みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

「間違った褒め方」をしていると「わざと出来ないフリをする子供」になる?

   

illust1134子供だけに限らず、人間は「褒められたい」という欲求を持っていますよね。大人になってからだって「その髪型ステキ!」と言われるだけで、嬉しい気持ちになってしまうものです。だけど、子供に間違った褒め方をしていると、「頑張れるのに頑張らない子」になってしまう可能性があるのです。

子供が「1番になりたい!」と思うのは「褒められたい」という承認欲求があるからです

幼稚園の運動会でかけっこ競争があったとき、「1番になれるといいね!」と声をかけたり、実際1番になったときには「やった〜すごい!」と大喜びすると思います。こうしたパパママの反応は、子供にとっても嬉しいものなので、子供は「また褒めてもらいたい!」という承認欲求が生まれます。

頑張ったことに対して子供を褒めることは、さらにやる気を起こさせたり、自信を持つ事が出来たりして自己肯定感にもつながりますから、とても良いことですよね。

ただ、ここで「間違った褒め方」をしてしまうと「褒められるためなら何でもする」といった、ねじ曲がった考え方の子供になってしまうので注意が必要なのです。

かけっこで1番にはなれないけど…ビリになって褒められたい!

人には得意、不得意があり、時に一生懸命頑張っても報われないこともあります。かけっこで1番になりたいと思って努力しても、なかなか取れるものではありませんよね。

ある時、「最後まで一生懸命諦めずに走っている○○くん、頑張って下さいね!」とアナウンスが流れ、場内からは拍手で応援する人でいっぱいでした。それを見ていたある子供は、1番を目指すのではなく、ビリになって褒められたいという欲求にかられてしまいます。自分はいつも3番、4番で、誰からも褒めてもらえないからです。

そこで、わざとビリになって「頑張って!」とみんなに応援してもらうことで満足してしまう、そんな心理になってしまったのでしょうね。

「1番」という称号は素晴らしいと思いますが、わが子が3番、4番だとしても、一生懸命走ったことを褒めてあげるべきです。結果よりも、頑張りを認めてあげないと、この子供のように「褒められるためなら…」と手段を選ばないような行動をしてしまうかもしれません。

自分を犠牲にしてまでも「褒められたい」子供…素直な部分が出せなくなってしまうかもしれません

「やっぱりお兄ちゃんだから、弟におもちゃ貸してあげてえらいね!」こうした言葉もよく使うと思います。褒められたお兄ちゃんも誇らしい気持ちになるでしょう。ですが、本心ではおもちゃを毎回貸すことが苦痛になっていたとしたらどうでしょうか?

「お利口だね」と褒めてもらいたくて、自分の気持ちと裏腹な行動をし続けているとすると、この子はどこかで弟に対して「お前のせいだ」などと存在を疎ましく思ってしまいかねません。

「たまにはお兄ちゃんがずっと使っていいんだよ」と、我慢しなくてもいいことを伝えてあげると素直な気持ちも出すことが出来るので、「今日は使っていいよ!」と、本心から貸してあげられるようになるでしょう。

「褒めて育てる」ことは大切ですが、その使い方には少し注意をしていきましょうね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供の話を聞く事の重要性。子供との信頼関係は聞くことから始まる

子供にとって、親に話を聞いてもらうことはとても大切なことです。親子のコミュニケー …

このままで大丈夫かな?子供の身長を伸ばすためにできること

「あれ?うちの子だけなんだか小さい」「去年まで同じくらいの身長だったのに、すっか …

中学生のニキビ治療
中学生の思春期ニキビ治療法&予防法。スキンケアで10代の肌荒れは防げます

早い子で小学校高学年になると、顔にニキビが出始めます。 中学生特有の思春期ニキビ …

子供の視力とスマホ
子供がパソコンやスマホゲームに夢中。子供の視力は大丈夫?

時代の流れに伴って、最新機器はどの家庭においても気軽に使える便利なアイテムとして …

先輩ママの体験談<スイミング>幼少期の習い事のメリット・デメリット

人気の習い事ランキングで1位になることが多いスイミング。オリンピックなど世界で活 …

ストレス社会、子供にとっても同じこと!!子供たちの”SOSサイン”に気づいていますか?

現代社会=ストレス社会と言われています。 ストレスがたまると潰瘍・過食・アトピー …

「おはよう」でモチベーションアップできる?!知っておきたい挨拶のメリット

挨拶をすることは、生活の基本ですよね。保育園・幼稚園、学校生活においても挨拶をす …

ママ友トラブルを避ける方法!ママ友と適度な距離を保つための秘訣とは?

ママ友とのトラブル、ドラマの題材になってしまうほど、身近なものになってしまってい …

「家庭内事故」に気をつけて!赤ちゃん乳幼児の事故で多いものって何?

「まだそんなに動くことはできないから大丈夫!」そう思って赤ちゃんを安全な場所へ寝 …

クーラーなしでもこんなに涼しい!上手なエコで楽しく節電しよう!

何かと電気代のかさむ夏だから、少しでも節電したいものですね。中でも一番電気代にか …