みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

落ち着きのない子供になる?「ながら子育て」は今すぐ止めよう!

   

illust2541時間に追われている現代社会では、子育てと言えども例外ではなく、パパもママも子供と接する時間が昔に比べると短くなっています。ですから、しつけも時短になり、「ながら子育て」をしている実態が多いのです。しかしそうして育った子供は、いつしか話を聞かない落ち着きのない子供になってしまうかもしれません。

「ながら子育て」ってどういうこと?

「ながら族」という言葉を聞いた事はありませんか?これは音楽を聞きながら勉強したり、テレビを見ながら食事をしたりする「○○しながら○○をする」といったことが習慣化してしまった人のことを指す言葉です。

無意識のうちにやってしまっている状況が多いために、子育ても、この「ながら族」同様のことが行なわれている場合があります。

例えば、お皿を洗いながら子供の悪いところを叱ったり、スマートフォンを触りながら子供の話を聞いたりなどは、「ながら子育て」に当てはまるでしょう。

「〜ながら」では、叱っている言葉に説得力が無くなってしまいます

子供が食事のとき遊び出して途中で走り回っていた場合、これはきちんと「しつけ」をする必要がありますよね。

「今はご飯の時間だから、食べ終わるまで座って食べようね」

こうした言葉を子供に語りかけるべきですが、もしもママがテレビを見ながら言ったとしたならば、果たして子供に気持ちが伝わるでしょうか?せっかく良い言葉を投げかけているのに、これではきっと半分も伝わらないと思います。

人間の心理として、何かをしながら会話をされた場合、ほとんどの場合が「嫌な印象」として捉えているのではないでしょうか?これは、相手が子供であっても同じことなのです。

パパママがテレビを見ながら自分に話をしているのは、決していい気分ではありません。それが「注意する」ことであればなおさら子供の耳を通り過ぎるだけです。何が悪い事なのか理解できず、また同じ事を繰り返すでしょう。

「落ち着きの無い子」は、「ながら子育て」が一因のこともあるのです

お皿を洗いながら子供にしつけをした場合を考えてみます。ママがキッチンで立ったまま腕を動かしている状況がイメージできると思います。

この場合、子供は動いているものに興味を惹かれてしまい、そちらにばかり気を取られてしまいます。そんな状況でいくらしつけをしたとしても、ママの話はきっと子供には届きません。

例えば、学校でウロウロ教室を歩き回る先生の授業は、どこか落ち着かなかった記憶はありませんか?これと同じ事なのです。お皿を洗いながら大切な話をされても「動くものが気になる」「話を聞かなくちゃ」、子供はどちらに集中したらいいのか分からない状態になってしまうのですね。

ついやってしまいがちな「ながら子育て」。子供とは、目と目を合わせて真剣に話をする時間を少しでも作る努力をしたいですね。スマホやテレビの時間を少しだけ削って、子供との触れあえる時間を確保していきましょう。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供の食べ物の好き嫌いを直す方法。叱るのではなく時間をかけて直そう

野菜嫌い、お肉きらい、果物嫌い!子供の好き嫌いに頭を悩ませるママはとても多いと思 …

ママ友との付き合いって必要?ママ友グループに入るメリットとは

子供を育てるうえで、どのママも一度は考えてしまうであろう“ママ友”との付き合い方 …

子供の日焼けは体に悪い?赤ちゃんのための日焼け対策のおすすめ

ちょっと前までは「日焼けは健康的!」などと言われていましたが、最近の科学医療では …

声掛け変換
発達障害の子供にオススメの「声かけ変換表」は大人でも使えて凄い!

みなさんは「声かえ変換表」って聞いたことありますか? これは発達障害を持つお子さ …

父親の家庭での役割は子供に仕事について語ること。子供に働く大人の背中を見せよう

近年では、父親が子育てに参加することが当たり前になってきましたが、それでも男性の …

4〜5才になったら「ひらがな」にチャレンジ!楽しく取り組むコツ3つ

小学校に行くと必ず勉強する「ひらがな」ですが、4、5才になると自分から「書いてみ …

乳幼児の誤飲、気をつけて!もしもの時の応急処置を知りましょう

小さな赤ちゃんは好奇心旺盛で、何でも口の中へ入れて確かめたりしますよね。ですから …

パパやママの都合で子供の習い事を安易に決めていませんか?子供の将来を視野に入れて選択を!!

今、子供の習い事はスポーツ系から文科系、学習塾など多種多様にあります。愛する我が …

子供の送り迎え
子供に塾や習い事をさせると親の負担は倍増!送り迎えなどでストレスの限界を迎えたらスケジュールの見直しを

塾や習い事と親の負担について 学校では、子供に必要な経験がおぼつかない。その思い …

子供はママの背中も見ています!ワークママに育てられた子供は高収入になる!?

お子さんが小さくてもお仕事を続けているママはとても多くて、帰りが遅くなって子供が …