みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供の将来は「しつけ」で決まる!育ちのいい環境はこう作る!

   

illust3497「あの人は育ちが良いわ」「品のない食べ方ね…」人間は、立ち振る舞いや行動を、常に他人から見られています。『育ちが良い・悪い』は経済的に裕福かどうかに視点が行ってしまいがちですが、決してそんなことはありません。育ちの良い子は、普段の生活の中で育てていくことが出来るのです。

無意識のうちに行動していることが子供の「育ち」を表しています

ご飯を食べる、友達を会話をする、通勤通学…こうしたことは毎日意識しないで繰り返されていますよね。普段の何気ない会話でも言葉遣いが悪かったり、食事のマナー、箸の持ち方がおかしいなどは、小さい頃からの環境がどうだったのかを表してしまいます。

日常生活の中でのマナーは、周りの大人から教えてもらわない限り、身に付くものではありません。これはお金持ちかどうかは全く関係なく、日頃からきちんとしつけられて来たかどうかで決まってくるものです。

特に気をつけたい「食事のマナー、箸の使い方」

日本人に生まれてきたのですから、箸をきちんと持つことを子供に正しく教えてあげたいものですね。最近では、幼稚園や保育園の先生に任せてしまうパパママも多くいますが、子供の将来の事を考えれば、やはりお家の中でパパママがきちんと教えてあげるべきです。

箸を使って食器を手前に寄せる「寄せ箸」、箸についた物を舐める「なぶり箸」など、どれも見ていて気持ちのいいものではありません。

また、ぴちゃぴちゃ音を立てて食べる、肘をついたまま、口の中に物が入ったまま喋るなどもマナー違反なので、小さい頃から教えて正していきたいですね。

電車の中、友人の家での行動なども、子供の「育ち」を見られています

家から一歩外へ出れば、周りの人からは常に視線が注がれていますよね。自分では誰にも見られていないつもりでゴミをポイ捨てしてしまったのを、後になってから「捨ててたでしょ」と言われて驚いた経験、きっとあるのではないでしょうか?電車の中や友人の家でも、その行動は見られているのです。

電車の中でお菓子を食べてボロボロこぼす、それを拾いもしないで平気な顔で降りて行く…とても嫌な気分にさせられてしまいます。

友達の家へ泊まりに行ったとき、挨拶をしなかったり、夜中まで平気で騒いだり、洋服を脱ぎっぱなしに放置したまま…普段の様子が、そのままその子の「育ち」として見て取れますよね。

「見た目」はお金で買えますが「中身」は長年の経験からにじみ出てくるものです

綺麗に着飾ってお化粧をして、育ちの良いお嬢様のように仕立て上げることは、お金をかければいくらでも「変身」できるでしょう。

しかし、その人の立ち振る舞いというものは、小さな頃から養われてきた経験や、学びや、しつけられてきた日常生活から自然とにじみ出てくるものです。親の言葉使いが綺麗なら、子供も自然とそうした言葉が身に付くでしょうし、食事、電車の中…全てが「親」を見て育つのです。

子供の育ちは、親の普段の生活で決まると言っても過言ではありません。子供の将来のために、ステキな見本手本となりたいですね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

小学生の子供にキッズ携帯を持たせるメリット・デメリット・注意点まとめ

子供が小学生になると、学校への行き帰りや習い事の都合などでキッズ携帯を持たせよう …

幼稚園児のお弁当。可愛く美味しそうに見せる簡単なコツを伝授します!

保育園は基本的に給食ですが、幼稚園はまだまだお弁当を持って行くという園は多いはず …

脳科学に基づいた教育方法!「久保田式」の子育てで0才から脳の基礎を作っていきましょう

赤ちゃんを授かり、出産し、我が子に出会えた喜びは何にも変えられる事はできません。 …

整理整頓や片付けで子供に考える力をつける!「収育」教育法とは?

「収育」という言葉を聞いた事はありますか? 今までの「整理整頓」とはちょっと違っ …

「赤ちゃん言葉」は子供の言語発達に効果的!子育ての時は赤ちゃん言葉を使おう

「赤ちゃんに話しかけるときは、大人の使う言葉の方が良いのでは?」という考えを聞い …

子供のお手伝いにお駄賃は必要?お金の管理能力はお小遣い制がおすすめ!

「お駄賃」の意味をご存じでしょうか。昔は頼まれ事などで足と時間、労力を使って動い …

子育て中こそ念入りに!いつまでもキレイなお母さんでいよう!

小さい子どもを育てるお母さんは、毎日頭を振り乱しながら頑張っています。 そのため …

夏休みに子供が宿題に追われないために親が家庭で出来ること。子供に宿題のやる気を出させるコツとは?

子供にとっては楽しみな夏休み。親にとっては・・・。 毎日朝から「宿題は!」「早く …

イヤイヤ期のお母さん必見!約束がある日の準備、どうしていますか?

「早くして!時間がないんだから!」 こんなセリフは、イヤイヤ期の2歳児を相手にし …

子供が歯みがきを嫌がらないように低月齢の頃から歯磨きトレーニングしよう!

1歳半から2歳くらいで、だんだんと歯が生え揃ってきて、それと同時に虫歯になりやす …