みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

夏休みだからこそ出費を押さえたい!ついやってしまう無駄遣いに注意!

   

illust3378長い長〜い夏休み!子供にとっては楽しいことがいっぱいなのでワクワクするのですが、ママにとってこの時期は、帰省や旅行やお祭りなど…いつも以上に出費が増えてしまうので、頭を悩ませてしまう季節でもあるのです。そこで「ついやってしまう無駄遣い」を減らして、少しでも家計を守っていきましょう。

帰省や旅行は…「飛行機よりも電車」が安上がり!

家族全員での帰省や旅行は、どうしても人数が多いのでチケット代金がかさみます。時間短縮を考えると飛行機を選択してしまうと思うのですが、ここは「電車」という選択が出費のことを考えるとオススメです。

新幹線を利用したとしても子供は大人の半額で乗れますし、往復割引などもあるので、飛行機に比べて断然お得な場合が多いのです。

さらにお得で考えると「高速バス」は利用しない手はありません。バス会社によっては、4列夜行シートなど、ちょっと贅沢なシート席もあるので、こうした席を利用することで、多少長旅になったとしても、楽しみながら節約できるのは嬉しいですよね。

ついたくさん買ってしまう「お土産」。衝動買いは無駄遣いの始まりです

旅行へ出かけると気持ちも開放的になり、ゆるくなってしまうのが「財布のひも」です。目につくものがみんな新鮮に思えて、特にお土産などは必要以上に買ってしまうこと、ありませんか?帰宅してお土産を広げてみたとき、「何でこれ買ったのかしら…」と後悔したこと、きっとあると思います。

お土産を買う相手は、買いに行く前にきちんとチェックしておき、例えば会社なら10個入りなのか15個入りなのかでも、お土産の金額は違うはずです。細かいことですが、こうしたことが無駄を無くして家計を助けてくれるのですね。

花火大会での「屋台めぐり」は冷静に!気付くともの凄い金額になっていることも…

夏のお祭り、花火大会はやっぱりファミリーでお出かけして、ステキな夏の思い出にしたいものです。そこで気をつけたいのが「屋台めぐり」です。

お祭りの醍醐味でもありますし、どれもこれも美味しそうで買って食べたくなります。だけど、屋台のものだけでお腹いっぱいにしようとすると、もの凄い金額が必要になってしまうのです。

例えば、お祭りの前にスーパーへ寄って飲み物やお弁当を買って出かけるなど、ちょっとした工夫で節約することが出来ます。「屋台で買うものはひとつだけ」など、お祭り気分も上手に味わいながら、無駄使いを減らしていきましょう。

つい寄ってしまう便利で涼しい「コンビニ」でのジュースやアイス。回数が重なると…!

夏のお出かけは、とにかく暑い!そしてとっても便利で重宝するのが「コンビニ」です。涼しい店内に入って冷たいジュースやアイスを見つけると、つい買ってしまいたくなります。だけど、これを日常化してしまうと気づかないうちに出費はどんどん膨らんでしまいます。

水筒を持ち歩く習慣を身につけましょう。そうすれば、こうした誘惑にも負けないですし、いつまでも冷たい飲み物を飲む事ができます。

「ついやってしまう無駄遣い」全部を禁止するのではなく、ひとつでも多く実践することで家計が潤うと気分もハッピー!賢く楽しい夏にしたいですね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

親の育て方で子供は「天才」になれる!?才能はこうして伸びる!

子供は疑問に思うとすぐに「ねえママ、なんで空は青いの?」と、パパやママに質問をし …

おしっこはできるのにウンチがトイレでできない子供の対処法

オムツトレーニングを開始しておしっこはトイレでできるようになったのに、どうしても …

子供とふれあう時間が少ない共働きのママは『絵本の読み聞かせ』をしてみよう。心を豊かにする絵本の話

ママの一日は忙しい。朝からお弁当を作って(家庭によっては数個作る場合もあります) …

寝かしつけで悩んでいるお母さんへ!重要なのは朝だった!

子どもが生後10ヶ月だった頃、なかなか夜にスムーズに寝てくれなくて悩んでいるとき …

「口先だけ」で叱っていませんか?子供が将来恥をかいてしまうNGな叱り方とは?

将来子供が大人になったとき、その立ち振る舞いを見れば、どんな環境で育ったのかが見 …

子供を小さなうちから肥満にさせない!おやつで考えるママの工夫

現代の子供たちは手足が長くて腰の位置が高い!首がスラッと伸びてスタイルがとても良 …

「良く噛んで食べなさい!」は子供の集中力をアップするのに最適だった!

昔からお母さんに「食べ物は良く噛んで食べなさい!」と言われてきましたよね。 実は …

子供と一緒にキッチンで料理しよう!料理が子供の教育に良い理由とは?

女の子であれば、興味のある子であれば2~3歳で包丁を使いたがるようになります。 …

「間違った褒め方」をしていると「わざと出来ないフリをする子供」になる?

子供だけに限らず、人間は「褒められたい」という欲求を持っていますよね。大人になっ …

PTAに参加しなくてもいい方法は?フルタイム勤務の保護者が学校で村八分にあわない方法

PTA活動は専業主婦の方を中心に動いている場合が多く、フルタイム勤務の保護者にと …