みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

出しっ放しのおもちゃはもう卒業!「片付け上手」な子どもに育てる方法とは?

   

illust1535「おもちゃ片付けなさい!」と口を酸っぱくして言い続けても、毎日毎日散らかり放題の子ども部屋にうんざり…。「一体どうすれば片付けの出来る子供になるの?」と頭を抱えているパパママも多いのではないでしょうか。子供の背中をポン!と押してあげると、みるみる片付け上手になっていきますよ!

「片付けないなら捨てちゃうからね!」…つい言っていませんか?

絵本を読んでいたと思ったら、今度はブロックを引っ張り出して来て、それを出しっ放しにしたまま粘土遊びが始まって…。いつの間にやら部屋の中はぐちゃぐちゃになってしまいます。

そのまま放ったらかしで友達の家に行こうとする子供に、「片付けないなら、おもちゃ全部捨てちゃうからね!」と言ってしまう事、ありませんか?

『捨てられたら大変だ!』と、その言葉を聞いた子供は大慌てで片付け始めるでしょう。だけど、もしそう言って子供が片付けをしなかったとしても、実際に捨ててしまうようなことはしませんよね?次第に子供も「本当は捨てないから大丈夫」と思うようになってしまいます。これでは、いくら片付けをするように言っても聞いてくれるはずありません。「捨てちゃうからね!」は、子供に片付けを身につけて欲しいと思うのなら逆効果なのです。

「早く片付けなさい!」…怒った口調で命令していませんか?

「全く!何度言ったら分かるの!?使ったおもちゃは片付けなさいって言ってるでしょ!」散らかり放題の部屋を見ると、怒りたくなる気持ちも分かります。その時のママの素直な気持ちを、ストレートに子供に伝えているだけに過ぎないのですよね。

しかし子供は『怒られた』という感情を持つと同時に、『ママが怒るから、仕方ないから片付けよう』と自分の意思ではなく、しぶしぶ片付けをさせられている状態になってしまうのですね。

これが続いてしまうと、「片付けなさい!」と言われたタイミングでしか動けない、指示待ち人間になってしまうかもしれません。

「片付けするといっぱい良い事があるね!」をたくさん教えてあげましょう

「捨てるよ!」と脅されたり命令されたりしたのでは、子供はどちらもイヤイヤ片付けることになり、いつまでたっても自発的に片付けをするようにはなりません。本来、片付けをするとたくさんの良い事がありますよね。それを子供に教えてあげませんか?

「お部屋がキレイになって気持ちいい!さあ!おやつを食べよう!」

「片付けすると、次遊ぶときすぐ探せるね!」

「出しっ放しでおもちゃ踏んだら壊れちゃうけど、しまってあげたから大丈夫だね!おもちゃも喜んでるよ!」

いかがですか?こうして片付けをするメリットを並べてみると、子供も「そうなんだ!」と気づいて自分から片付けたくなると思いませんか?実際、キレイになったお部屋、きちんとしまったおもちゃを再確認すると「本当だね!片付けて良かったね!」と、子供自身が片付ける意味を改めて感じてくれるかもしれませんね!

 




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

発達障がいで「自閉症スペクトラム」って言われたけど、どういうこと?

お子さんが年齢を重ねていて検診を受けたとき「自閉症スペクトラムかもしれませんね」 …

男の子
人の話を聞かない子供はどう注意すれば直るの?男の子が学校のことを話さない理由

小さなころは「ただいま!あのね、先生がね…」と毎日話してくれたのに、大きくなるに …

運動神経のいい子供を育てる方法!遺伝ではなく育て方で運動神経は伸びます

子供は体を動かすのが大好きです。公園へ行くとかけっこする姿に、「私に似ちゃうとか …

小さい子どもを連れて行く外食、どんなところが良い?

2歳以下の小さい子どもと一緒に外食をするとなると、様々なことが気になってしまって …

暑い夏にご用心!子供の大敵「あせも」を防ぐ方法3つ

じめじめした梅雨が終わるとやってくる暑〜い夏!レジャーも楽しくてわくわくしますが …

子どもは親の行動をよく見ている!真似っこ上手な1、2歳児の特徴とは?

普段の何気ない行動でも、完全コピーをしてくる侮れない子どもの観察力。 挨拶だった …

「良く噛んで食べなさい!」は子供の集中力をアップするのに最適だった!

昔からお母さんに「食べ物は良く噛んで食べなさい!」と言われてきましたよね。 実は …

子供の体臭が気になることはありませんか? 気をつけて!!病気である可能性も・・

汗をかく季節になると「体臭」が気になりますね。体臭は大人だけのことだと思っていま …

ダメな所ばかり見ていませんか?夏休みだから子供の「得意」をグングン伸ばそう!

もう夏休みも後半戦が近づいてくると、自由研究や宿題も気になる所ですが、親としては …

集中力のない子供。勉強も習い事も毎日の「ちょっとずつ」で集中力を高めましょう

家で遊んでいる子供の様子を見ていると、やはり好きな事をしている時は「集中している …