みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供がパソコンやスマホゲームに夢中。子供の視力は大丈夫?

      2015/07/27

子供の視力とスマホ
時代の流れに伴って、最新機器はどの家庭においても気軽に使える便利なアイテムとして定着しました。
とくにパソコンやスマホなどは、今では小さな子供でも使いこなせてしまうほど。

だけど、まだまだ体も未成熟な子供の「目」にとっては悪い事だらけなのです。

「スマホをやってると、おとなしいから」は危険です

大人が楽しいと思うものは、子供にとっても魅力的なものです。ほとんどのパパママが持っているスマートフォンには、好きなアニメの動画だったり、ゲームのアプリだったり、面白いものがいっぱいで、子供の興味を惹き付けます。

最新機器でも、子供は使い方をすぐに覚えてしまいますから、ママがお買い物をしているときや、ランチでママ友と盛り上がってる時にスマートフォンを渡しておくと、そこでじっと静かに遊んでくれるので、ママは安心して買い物やランチに専念できます。だけど、それはとても危険なことなのです。

ディスプレイを見続けると起こる症状「VDT症候群」

そうして夢中になってゲームなどをする子供は、目と画面との距離が近くて、ディスプレイ画面を凝視しつづけていることが多いのではないでしょうか。
このことが「目」へのダメージを与えている事は明らかで、長時間見続けていることで 起こる症状は、眼精疲労はもちろん、ドライアイや近視なども引き起こすと考えられています。

こうした症状は「VDT症候群」と呼ばれ、角膜炎や結膜炎な どの原因になり、ひどくなると吐き気を訴える人もいるそうです。

 小さい子供の視力、一度悪くなると回復するのは難しい

子供にとって、「視力」を自覚すること自体が難しいので、知らず知らずのうちに視力が低下してしまうことがあるそうです。子供の近視などは進行も早いので、気づいたときには相当視力が悪くなっていた…という話も聞きます。

もちろん、「VDT症候群」だけが原因だとは思いませんが、時間も制限しないでゲームをしたり、スマートフォンを見させることは、子供にとっては視力を悪くするリスクが高いと言わざるをえません。

きちんとルールを作って守らせる。それが「目」を守ることに

だからといって、ゲームもスマートフォンもパソコンも、全く使わせない生活などはやっぱり出来ないのが現実ですよね。ですから、きちんとそこに「ルール」を作って、時間を決めて使うようにすればいいのです。

どうしても長時間使わせることになりそうな時は、「目」の休憩時間を作ることも、とても大切です。これからどんどん成長していく子供にとって、「目」を守ってあげることは、親としての責任だと思うのです。

楽しいのは最新機器だけじゃない!自然をたっぷり味わって!

こうした最新機器は、子供にとっては刺激的で面白いから、ついつい長時間やりたくなってしまうものです。

だけど、もっと外にも目を向けましょう!そこには豊かな自然、山、川、海、空。体全部で感じて欲しいものがたくさんありますよね。大人が率先して外へ連れ出してあげて、外で遊ぶ楽しさもレクチャーしてあげましょう!

それが「目」を守る一番の近道かもしれませんね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

赤ちゃんが便秘で苦しがる!どうしたらいいの?

赤ちゃんが便秘で苦しんでいると、本当にかわいそうで見ていられないですよね。 顔を …

そろそろ接種時期が来ます!インフルエンザワクチンについて

毎年冬に猛威を振るっているインフルエンザ。 一度かかったことのある人ならわかりま …

脳に効く!?「ブレインフード」を食べて頭のいい子を育てませんか?

みなさんは「ブレインフード」という言葉を聞いたことはありますか?日本では「脳機能 …

ママ友にプレゼント
ママ友の誕生日にオススメのプレゼント。予算3000円から価格別まとめ

「来月ママ友の誕生日なんだけど、何をプレゼントしようかしら…」 何かとお付き合い …

赤ちゃんの「イタズラ」は怒っちゃダメ!?脳が育っているって本当?

赤ちゃんがハイハイ出来るようになり、歩けるようになり…と、だんだん行動範囲も広が …

猫
ペットを飼うことは子供の教育に効果的な理由。情操教育で子供に道徳心を教えよう

最近は「ペット」を飼っているご家庭も随分増えましたね。 特に小さい子供は生き物が …

先生に意見をいう
保護者から担任の先生への苦情・意見の伝え方。角が立たないように主張する方法とは?

ここ数年で「モンスターペアレント」という言葉が定着し、その存在は学校の先生や周り …

お父さんにも育児に参加してほしい!心強いパートナーに育てよう!

今はもはや当たり前の存在になりつつある「イクメン」。 しかし、まだまだイクメンに …

妊娠高血圧症候群の危険性!高齢出産でなければ大丈夫!…とも限らない?

妊娠高血圧症候群という病気をご存じですか?妊娠しているママや、そのお腹にいる赤ち …

脳科学に基づいた教育方法!「久保田式」の子育てで0才から脳の基礎を作っていきましょう

赤ちゃんを授かり、出産し、我が子に出会えた喜びは何にも変えられる事はできません。 …