みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供を「スマホ依存」にさせたくない!幼児期から気をつけたいこと3つ

   

illust4332近年、スマートフォンの普及により子供を取り巻く環境は大きく様変わりをしています。小中学生でも携帯電話が普及し、ゲームやSNSなどを利用しているうちに抜け出せなくなってしまう「スマホ依存」が社会問題になっているほどです。幼児期でも触れる事の多いスマホですが、一体どんなことに気をつけていけばいいのでしょうか?

子供たちがスマホを止められなくなってしまう原因とは?

小中高生が自分の携帯を持つようになると、友達と電話やメールといったことがその目的の大半だと思うのですが、SNSなどを通じて盛んにやり取りをしていますよね。

メッセージに対して返事をすぐ返さないと仲間外れにされたり、ひどくなると「いじめ」に発展してしまうこともあり、その恐怖からスマホが手放せなくなるなどの弊害が出てきます。

また、オンラインゲームでは、大勢で戦うなどチームを組んで参加しているので、途中で抜けずらいなどして続けてしまうことが、「スマホ依存」につながっていると考えられます。

50%以上に悪影響!?睡眠不足を引き起こしているスマホの存在

小学校5年生〜高校3年生の子供たちに「睡眠に関する調査」を行なったあるアンケート結果では、寝る直前までスマホやパソコンなどをやっていると回答した子供が、全体の51%もいることが判明したのです。

スマホなどに使われているブルーライトは、良い睡眠を妨げることが分かっていますから、こうしたことが子供たちの睡眠不足につながっているのでしょう。

さらに、朝起きるのが辛い、授業中眠くなって困るという回答も多く見られ、子供たちの心身の健やかな成長にも悪影響を及ぼしていると言わざるをえません。

幼児期から「ルール」を決めてスマホを使う習慣をつけましょう

今は小さなお子さんでもスマホを上手に使いこなし、その様子に驚く事さえあります。幼児期では、まだ自分専用のスマホは持っていないと思うのですが、たとえパパママのスマホであっても、きちんとした「ルール」を決めて使用させましょう。具体的には、

「パソコン、スマホなどはリビングの中だけで使う事」

「時間を決めて使用する事」

「SNSやゲームなどの内容を秘密にしない事」などです。

幼児期から、こうしたルールに基づいて使わせることで、将来、小中学生になって自分用を持たせたときにも、同じルールを適用させることができますし、子供自身も抵抗無くルールに従って使うでしょう。

もちろん、思春期になれば親に知られたくない部分も出てくると思うので、子供はスマホを見せたがらなくなるでしょう。

このとき、子供がトラブルに巻き込まれていないか心配になると思うのですが、リビングという親の目の届くところで使わせているのですから、「おかしいな?」のサインにもきっと気づくことが出来るはずです。

いかがですか?幼児期から「リビングで使うことを当たり前」にしてしまえば、子供のちょっとした変化にも対応できそうですよね。楽しく便利に使うためのルールを、お子さんと一緒に考えてみましょう。

 




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

お出かけには何を持って行く?子育てママに便利な持ち物を見てみよう!

夏休みも真っただ中で、お子さんと一緒にお出かけする機会も多いのではないでしょうか …

ママ友との付き合いって必要?ママ友グループに入るメリットとは

子供を育てるうえで、どのママも一度は考えてしまうであろう“ママ友”との付き合い方 …

暑い夏休み、低予算で子供と一緒に遊ぶ方法まとめ

ながいながい夏休み。さらにここ数年、外の気温は異様なまでに上昇しています。 暑さ …

我が子を大学まで進学させたい…無理なく貯金するのはいつがベスト?

お子さんが産まれると、その子の将来を考えたり夢を見たり…親御さんの期待は膨らむで …

幼児期の子供に見せたいおすすめのテレビ番組5つ。ピタゴラスイッチなど教育に役立つテレビ番組とは

テレビを見ることが子供の脳や知能に悪影響を及ぼすという話題が大きく取り上げられる …

飲食店で市販のベビーフード、勝手に食べるのってアリ?

まだまだ産まれたばかりの頃は、大人の分だけご飯を用意すれば良いので外食も比較的大 …

英語を話せる子供に育てる為の教育法!英語教育は恥ずかしがり屋にならない事が大切です

英語が世界共通言語であるのはみなさん知っていると思いますが、日本の子供たちは、先 …

子供の問題で迷った時は夫婦で決断する。妻に子育てを丸投げしない事が大切です

小学生や保育園、幼稚園などに通っている子供がいる家庭では、毎日、実に多くの仕事が …

学校での様子が気になるときは、子どもの友達を積極的にお家に招こう。

学校での子どもの様子、お友達はいるのか?勉強についていけているのか?などなど心配 …

子供の五感は外遊びで鍛える事ができる!自然とのふれあいが子育てに役立つ理由とは?

人間の「五感」はお母さんのお腹の中にいる胎児のころに原形が形成されると考えられて …