みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

怒り過ぎたかな…子供が可哀想?「毒親」にならないための方法とは?

   

illust2545子供が何か悪い事をしたとき、親としてはしつけなければなりませんから、「怒る」ことは当然あると思います。でも、後で冷静に考えてみたとき「あんなに大声で怒鳴る必要があったかしら…」と、反省してしまうこと、ありませんか?もしかしたら私って毒親?そうならないための方法を考えてみましょう。

「子供を育てること」は学校では教えてくれません。「子育ての先生は自分の親」なのです

国語や算数は学校で教わってきましたが、「子育て」はどうでしょうか?改めて学校で教わる事はありませんよね。そうすると、育児に関する書籍を読んだりして、自分自身で学んでいかなければなりません。

中でも一番の先生になるのが「自分の親」ではないでしょうか?

恵まれた環境で育った人ならいいのですが、叩かれたり、罵声を浴びせられたりして育った人は、「子育てとはそういうものだ」というのが体に染み付いてしまっている場合が多いのです。

子供を叩いたりすることは、もちろん良くないことだと理解していても、カッとなったときに手が出てしまったり、怒鳴ったりしてしまうのは、自分の幼い頃の経験が反映している場合もあるのです。

「毒親連鎖」は断ち切ることができます!

もし不幸な事に、自分が幼いころに親からそうした悲しい経験をしてきて体に染み付いてしまっていたとしても、わが子にはそんな思いはさせたくありませんよね…。

無意識のうちに子供を叩いてしまっていたなら、普段からの自分の考えを変えてあげればいいのです。奥底にある「悪い思考」を、少しずつ取り除いていけば、「負の連鎖」は、断ち切ることができるのです。

「子供は自分の所有物」ではありません!

お腹の中に10ヶ月もいるわけですから、自分の体の一部と錯覚しても仕方ありません。ですが、生まれて来たわが子は、パパとママの遺伝子を半分ずつ貰った人間であり、一個人なのです。

「大きくなったら家業を継がせる」など、自分の願望を子供に押しつけるようなことは、子供を自分の所有物だと勘違いしている証拠です。子供の将来は、子供自身の気持ちが最優先にあることを忘れないようにしましょう。

「どうせ私は悪い親だから…」それはあなたが悪いわけじゃない!

子供に対してきつく叱ってしまったりすると「やっぱり私は悪い親…」と自分を責めていませんか?それは、あなたが悪いのではなく、あなたの親が作ってしまった思考です。

だから、自分を責める必要はないのです!あなたは何も悪くないのです。

「ま、落ち込む事もあるけどしょうがないか!」と、ありのままの自分を受け入れてあげれば、気持ちもすーっと楽になれます。そんなふうに考えることができれば、悪い思考もここで断ち切ることができるでしょう。

「毒親」は知らないうちに受け継がれていることもあり、とても危険です。「自分も子供も幸せになれる!」方法はいくらでもありますから諦めないで!自分を追いつめないことが、悪い連鎖を断ち切る近道です。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

早くしなさい
子供が指示待ち人間になってしまう「早くしなさい」という親の口癖

朝の登園準備をしているのに、テレビを見たまま動かない子供… 「何してるの!早くし …

我が子を大学まで進学させたい…無理なく貯金するのはいつがベスト?

お子さんが産まれると、その子の将来を考えたり夢を見たり…親御さんの期待は膨らむで …

服飾品、レジャー、家族旅行…やりたい事はきりがない!浪費体質から脱出する方法とは?

「私って浪費家主婦かしら…」毎月の家計簿を見て赤字が多かったりすると、お金のやり …

卒乳のやり方とベストな時期は?授乳を卒業するまでの道のりを大公開!

母乳育児をしているお母さんにとっては、卒乳の時期というのはとても悩ましいところだ …

脳科学に基づいた教育方法!「久保田式」の子育てで0才から脳の基礎を作っていきましょう

赤ちゃんを授かり、出産し、我が子に出会えた喜びは何にも変えられる事はできません。 …

子供を入れるなら幼稚園と保育園どっちがおすすめ?預ける施設の違いと選び方

幼いお子さんを持つパパママにとっては、家族以外の人の所へ預ける場所となる、幼稚園 …

親に気を使う子供
親に気を使う「いい子」は問題児になる可能性がある?自分の意見を言えない子供の危険性とは

お利口さんでお行儀のいい子っていますよね。 もちろん、ご両親の育て方が素晴しいか …

幼少期の「なぜなぜ期」を大切にしてあげると勉強好きな子になる!

小学校へ入学すると義務教育が始まり、得意、不得意に関わらず一通りの勉強をすること …

子供の洗濯物
子供の洋服はぐちゃぐちゃにせず綺麗に整理しよう。子供の洋服整理術

子供は幼稚園くらいになると、自分の好みが出てくるために、その日に着る服も自分で選 …

「音育」って知っていますか?脳の発達を促す音育で子供の感性を引き出していきましょう

音楽を使った子供の学習の取り組みは、昔から行なわれてきました。赤ちゃんはママのお …