みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

赤ちゃんへの公共の場での授乳は反対が6割!授乳スペースを活用しよう

      2015/07/27

授乳ケープおすすめ
愛おしそうに赤ちゃんを抱っこするお母さん。街で見かけるたびに、その幸せなオーラにとても微笑ましく思いますよね。

だけどお出かけする時問題になるのが「授乳」のこと。公共の場でも授乳しているお母さんはたくさんいますが、あなたはどう思いますか?

意外にも6割以上の女性は「公共の場の授乳」はNO!

これはあるアンケート結果に基づくものですが、意外にも、同じ同性の意見として、公共の場での授乳は60%以上の割合で「反対」でした。

やはり一番多い意見としては「目のやり場に困ってしまう」ということですね。確かに、電車の中でいきなりお母さんが洋服をめくりだして胸を赤ちゃんにあげるとなると、周りの人たちは困惑してしまいますよね。
同性ならまだしも、男性がそれを目にした場合、とても気まずいと思うのです。そのお母さんは「見られても仕方ない」という覚悟なのかもしれませんが、不特定多数の人がいる公共の場では、「授乳はしないほうがいい」ということのようです。

あちらこちらで見かける「授乳スペース」を活用して

最近では、大型ショッピングモールや駅、カフェなどの店舗でも、「授乳スペース」を設けるところが増えたように思います。赤ちゃんとお出かけする時には、事前にこうしたスペースがどこにあるのかをチェックしておくのもいいですね。遊びに行く時も、あらかじめ、そうした施設の近くを選んだりすれば、周りの人の目を気にする事なく、赤ちゃんにいつでも授乳をさせてあげられます。

「泣いてるんだから仕方ないでしょ!」と横柄な態度でいきなり目の前で授乳されては、やはりあまり気持ちのいいものではないような気がします。産まれたばかりの赤ちゃんを、毎日毎日お世話するのはとても大変だとは思うのですが、それでも「お母さん」としてのモラルをちゃんと持ち合わせて欲しいのです。

これは便利!お出かけでも安心してあげられる「授乳ケープ」

ママグッズとしては、もう定番になっている「授乳ケープ」

これがあれば、周りに授乳スペースがなかったとしても安心ですよね。赤ちゃんをまるごと覆ってあげられるので、お母さんの胸を誰かに見られる心配も当然ありません。なにより、赤ちゃん自身がケープで包まれている安心感のなかで授乳できる、というメリットもあります。
しかも、何パターンもの使い道が出来るものもあり、ストール、カーディガン、ボレロなどとしても使えるんだとか。お出かけの時には持っていると、重宝する便利グッズだと思います。

大切なのは、お母さん自身の赤ちゃんへの思いやり

公共の場での授乳について「本当にどうしようもない場合は仕方ないと思う」という意見も、もちろんあります。
そこで周りの人が見ているのは、「お母さんの態度」なのです。「ご迷惑おかけします」という気持ちで授乳をすることを心掛ければ、周りの人の方から「大丈夫?」などと手を差し伸べてくれるものです。

マナーを守ることは、自分と赤ちゃんを守る事。
赤ちゃんを思いやれば、自然と謙虚になれるはずです。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

携帯ゲームに夢中になる子供に対して親はどんなしつけをするべき?ゲームと子育てと親の関係

小学生のみならず、幼稚園児やそれ以下の子供達が、外でゲームをする姿が日常的に見ら …

運動会シーズン到来!つい言ってしまう「頑張れ!」は子供には逆効果かもしれません

10月になると運動会を行なう幼稚園や小学校もたくさんあり、パパもママもおじいちゃ …

「怒る」と「叱る」って何が違うの?「怒る」のが子供にいけない理由とは?

子育てをしていると「全くもう!何やってるの!」とつい「怒って」しまうことがありま …

子供の食べ物の「好き嫌い」を克服するには?

お子さんが成長して大きくなるにつれて、食べ物の好き嫌いは、パパママにとっても悩み …

「きちんとしている子ね!」と思われるのは礼儀の基本「あいさつ」出来る子

「こんにちは!」と自分があいさつした時の相手の反応って、すごく気になりますよね。 …

二人目の子どもが欲しい!3歳差ってどんな特徴があるの?

子どもがある程度大きくなってくると、そろそろ次の子どもが欲しいなと感じます。 で …

パパママ呼び方
子供をお手伝い上手にさせる心得。子供のやる気を伸ばすことが大切!

子供は毎日、何かしらのお手伝いをしていますか?子供が「お手伝いをしたい!」と言っ …

自分の子供と遊んで欲しくない悪い友達との付き合い方、どうしたらいいの?

子供の友達が家に遊びに来たとき、「あれ?この子ちょっと乱暴かな?」「あいさつもし …

「食育」は家族の笑顔がいちばん大切。ママに任せず家族も協力しよう。

2005年に食育基本法が成立されました。今では一般的に使われる「食育」という言葉 …

子供の味覚
子供の舌・味覚は7歳までに作られる。大切にしたい乳幼児期の食生活

子供の離乳食はすべてを手作りで頑張っている! と自信を持って言えるママは、どのく …