みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

夏休みだからこそ出費を押さえたい!ついやってしまう無駄遣いに注意!

   

illust3378長い長〜い夏休み!子供にとっては楽しいことがいっぱいなのでワクワクするのですが、ママにとってこの時期は、帰省や旅行やお祭りなど…いつも以上に出費が増えてしまうので、頭を悩ませてしまう季節でもあるのです。そこで「ついやってしまう無駄遣い」を減らして、少しでも家計を守っていきましょう。

帰省や旅行は…「飛行機よりも電車」が安上がり!

家族全員での帰省や旅行は、どうしても人数が多いのでチケット代金がかさみます。時間短縮を考えると飛行機を選択してしまうと思うのですが、ここは「電車」という選択が出費のことを考えるとオススメです。

新幹線を利用したとしても子供は大人の半額で乗れますし、往復割引などもあるので、飛行機に比べて断然お得な場合が多いのです。

さらにお得で考えると「高速バス」は利用しない手はありません。バス会社によっては、4列夜行シートなど、ちょっと贅沢なシート席もあるので、こうした席を利用することで、多少長旅になったとしても、楽しみながら節約できるのは嬉しいですよね。

ついたくさん買ってしまう「お土産」。衝動買いは無駄遣いの始まりです

旅行へ出かけると気持ちも開放的になり、ゆるくなってしまうのが「財布のひも」です。目につくものがみんな新鮮に思えて、特にお土産などは必要以上に買ってしまうこと、ありませんか?帰宅してお土産を広げてみたとき、「何でこれ買ったのかしら…」と後悔したこと、きっとあると思います。

お土産を買う相手は、買いに行く前にきちんとチェックしておき、例えば会社なら10個入りなのか15個入りなのかでも、お土産の金額は違うはずです。細かいことですが、こうしたことが無駄を無くして家計を助けてくれるのですね。

花火大会での「屋台めぐり」は冷静に!気付くともの凄い金額になっていることも…

夏のお祭り、花火大会はやっぱりファミリーでお出かけして、ステキな夏の思い出にしたいものです。そこで気をつけたいのが「屋台めぐり」です。

お祭りの醍醐味でもありますし、どれもこれも美味しそうで買って食べたくなります。だけど、屋台のものだけでお腹いっぱいにしようとすると、もの凄い金額が必要になってしまうのです。

例えば、お祭りの前にスーパーへ寄って飲み物やお弁当を買って出かけるなど、ちょっとした工夫で節約することが出来ます。「屋台で買うものはひとつだけ」など、お祭り気分も上手に味わいながら、無駄使いを減らしていきましょう。

つい寄ってしまう便利で涼しい「コンビニ」でのジュースやアイス。回数が重なると…!

夏のお出かけは、とにかく暑い!そしてとっても便利で重宝するのが「コンビニ」です。涼しい店内に入って冷たいジュースやアイスを見つけると、つい買ってしまいたくなります。だけど、これを日常化してしまうと気づかないうちに出費はどんどん膨らんでしまいます。

水筒を持ち歩く習慣を身につけましょう。そうすれば、こうした誘惑にも負けないですし、いつまでも冷たい飲み物を飲む事ができます。

「ついやってしまう無駄遣い」全部を禁止するのではなく、ひとつでも多く実践することで家計が潤うと気分もハッピー!賢く楽しい夏にしたいですね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供のご褒美におもちゃがダメな理由とは?おねだりを許すとわがままになる

「これ買って〜!」と子供におもちゃをおねだりされて、つい買ってしまうことはありま …

叱るとき・怒るとき・注意するとき、上手に使い分けて怒りんぼママから素敵ママに大変身!

育児中は、叱る・怒る・注意、この3つを無意識に使っていると思います。ですが、無意 …

子供の話を聞く事の重要性。子供との信頼関係は聞くことから始まる

子供にとって、親に話を聞いてもらうことはとても大切なことです。親子のコミュニケー …

子どもの傘の選び方
子供の傘の選び方。身長に合わせたサイズを買おう!

『子供の傘』 天気予報から梅雨入りの話題が増えてきましたね。 雨にかかせない傘は …

手抜きでOK!おねだり上手ママでパパにも家事参加してもらおう!

共働きをする子育て世代ファミリーはとても増えていますから、家事をママひとりで抱え …

アルバム整理術
子供の写真・アルバムの整理術に役立つアイディアをご紹介。

子供が生まれた瞬間から、写真を撮る機会がとても増えます! 一瞬一瞬の表情を残した …

子供の仕上げ磨きは何歳まで?小学生になれば大丈夫?

生後5~6カ月くらいになると、赤ちゃんには可愛い乳歯が生え始めますね。ママは毎日 …

実の母から昔の育児論を押し付けられる!うまくかわすための3つの秘策

  なかなか良い関係を築くのが難しい義理のお母さんならば、育児に対して …

赤ちゃんに健やかな「眠育」を!眠りやすい環境の作り方とは?

産まれたばかりの赤ちゃんは、眠って起きての繰り返しを一日中していますよね。それは …

子供はママの背中も見ています!ワークママに育てられた子供は高収入になる!?

お子さんが小さくてもお仕事を続けているママはとても多くて、帰りが遅くなって子供が …