みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供の良さがだんだん見えてくる!?優しい効き目の「サプリ親」になりたい!

   

illust328子供にとって「良い親でいたい」と思うのは当然のことです。それが度を超えてしまったり、子供の気持ちを無視した子育てになってしまうと、近年問題になっている「毒親」となってしまうのです。しかし、その反対に「サプリ親」というのを聞いた事はありますか?

気づかないうちになっているかも?「毒親」の要素は誰しも持っているものです

子供にも恵まれた幸せな家庭を築きたい…夢と希望に満ちあふれていた新婚時代。家庭を持つことに憧れて、子供を出産して、夢が叶った!!

…でも、描いていた理想と現実のギャップの大きさに驚いたり、落ち込んだり「子育てがこんなに大変なものだとは思わなかった…」と正直思うことだってあるのではないでしょうか?むしろ、あって当然だと思います。

しかし、理想を追い求めるあまり「なんでこんな事も出来ないの!」と、子供の成長を素直に喜べなかったり、「○○ちゃんと比べるとダメね!」など、気づかないうちに子供を傷つけているような発言をしていませんか?

自分の行動や言動を見直してみて「もしかして…」と思い当たることがあるなら、少し立ち止まって冷静になりましょう。

「毒親」はダメだけど、「万能薬な親」である必要はありません

だけど、子供のためを思えば「どんな事でもしてあげたい、させてあげたい」と思いますよね。まるで子供にとっての「万能薬」のような役割を果たしたいと考える、それもまた「親」なのです。

ですが、親が子供の全てのことに「良く効く薬」である必要があるでしょうか?

友達とケンカして落ち込んだとき…親が出しゃばって子供の代弁をする、テストで良い点数が取れなかったとき…良い家庭教師をつけるなど、子供を取り巻く環境には、「どうしよう、困ったな」の連続です。その全てから「嫌なこと」を親が代わって引き受けていたら、子供自身が考える力や、自主性、周りの人とのコミュニケーション能力が無くなってしまうでしょう。

「あれ?効果がだんだん出て来た?」サプリメントのような存在の「サプリ親」になりませんか?

「毒親」だからといって「万能薬の親」も、子供にあまりいい影響を与えないことはお分かりいただけたと思います。では、一体どうすればいいのでしょうか?

それは、だんだん効果の表れる「サプリ親」が良い!ということです。

例えば「何で出来ないの!」と怒るとストレート過ぎて子供にダメージを与えるかもしれません。それを、サプリのように子供にじわじわ伝える為に「どうすれば出来るかな?」と「遠回しな言い方」に切り替えてみるのです。

「また散らかして!」→「遊んだおもちゃ、どうしようか?」

「残さず食べなさい!」→「野菜さん、食べてもらいたがってるよ?」

いかがですか?遠回しに言い換えてみると、なんだかじわじわ効いている気がしませんか?サプリ方式で言われた方が、子供自身も考えるきっかけになったり、「じゃあ食べてみようかな」と、行動に移しやすくなるのです。

効果が出て来たら「ラッキー!」な「サプリ親」。是非お試しくださいね!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

幼少期の「なぜなぜ期」を大切にしてあげると勉強好きな子になる!

小学校へ入学すると義務教育が始まり、得意、不得意に関わらず一通りの勉強をすること …

嘘
反省のない子供の「嘘」はママの心の問題が大きく関係している

「嘘つきは泥棒の始まりだよ!」子供が何か「嘘」をついてしまったとき、親として悲し …

子連れで電車はマナーが心配。どこまで大丈夫??

子連れでお出かけはたくさんしたいですよね。でも電車に乗るときにちょっとドキドキハ …

困る子供の「遊び食べ」…上手に食べさせる工夫やマナーを教える方法は?

自分でご飯を食べられる年齢になってくると、「遊び食べ」をしてしまって食事が全然進 …

親の育て方で子供は「天才」になれる!?才能はこうして伸びる!

子供は疑問に思うとすぐに「ねえママ、なんで空は青いの?」と、パパやママに質問をし …

整理整頓や片付けで子供に考える力をつける!「収育」教育法とは?

「収育」という言葉を聞いた事はありますか? 今までの「整理整頓」とはちょっと違っ …

子どもの関節に湿疹が…!素早く治すには皮膚科に行くことが大切!

ふと気付くと、子どもの関節のところに湿疹ができていること、ありませんか? うちの …

子供の育てたい「個性」は生後3年間で決まる!赤ちゃんにはいっぱい触れましょう

今は時代もグローバル化が進み、どんどん世界へ進出していく人たちが増えています。こ …

赤ちゃんの「イタズラ」は怒っちゃダメ!?脳が育っているって本当?

赤ちゃんがハイハイ出来るようになり、歩けるようになり…と、だんだん行動範囲も広が …

夏風邪
子供の夏風邪トリオ予防方法。夏風邪の症状など詳細まとめ

『夏風邪トリオ』 夏になり、以前こんなママ同士の会話がありました。 「うちの子、 …