みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

お出かけには何を持って行く?子育てママに便利な持ち物を見てみよう!

   

illust794夏休みも真っただ中で、お子さんと一緒にお出かけする機会も多いのではないでしょうか。何かと荷物が増えてしまうのがママにとっては悩みの種ですよね。そこで、「これはあると便利!」なものを厳選してみました。

ベビーちゃんとのお出かけに、あると便利なものとは?

やっぱりベビーはオムツ関連はもちろん、ミルクや哺乳瓶などだけでも荷物がいっぱいになってしまいますよね。そうした必要最低限の荷物はもちろんですが、さらにあると便利だなと思うのが「外食セット」です。

離乳食が始まるころになると、外食も出来るようになるので麺カッターや専用スプーンなどがあると、自分食べができるので便利です。スタイも何枚か余分に用意しておくと、汚してしまっても慌てません。

お気に入りのおもちゃやおしゃぶりなど、つい忘れてしまうこともあります。出かけた先でぐずってしまうと赤ちゃんの機嫌を直すのは大変ですから、お出かけの際には再度確認しておくことをおすすめします。

トイレトレーニングが始まった!その頃に持ってお出かけしたいグッズは?

2才を過ぎる頃になると、ベビーの頃に比べ荷物は減るかと思われがちですが、トイレトレーニングを始めるようになると今度は「着替え」の用意がかさみます。お出かけ先で「トイレ〜」と言う子供にてんてこまいしてしまうママもとても多いと思いますが、この時期はおしっこのコントロールがまだうまく出来ないので失敗してしまうことも珍しくありませんよね。

そんな中、折りたたみ式の子供用便座や下着と洋服が一体になっているトレーニングパンツなど、トイレトレーニング中のお子さんに嬉しい「トイレグッズ」が、今はたくさんあるのです。

お出かけ用に、これらのトイレグッズを用意しておくと、洋服を汚す回数も減って、お子さんもイヤな思いをすることが無くなり、お出かけ先でのトイレもスムーズに進んでいくでしょう。

やんちゃ盛りになったわが子とのお出かけ。わがまま放題を上手にコントロールするものとは?

だんだん大きくなってくると、今度はわがまま盛りに突入していき、「魔の2歳児」「イヤイヤ期」など、なかなかコントロールするのが難しい時期になっていきます。この頃の子供はどこでも「や〜だ〜!」と大騒ぎするので、お出かけ先でも困ったり大変なことも多く、パパもママも頭を悩ませているのではないでしょうか?

そこで持っていきたいのは「特別感のあるおもちゃ」です。普段のお気に入りのおもちゃはもちろん持っていくと思うのですが、そのお気に入りでもダメな時があると、大声で泣きじゃくったりして対応も困ってしまうでしょう。

そんな時、子供があまり見た事のないような「特別なおもちゃ」があると、気持ちを切り替えるのにとても有効です。お出かけ用に新しいおもちゃを用意しておくと、いざというとき安心できます。

子供とたくさんお出かけをして、たくさん楽しい思い出を作ってあげたいですよね!パパママの「困った」を少しでも多く減らせるヒントになればと思います。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

父親の家庭での役割は子供に仕事について語ること。子供に働く大人の背中を見せよう

近年では、父親が子育てに参加することが当たり前になってきましたが、それでも男性の …

気をつけて!「熱中症」は炎天下だけじゃない!室内でも起こるので注意しよう!

夏がやってくるとプールや海など楽しい遊びも盛りだくさんでワクワクしますが、小さい …

ストレス社会、子供にとっても同じこと!!子供たちの”SOSサイン”に気づいていますか?

現代社会=ストレス社会と言われています。 ストレスがたまると潰瘍・過食・アトピー …

ママ友を作りたい!仲良くなれる言葉がけとは?

様々なトラブルなどから、どちらかというとマイナスなイメージが先行しているママ友付 …

赤ちゃんの「乳幼児揺さぶられ症候群」が増えている!?その「あやし方」…気をつけて!

産まれて間もない赤ちゃんは、言葉を発する代わりに「泣く」という行動で周りの人に自 …

先輩ママの体験談<ピアノ>幼少期の習い事のメリット・デメリット。

成長が著しい幼少期にどんな習い事をさせるか悩む親御さんも多い中、常に人気の習い事 …

なかなかやめられない…母乳はいつまであげてもいいの?

だいたいのお母さんが、1歳半健診の時点で母乳を与えていると、保健師さんから「そろ …

毎日のお掃除大変でもうイヤ!「段階的目標設定」で楽々キレイを手に入れよう!

洗濯、食事、お掃除…家事を毎日こなすことは、ママにとっては本当に重労働ですし、時 …

子供の心に大きな傷を作ってしまう間違った叱り方とは?支配と教育の違いを認識しよう

子供が悪いことをしてしまった時、「叱る」ことはとても大切なことです。 しかし、最 …

失敗した時こそ褒めるべきだった!困難にもめげない子供に育てるには?

昨今の若者が社会に出たとき問題になるのは、上司に起こられたからという理由ですぐに …