みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

英語を話せる子供に育てる為の教育法!英語教育は恥ずかしがり屋にならない事が大切です

   

illust1874英語が世界共通言語であるのはみなさん知っていると思いますが、日本の子供たちは、先進国でありながら「英語」に関してはなかなか進歩がないと思いませんか?それは、もしかすると日本人であるがゆえの「奥ゆかしさ」「謙虚さ」が邪魔をしているからかもしれません。

「間違えたら恥ずかしい…」消極的な姿勢が、英語を学ぶには妨げになってしまうことがあります

個性を主張する欧米の文化に比べると、日本は「おとなしい、謙遜、遠慮をする」などが「美徳」とされていますよね。こうした日本独自の美しい文化は大切に守っていきたいところですが、これから世界に羽ばたいていく子供たちが「英語」を学びたいと願うときには、少し妨害になってしまうかもしれません。

こうした謙虚さは「間違えたらどうしよう…」という気持ちにさせてしまい、思い切ってネイティブな発音をすることに、勇気さえ必要とするでしょう。さらに日本人は「完璧主義」な一面を持つ人がとても多く、自分が納得するまで英語は使わないなど、「英語を習得する事」がとても大変なことに思えてしまうのです。

欧米では「恥ずかしくて答えられない」ことの方が大問題なのです

個性重視で自己主張がはっきりしている欧米の教育現場では、幼い頃から、自分の考えを言葉で相手に伝えられるような教育が行なわれているといいます。自分の大切にしている物を家から持ってきてみんなの前で披露し、どうして好きなのか、みんなに自慢するポイントなどを「プレゼン」するのです。

その時、堂々と説明出来る子供は賞賛されますが、モジモジしているような子供は問題視されてしまうのです。日本では考えられないようなことですよね。

しかし、英語を話せない子供が海外に渡り生活したとき、引っ込み思案では、いつになっても英語を覚えませんが、「間違ったっていい!」と恥ずかしがらずにみんなの輪の中に入っていける子供は、あっという間に英語を習得してしまうでしょう。

「自分を表現できる力」って世界へ飛び出すには必要不可欠なことなのです

世界でも通用するような子供に育ってくれたらいいな…そう思ったとき、やはり「英語を学ばせたい」とお考えになるパパママもいらっしゃることでしょう。お子さんは、どんなタイプの性格をしていますか?

もしも、お子さんが引っ込み思案で恥ずかしがり屋さんだとしたら、少し意識改革する必要があるかもしれませんね。

「間違っても全然大丈夫だからね!」パパやママが後ろから背中を少しだけ押してあげたり、恥ずかしい気持ちを脱出して先生やお友達と英語で話す事が出来た時など、「すご〜い!英語でお話できたね〜!」と大げさなくらい喜んであげましょう。

そんなパパママのオーバーアクションを見ているうちに、お子さんもだんだんと楽しい気持ちが大きくなり、もっと前に出てみよう!と、自分の殻を破っていけるようになれば、英語の習得もきっと早いのではないでしょうか。

日本人としての美徳も大切にしながら、グローバルな力を持つ子供に育てていけたら素敵ですね!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

ハイハイせずに歩きだしちゃった!このままで大丈夫?

赤ちゃんを育てていくうえで、どうしても気になってしまうのが体の発達面です。 首が …

絵本の読み聞かせは、いつ頃から本格的に始めたらいいの?

子どもへの絵本の読み聞かせについて、具体的にいつ頃から始めたら良いのかイマイチわ …

毎日起こる「兄弟ゲンカ」その対処法教えます

お友だちとは仲良く遊べるのに、なんで兄弟だと家でケンカばかりして…そんなご家庭も …

小1プロブレム
小学校に行きたくない!「小1プロブレム」を家庭で解決する方法

幼稚園や保育園の卒園を迎えると、いよいよ小学校へ入学です。ワクワクどきどきしてい …

授乳中の頭痛…薬って飲んでも大丈夫なの?

授乳中だけれど、お母さんも人間ですから体調不良くらいにはなりますよね。 特に多い …

実の母から昔の育児論を押し付けられる!うまくかわすための3つの秘策

  なかなか良い関係を築くのが難しい義理のお母さんならば、育児に対して …

子どもは親の行動をよく見ている!真似っこ上手な1、2歳児の特徴とは?

普段の何気ない行動でも、完全コピーをしてくる侮れない子どもの観察力。 挨拶だった …

先生に意見をいう
保護者から担任の先生への苦情・意見の伝え方。角が立たないように主張する方法とは?

ここ数年で「モンスターペアレント」という言葉が定着し、その存在は学校の先生や周り …

親の行動が子供の好奇心を奪ってしまうかも?「無意識過保護」に要注意!

自分でいろいろ出来るようになる2〜3才ごろは、親としては心配な時期でもあるし、成 …

子育て中こそ念入りに!いつまでもキレイなお母さんでいよう!

小さい子どもを育てるお母さんは、毎日頭を振り乱しながら頑張っています。 そのため …