉も話せませんから、周りの人へ自分の意思表示をするた …

子供の問題で迷った時は夫婦で決断する。妻に子育てを丸投げしない事が大切です

小学生や保育園、幼稚園などに通っている子供がいる家庭では、毎日、実に多くの仕事が …

飲食店で市販のベビーフード、勝手に食べるのってアリ?

まだまだ産まれたばかりの頃は、大人の分だけご飯を用意すれば良いので外食も比較的大 …

脳科学に基づいた教育方法!「久保田式」の子育てで0才から脳の基礎を作っていきましょう

赤ちゃんを授かり、出産し、我が子に出会えた喜びは何にも変えられる事はできません。 …

赤ちゃんのデリケートなお肌を守りたい。どんな石鹸を使えばいいの?

赤ちゃんの肌はつるつる・すべすべで、ぷくぷくしていて真っ白で何といってもみずみず …