みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

失敗した時こそ褒めるべきだった!困難にもめげない子供に育てるには?

   

illust1341昨今の若者が社会に出たとき問題になるのは、上司に起こられたからという理由ですぐに会社を辞めてしまったりなど、ちょっとした困難にも立ち向かえない「弱い精神」の若者が多いということではないでしょうか。では、どうしたら困難にも負けない子供を育てることが出来るのでしょうか?

子供がチャレンジしようとしているのに「ダメ」と言っていませんか?

幼児期の子供は好奇心がとても旺盛ですよね。見るもの全てが興味の対象なので、「あれもやりたい!これもやりたい!」と何でもチャレンジしようとします。しかし、「これは危ないからダメ!」「そんなこと出来るはずないでしょう」と、子供がチャレンジする前から、親がストップをかけてしまっていないでしょうか?

子供は、何度も失敗を繰り返しながら「これは危ないんだな」「こうすればもっと上手に出来るかも」など、体験を通して覚えることがほとんどです。こうした体験が多ければ多いほど、「失敗しても次は頑張ろう!」と意欲を持って取り組むことが出来るようになるのですね。

何でも「ダメ」とストップをかけてしまうと、失敗を恐れてチャレンジ出来ない子供になってしまうかもしれません。

失敗をしてしまった子供に対して「なんで出来ないの?」と責めていませんか?

学校のテストなど、思ったような点数が取れなかったときに「なんで出来ないの?」とすぐに子供を責めるような言葉をかけてしまっていませんか?いい点数が取れなくて、悔しい思いをしているのは他ならぬ子供自身です。そこへ「頑張りが足らなかったんじゃないの?」など失敗を責めるような言葉をかけられたら、子供は落ち込むばかりです。

「失敗したら怒られる」と子供は萎縮してしまい、テストの結果を隠すようになったり、いい結果だけ報告するなど、自分の悪い部分を見せないような行動をとってしまうでしょう。

「どうせ無理に決まってる!」親が勝手に子供の限界を決めていませんか?

子供がすぐに諦めてしまったり、根気がなかった姿を見ている親は、次に子供が何かを始めようとしているときに「どうせあなたには無理よ!」と勝手に子供の限界を決めてしまっていないでしょうか?

それまでにダメだったことも、次は成功するかもしれません。持続力がなかった子供が好きなものに出会えたとき、もの凄いパワーを発揮して、親の想像以上の力を見せてくれることだってあるのです。

しかし「どうせ無理」と親に言われ続けると「僕ってダメな子なんだ…」と思い込み、チャレンジする前から諦めてしまう子供になってしまうでしょう。困難に当たってしまったときにも避けたり、逃げたりするようになり、「弱い精神」を持ったまま大人になってしまうかもしれません。

「失敗は成功のもと」というように、さまざまな失敗をしながら子供は成功への道を探しています。失敗したときこそ「頑張ったよね!次はきっと大丈夫!」と褒めてあげましょう。その励ましが、子供のやる気を育んでいきますよ。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供が喜ぶホットプレートを使った簡単アイデアレシピ

毎日の食事に、どれくらいの頻度でホットプレートを活用していますか? 大きな調理器 …

フィンランドの教育
フィンランドに学ぶ北欧流子育て「長所を伸ばすのびのび教育」を見習いましょう

フィンランドでは子供の学力がとても高いということをご存知ですか? 先進国の中では …

子供に洗濯干しのお手伝いを頼む6つのメリット

子供にとって、お手伝いに大切なポイントは「考えて出来ること」「やり遂げたという達 …

子供の防犯
子供の防犯に死角は無い?見晴らしがよい道路でも危険な理由とは?

最近小学校では住んでいる地域の「ハザードマップ」などが作られて、子供の防犯の意識 …

子供に算数力を簡単に教える方法。日常生活で実践してみましょう!

子供の頃から将来にかけて、生活していく上で一生必要になってくる「算数力」。 文字 …

旭山動物園
夏休みは北海道旅行がオススメ!家族で楽しめる人気スポット6選

夏休みは風がからっとした北海道へ、遊びに出かけませんか? 北海道で美味しい物を食 …

子供の朝食はなぜ必要?成長期の子供に必要な栄養はどんなもの?

幼児から中学生までの子供の、90%以上は朝食を食べているという調査結果が出ていま …

スイミングの習い事
子供にオススメの習い事ランキング(男の子編)体力増強をメインにするならスイミングが一番人気

幼稚園に通うようになると、周りのお友だちが習い事を始めたのを聞いたりすると「うち …

「イヤイヤ期」はこう乗り切る!子供の行動別対処法を考えよう

「魔の2歳児」とよく言いますが、あれもイヤ!これもヤダ!と自己主張の表れでありス …

子供の自転車練習は何歳から?自転車デビューはタイミングが大事!

子供が補助輪を外した二輪自転車に乗れるようになるのは、早ければ幼稚園の年少から、 …