みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供に「自分を知る」機会を与えていますか?親の押しつけは子供の希望を奪ってしまう!?

   

illust1367幼児期のお子さんを持つパパママにとって、わが子がどんな大人になるのか心配、あるいは、こんな大人になって欲しいという願いを持っていると思います。そうした気持ちが大きすぎてしまうと、「子供の為に…」とあれもこれもやってあげたいと思いますよね。でも、それが続くようでは子供自身が「自分を知る」機会を奪ってしまっているかもしれませんよ。

「あ〜じれったい!」子供が出来るのを待っていられないのは、子供の「できた!」を奪っています

赤ちゃんに頃から全てのお世話をしてきたパパママにとっては、わが子が1才〜2才ころに成長して自分で出来ることが増えてきたことに、大きな喜びを感じていることでしょう。

しかし、洋服の着替えなど、まだまだひとりでは不完全なことも多いので「あ〜見てられない!」と思わず途中で手伝ってしまうこと、ありませんか?子供に任せていたのでは時間もかかり過ぎるし、じれったくなってしまう気持ちは良く分かります。でも、子供は出来ないことをできるようにするために頑張っているのですから、ここはじっと見守ってあげることが大切なのです。

親が手伝ってしまうと、子供の「できた!」を奪ってしまうだけでなく、何でも親を頼るようになり、いつまでたっても自立心が育たなくなってしまうでしょう。

今の自分が「ここまでは出来るんだ!」と子供自身が知ることが出来ると、さらに出来る事を増やそうと、チャレンジする気持ちにつながっていくのですね。

「こっちの方がいいんじゃないの?」子供の希望も聞かずに考えを押し付けるのは止めましょう

小学校に上がると国語や算数など、お勉強が始まりますよね。パパママが気になるのは、やっぱりお子さんの成績ではないでしょうか?

国語の点数はいいけど算数はまるでダメ…そうすると親としては「計算頑張んなきゃ!」「どうして分からないの?」などと出来ない科目にばかり目がいってしまい、子供の希望も聞かないで「算数」にばかり力を入れようとすると思います。

でも、当然のことながら、人間にはそれぞれ得意・不得意がありますから、多くの教科を学んでいく中で「自分はこれが得意だ!」と見つけるために小学校からの学びがあるのではないでしょうか。

出来ないことばかりを責めていたのでは、出来ることをさらに伸ばしてあげるチャンスを失ってしまうかもしれません。まずは「良く出来たね!」と褒めてあげてください。出来ない事は「出来るようになるまで待つ」ことも必要なのだと覚えておきましょう。

「自分自身を知る」ことは時間が必要なのです

学校の勉強だけに限らず、自分の好き、嫌い、得意、不得意を知ることは、多くの時間がかかる事です。時に子供自身、何が好きなのか迷う事もあるでしょう。そんな時は「こんな方法もあるみたいだよ!」と、押しつけではない提案をしてあげると、子供もそれをヒントに新しい何かを見つけるきっかけになるかもしれません。

子供自身が素晴らしい希望を見つけられるように、じっくり待つ姿勢で見守ってあげてくださいね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

ダラダラ叱るのは逆効果!?「一発」で子供に届く叱り方に切り替えよう!

子供を叱るのは、今後、同じ間違いをしないようにして欲しい…という親の気持ちを子供 …

夏休み明けが心配!?子供のSOS、見逃さないで!

最近のニュースで「子供の自殺が一番多いのは、夏休み明けの9月1日です」と騒がれて …

子供がお手伝いをしてくれない…楽しく習慣化する効果的な方法とは?

子供がだんだん大きくなってくると、家族の一員としてはもちろん、これから生活してい …

ママ友トラブルを避ける方法!ママ友と適度な距離を保つための秘訣とは?

ママ友とのトラブル、ドラマの題材になってしまうほど、身近なものになってしまってい …

ママも子供も幸せになれる方法は「下から目線」の子育て

寝返りができて、お座りが出来るようになって、歩けるようになって…どんどん成長して …

「怒る」と「叱る」って何が違うの?「怒る」のが子供にいけない理由とは?

子育てをしていると「全くもう!何やってるの!」とつい「怒って」しまうことがありま …

「音育」って知っていますか?脳の発達を促す音育で子供の感性を引き出していきましょう

音楽を使った子供の学習の取り組みは、昔から行なわれてきました。赤ちゃんはママのお …

思春期になっても「パパが大好き」な子供を育てるためには?

「パパ嫌い」「パパはいなくてもいい」という子供たちの声をよく耳にします。時には、 …

「うるさい!静かにしなさい!」つい怒鳴ってしまって自己嫌悪…冷静になるために「私は…」とつぶやこう!

スーパーでお買い物をしている時、「ママ〜これ買って〜!!!」と大騒ぎされてしまう …

子供服を安く手に入れる方法。フリーマーケットやリサイクルショップを使う時のコツは?

子供の服ってサイズアウトが本当に早い!今の季節にしか着れない服は、買っても着るの …