みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供の良さがだんだん見えてくる!?優しい効き目の「サプリ親」になりたい!

   

illust328子供にとって「良い親でいたい」と思うのは当然のことです。それが度を超えてしまったり、子供の気持ちを無視した子育てになってしまうと、近年問題になっている「毒親」となってしまうのです。しかし、その反対に「サプリ親」というのを聞いた事はありますか?

気づかないうちになっているかも?「毒親」の要素は誰しも持っているものです

子供にも恵まれた幸せな家庭を築きたい…夢と希望に満ちあふれていた新婚時代。家庭を持つことに憧れて、子供を出産して、夢が叶った!!

…でも、描いていた理想と現実のギャップの大きさに驚いたり、落ち込んだり「子育てがこんなに大変なものだとは思わなかった…」と正直思うことだってあるのではないでしょうか?むしろ、あって当然だと思います。

しかし、理想を追い求めるあまり「なんでこんな事も出来ないの!」と、子供の成長を素直に喜べなかったり、「○○ちゃんと比べるとダメね!」など、気づかないうちに子供を傷つけているような発言をしていませんか?

自分の行動や言動を見直してみて「もしかして…」と思い当たることがあるなら、少し立ち止まって冷静になりましょう。

「毒親」はダメだけど、「万能薬な親」である必要はありません

だけど、子供のためを思えば「どんな事でもしてあげたい、させてあげたい」と思いますよね。まるで子供にとっての「万能薬」のような役割を果たしたいと考える、それもまた「親」なのです。

ですが、親が子供の全てのことに「良く効く薬」である必要があるでしょうか?

友達とケンカして落ち込んだとき…親が出しゃばって子供の代弁をする、テストで良い点数が取れなかったとき…良い家庭教師をつけるなど、子供を取り巻く環境には、「どうしよう、困ったな」の連続です。その全てから「嫌なこと」を親が代わって引き受けていたら、子供自身が考える力や、自主性、周りの人とのコミュニケーション能力が無くなってしまうでしょう。

「あれ?効果がだんだん出て来た?」サプリメントのような存在の「サプリ親」になりませんか?

「毒親」だからといって「万能薬の親」も、子供にあまりいい影響を与えないことはお分かりいただけたと思います。では、一体どうすればいいのでしょうか?

それは、だんだん効果の表れる「サプリ親」が良い!ということです。

例えば「何で出来ないの!」と怒るとストレート過ぎて子供にダメージを与えるかもしれません。それを、サプリのように子供にじわじわ伝える為に「どうすれば出来るかな?」と「遠回しな言い方」に切り替えてみるのです。

「また散らかして!」→「遊んだおもちゃ、どうしようか?」

「残さず食べなさい!」→「野菜さん、食べてもらいたがってるよ?」

いかがですか?遠回しに言い換えてみると、なんだかじわじわ効いている気がしませんか?サプリ方式で言われた方が、子供自身も考えるきっかけになったり、「じゃあ食べてみようかな」と、行動に移しやすくなるのです。

効果が出て来たら「ラッキー!」な「サプリ親」。是非お試しくださいね!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供の仕上げ磨きは何歳まで?小学生になれば大丈夫?

生後5~6カ月くらいになると、赤ちゃんには可愛い乳歯が生え始めますね。ママは毎日 …

七五三って、数え年がいいの?それとも満年齢がいいの?

夏が過ぎれば、本格的に七五三シーズンに入りますね。 多くの写真館が、早い段階で七 …

育児日記を続けるコツ
乳幼児期に育児日記を書くことのメリット&育児日記を続けるコツ

みなさんは「育児日記」を付けていますか?出産のお祝いとして、産院から頂くこともあ …

子供の人格形成
子供の健全な人格を作る幸せホルモン「オキシトシン」って凄い!スキンシップで生まれる幸せホルモンと心理的効果

赤ちゃんから幼児期にかけて、その子の「人格」が形成されていくわけですが、その鍵を …

子供の朝食はなぜ必要?成長期の子供に必要な栄養はどんなもの?

幼児から中学生までの子供の、90%以上は朝食を食べているという調査結果が出ていま …

テープ式からパンツ式へ替えるのっていつ?オムツ替えもっと楽にしよう!

あなたは紙オムツを使っていますか?生後まもなくの赤ちゃんのほとんどは「テープ式」 …

イライラ解消
子供の成長を「実況中継する」とイライラを減らすことができる!親の怒り癖をおさえる方法

幼稚園や小学校へ通うようになると、朝の身支度や持ち物確認、さっさとやって欲しいの …

「買って買って!」はチャンスかも!?お金の教育をするにはどうしたらいいの?

赤ちゃんの頃から不自由なく周りの人がお世話をしてくれ、自分の足で立って歩けるよう …

どうしたらいい?子供の反抗期、小学校の子供の反抗期にはこう接していきましょう

「小さい頃はあんなに可愛かったのに…」小学校や中学校へ行く年齢になると、親との関 …

楽しいはずの食事の時間が「しつけの時間」になっていませんか?意外とやってしまうことに気をつけよう

最近の子育て世代のママたちは共働きなどでとても忙しく、子供と一緒に食事の時間を取 …