みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

「間違った褒め方」をしていると「わざと出来ないフリをする子供」になる?

   

illust1134子供だけに限らず、人間は「褒められたい」という欲求を持っていますよね。大人になってからだって「その髪型ステキ!」と言われるだけで、嬉しい気持ちになってしまうものです。だけど、子供に間違った褒め方をしていると、「頑張れるのに頑張らない子」になってしまう可能性があるのです。

子供が「1番になりたい!」と思うのは「褒められたい」という承認欲求があるからです

幼稚園の運動会でかけっこ競争があったとき、「1番になれるといいね!」と声をかけたり、実際1番になったときには「やった〜すごい!」と大喜びすると思います。こうしたパパママの反応は、子供にとっても嬉しいものなので、子供は「また褒めてもらいたい!」という承認欲求が生まれます。

頑張ったことに対して子供を褒めることは、さらにやる気を起こさせたり、自信を持つ事が出来たりして自己肯定感にもつながりますから、とても良いことですよね。

ただ、ここで「間違った褒め方」をしてしまうと「褒められるためなら何でもする」といった、ねじ曲がった考え方の子供になってしまうので注意が必要なのです。

かけっこで1番にはなれないけど…ビリになって褒められたい!

人には得意、不得意があり、時に一生懸命頑張っても報われないこともあります。かけっこで1番になりたいと思って努力しても、なかなか取れるものではありませんよね。

ある時、「最後まで一生懸命諦めずに走っている○○くん、頑張って下さいね!」とアナウンスが流れ、場内からは拍手で応援する人でいっぱいでした。それを見ていたある子供は、1番を目指すのではなく、ビリになって褒められたいという欲求にかられてしまいます。自分はいつも3番、4番で、誰からも褒めてもらえないからです。

そこで、わざとビリになって「頑張って!」とみんなに応援してもらうことで満足してしまう、そんな心理になってしまったのでしょうね。

「1番」という称号は素晴らしいと思いますが、わが子が3番、4番だとしても、一生懸命走ったことを褒めてあげるべきです。結果よりも、頑張りを認めてあげないと、この子供のように「褒められるためなら…」と手段を選ばないような行動をしてしまうかもしれません。

自分を犠牲にしてまでも「褒められたい」子供…素直な部分が出せなくなってしまうかもしれません

「やっぱりお兄ちゃんだから、弟におもちゃ貸してあげてえらいね!」こうした言葉もよく使うと思います。褒められたお兄ちゃんも誇らしい気持ちになるでしょう。ですが、本心ではおもちゃを毎回貸すことが苦痛になっていたとしたらどうでしょうか?

「お利口だね」と褒めてもらいたくて、自分の気持ちと裏腹な行動をし続けているとすると、この子はどこかで弟に対して「お前のせいだ」などと存在を疎ましく思ってしまいかねません。

「たまにはお兄ちゃんがずっと使っていいんだよ」と、我慢しなくてもいいことを伝えてあげると素直な気持ちも出すことが出来るので、「今日は使っていいよ!」と、本心から貸してあげられるようになるでしょう。

「褒めて育てる」ことは大切ですが、その使い方には少し注意をしていきましょうね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

先生に意見をいう
保護者から担任の先生への苦情・意見の伝え方。角が立たないように主張する方法とは?

ここ数年で「モンスターペアレント」という言葉が定着し、その存在は学校の先生や周り …

どうすればいいの?上手な「ママ友付き合い」をする方法とは?

幼稚園や保育園に入園すると、子供も心配ですが、「ママ同士」のお付き合いも気になっ …

どうしたら寝てくれるの?赤ちゃんが眠ってくれない時はこうしよう!

生後間もなくの赤ちゃんは、授乳におむつ交換に…夜も寝る暇がありませんよね。ママは …

天才児
高いIQを持つ天才児を指す言葉「ギフテッド」。学校嫌いの子供で天才肌なら可能性あり

「IQ」が高い子供の中には「ギフテッド」と呼ばれる子がいます。これは知能の高い人 …

子供のご褒美におもちゃがダメな理由とは?おねだりを許すとわがままになる

「これ買って〜!」と子供におもちゃをおねだりされて、つい買ってしまうことはありま …

「買って買って!」はチャンスかも!?お金の教育をするにはどうしたらいいの?

赤ちゃんの頃から不自由なく周りの人がお世話をしてくれ、自分の足で立って歩けるよう …

先回りし過ぎて子供の「表現力」を潰してしまっていませんか?豊かな表現力を身につける為にできる事とは?

世の中を見渡してみると、社会で成功していたり、家庭で幸せを築いている人たちって、 …

子育て中こそ念入りに!いつまでもキレイなお母さんでいよう!

小さい子どもを育てるお母さんは、毎日頭を振り乱しながら頑張っています。 そのため …

親に気を使う子供
親に気を使う「いい子」は問題児になる可能性がある?自分の意見を言えない子供の危険性とは

お利口さんでお行儀のいい子っていますよね。 もちろん、ご両親の育て方が素晴しいか …

過保護すぎる親「ヘリコプター・ペアレント」になっていませんか?子供の自立心を奪うダメ親の代表です

子供の成長を願うあまりに、手をかけ過ぎてしまったり、何でも先回りしてやってあげた …