みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

怒り過ぎたかな…子供が可哀想?「毒親」にならないための方法とは?

   

illust2545子供が何か悪い事をしたとき、親としてはしつけなければなりませんから、「怒る」ことは当然あると思います。でも、後で冷静に考えてみたとき「あんなに大声で怒鳴る必要があったかしら…」と、反省してしまうこと、ありませんか?もしかしたら私って毒親?そうならないための方法を考えてみましょう。

「子供を育てること」は学校では教えてくれません。「子育ての先生は自分の親」なのです

国語や算数は学校で教わってきましたが、「子育て」はどうでしょうか?改めて学校で教わる事はありませんよね。そうすると、育児に関する書籍を読んだりして、自分自身で学んでいかなければなりません。

中でも一番の先生になるのが「自分の親」ではないでしょうか?

恵まれた環境で育った人ならいいのですが、叩かれたり、罵声を浴びせられたりして育った人は、「子育てとはそういうものだ」というのが体に染み付いてしまっている場合が多いのです。

子供を叩いたりすることは、もちろん良くないことだと理解していても、カッとなったときに手が出てしまったり、怒鳴ったりしてしまうのは、自分の幼い頃の経験が反映している場合もあるのです。

「毒親連鎖」は断ち切ることができます!

もし不幸な事に、自分が幼いころに親からそうした悲しい経験をしてきて体に染み付いてしまっていたとしても、わが子にはそんな思いはさせたくありませんよね…。

無意識のうちに子供を叩いてしまっていたなら、普段からの自分の考えを変えてあげればいいのです。奥底にある「悪い思考」を、少しずつ取り除いていけば、「負の連鎖」は、断ち切ることができるのです。

「子供は自分の所有物」ではありません!

お腹の中に10ヶ月もいるわけですから、自分の体の一部と錯覚しても仕方ありません。ですが、生まれて来たわが子は、パパとママの遺伝子を半分ずつ貰った人間であり、一個人なのです。

「大きくなったら家業を継がせる」など、自分の願望を子供に押しつけるようなことは、子供を自分の所有物だと勘違いしている証拠です。子供の将来は、子供自身の気持ちが最優先にあることを忘れないようにしましょう。

「どうせ私は悪い親だから…」それはあなたが悪いわけじゃない!

子供に対してきつく叱ってしまったりすると「やっぱり私は悪い親…」と自分を責めていませんか?それは、あなたが悪いのではなく、あなたの親が作ってしまった思考です。

だから、自分を責める必要はないのです!あなたは何も悪くないのです。

「ま、落ち込む事もあるけどしょうがないか!」と、ありのままの自分を受け入れてあげれば、気持ちもすーっと楽になれます。そんなふうに考えることができれば、悪い思考もここで断ち切ることができるでしょう。

「毒親」は知らないうちに受け継がれていることもあり、とても危険です。「自分も子供も幸せになれる!」方法はいくらでもありますから諦めないで!自分を追いつめないことが、悪い連鎖を断ち切る近道です。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

小さい子どもを連れて行く外食、どんなところが良い?

2歳以下の小さい子どもと一緒に外食をするとなると、様々なことが気になってしまって …

気をつけて!「熱中症」は炎天下だけじゃない!室内でも起こるので注意しよう!

夏がやってくるとプールや海など楽しい遊びも盛りだくさんでワクワクしますが、小さい …

子育ての悩みはママ友と共有し合おう!無理して完璧な子育てをする必要はない

子育てをしていると、その時々でいろいろな悩みに遭遇します。赤ちゃんの頃は母乳や夜 …

ひらがな学習スタート年齢
子供に「ひらがな」を教えるのは何歳から?4歳からひらがな学習をする子が多い理由とは

小学校では本格的にお勉強が始まりますが、そのなかでも基本はやっぱり「ひらがな」で …

オムツが外れるまではダメ?赤ちゃんと温泉に入れる時期について

赤ちゃんのお世話をしていると、たまにはほっと一息つけるようなたいけんをしたくなり …

知らないうちに「ダメな子」に育てていた?見直したい親の行動5つ

「わが子がいい子に育ちますように…」そう願うのは親であれば誰しも思うことでしょう …

子供のおやつオススメ
子供にオススメのおやつ会社は?森永製菓、明治製菓、江崎グリコ三社を比較してみた

 『おやつ』と聞くと思わず、にっこり。大人も大好き、子供はもっと好きですよね。 …

0才の赤ちゃんでもお片づけ出来るの!?無理なく「片付け上手」な子供に育てましょう

愛おしい我が子の笑顔は、パパママにとってなによりの宝物ですよね。おもちゃで遊ぶ姿 …

寝不足でつらい…短くても「良質な睡眠」でリフレッシュしましょう

子育てをしているママは、時間に負われて何かと大変ですよね。赤ちゃんの授乳期だと、 …

手抜きでOK!おねだり上手ママでパパにも家事参加してもらおう!

共働きをする子育て世代ファミリーはとても増えていますから、家事をママひとりで抱え …