みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

怒り過ぎたかな…子供が可哀想?「毒親」にならないための方法とは?

   

illust2545子供が何か悪い事をしたとき、親としてはしつけなければなりませんから、「怒る」ことは当然あると思います。でも、後で冷静に考えてみたとき「あんなに大声で怒鳴る必要があったかしら…」と、反省してしまうこと、ありませんか?もしかしたら私って毒親?そうならないための方法を考えてみましょう。

「子供を育てること」は学校では教えてくれません。「子育ての先生は自分の親」なのです

国語や算数は学校で教わってきましたが、「子育て」はどうでしょうか?改めて学校で教わる事はありませんよね。そうすると、育児に関する書籍を読んだりして、自分自身で学んでいかなければなりません。

中でも一番の先生になるのが「自分の親」ではないでしょうか?

恵まれた環境で育った人ならいいのですが、叩かれたり、罵声を浴びせられたりして育った人は、「子育てとはそういうものだ」というのが体に染み付いてしまっている場合が多いのです。

子供を叩いたりすることは、もちろん良くないことだと理解していても、カッとなったときに手が出てしまったり、怒鳴ったりしてしまうのは、自分の幼い頃の経験が反映している場合もあるのです。

「毒親連鎖」は断ち切ることができます!

もし不幸な事に、自分が幼いころに親からそうした悲しい経験をしてきて体に染み付いてしまっていたとしても、わが子にはそんな思いはさせたくありませんよね…。

無意識のうちに子供を叩いてしまっていたなら、普段からの自分の考えを変えてあげればいいのです。奥底にある「悪い思考」を、少しずつ取り除いていけば、「負の連鎖」は、断ち切ることができるのです。

「子供は自分の所有物」ではありません!

お腹の中に10ヶ月もいるわけですから、自分の体の一部と錯覚しても仕方ありません。ですが、生まれて来たわが子は、パパとママの遺伝子を半分ずつ貰った人間であり、一個人なのです。

「大きくなったら家業を継がせる」など、自分の願望を子供に押しつけるようなことは、子供を自分の所有物だと勘違いしている証拠です。子供の将来は、子供自身の気持ちが最優先にあることを忘れないようにしましょう。

「どうせ私は悪い親だから…」それはあなたが悪いわけじゃない!

子供に対してきつく叱ってしまったりすると「やっぱり私は悪い親…」と自分を責めていませんか?それは、あなたが悪いのではなく、あなたの親が作ってしまった思考です。

だから、自分を責める必要はないのです!あなたは何も悪くないのです。

「ま、落ち込む事もあるけどしょうがないか!」と、ありのままの自分を受け入れてあげれば、気持ちもすーっと楽になれます。そんなふうに考えることができれば、悪い思考もここで断ち切ることができるでしょう。

「毒親」は知らないうちに受け継がれていることもあり、とても危険です。「自分も子供も幸せになれる!」方法はいくらでもありますから諦めないで!自分を追いつめないことが、悪い連鎖を断ち切る近道です。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

おしっこはできるのにウンチがトイレでできない子供の対処法

オムツトレーニングを開始しておしっこはトイレでできるようになったのに、どうしても …

子供の育てたい「個性」は生後3年間で決まる!赤ちゃんにはいっぱい触れましょう

今は時代もグローバル化が進み、どんどん世界へ進出していく人たちが増えています。こ …

アルバム整理術
子供の写真・アルバムの整理術に役立つアイディアをご紹介。

子供が生まれた瞬間から、写真を撮る機会がとても増えます! 一瞬一瞬の表情を残した …

子供の論理的思考能力を伸ばす方法は子供同士の喧嘩にあり!喧嘩の終わらせ方は問題解決の基本

「ケンカ」をすることは良くないことだと、子供たちは教わってきました。 最近では幼 …

子供の視力とスマホ
子供がパソコンやスマホゲームに夢中。子供の視力は大丈夫?

時代の流れに伴って、最新機器はどの家庭においても気軽に使える便利なアイテムとして …

子供に薬を飲ませるのが大変なママ必見!子供に薬を飲ませるアイデア集

風邪をひいてしまったり、熱を出したり…とにかく小さい子供はよく病気にかかります。 …

ママ友から人望を集める素敵なママになりたい!ママ友グループで好かれるタイプの女性とは?

幼稚園や保育園へ通うようになると、やっぱり気になるのは「ママ友」の存在です。 「 …

子育て中こそ念入りに!いつまでもキレイなお母さんでいよう!

小さい子どもを育てるお母さんは、毎日頭を振り乱しながら頑張っています。 そのため …

子育て期はお金がかかる…ちょっとの見直しで「子育て浪費」をグンと減らす方法とは?

赤ちゃんから幼児期になるまでの子供の成長は著しく、すぐに大きくなってしまうので洋 …

赤ちゃんの「乳幼児揺さぶられ症候群」が増えている!?その「あやし方」…気をつけて!

産まれて間もない赤ちゃんは、言葉を発する代わりに「泣く」という行動で周りの人に自 …