みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供がパソコンやスマホゲームに夢中。子供の視力は大丈夫?

      2015/07/27

子供の視力とスマホ
時代の流れに伴って、最新機器はどの家庭においても気軽に使える便利なアイテムとして定着しました。
とくにパソコンやスマホなどは、今では小さな子供でも使いこなせてしまうほど。

だけど、まだまだ体も未成熟な子供の「目」にとっては悪い事だらけなのです。

「スマホをやってると、おとなしいから」は危険です

大人が楽しいと思うものは、子供にとっても魅力的なものです。ほとんどのパパママが持っているスマートフォンには、好きなアニメの動画だったり、ゲームのアプリだったり、面白いものがいっぱいで、子供の興味を惹き付けます。

最新機器でも、子供は使い方をすぐに覚えてしまいますから、ママがお買い物をしているときや、ランチでママ友と盛り上がってる時にスマートフォンを渡しておくと、そこでじっと静かに遊んでくれるので、ママは安心して買い物やランチに専念できます。だけど、それはとても危険なことなのです。

ディスプレイを見続けると起こる症状「VDT症候群」

そうして夢中になってゲームなどをする子供は、目と画面との距離が近くて、ディスプレイ画面を凝視しつづけていることが多いのではないでしょうか。
このことが「目」へのダメージを与えている事は明らかで、長時間見続けていることで 起こる症状は、眼精疲労はもちろん、ドライアイや近視なども引き起こすと考えられています。

こうした症状は「VDT症候群」と呼ばれ、角膜炎や結膜炎な どの原因になり、ひどくなると吐き気を訴える人もいるそうです。

 小さい子供の視力、一度悪くなると回復するのは難しい

子供にとって、「視力」を自覚すること自体が難しいので、知らず知らずのうちに視力が低下してしまうことがあるそうです。子供の近視などは進行も早いので、気づいたときには相当視力が悪くなっていた…という話も聞きます。

もちろん、「VDT症候群」だけが原因だとは思いませんが、時間も制限しないでゲームをしたり、スマートフォンを見させることは、子供にとっては視力を悪くするリスクが高いと言わざるをえません。

きちんとルールを作って守らせる。それが「目」を守ることに

だからといって、ゲームもスマートフォンもパソコンも、全く使わせない生活などはやっぱり出来ないのが現実ですよね。ですから、きちんとそこに「ルール」を作って、時間を決めて使うようにすればいいのです。

どうしても長時間使わせることになりそうな時は、「目」の休憩時間を作ることも、とても大切です。これからどんどん成長していく子供にとって、「目」を守ってあげることは、親としての責任だと思うのです。

楽しいのは最新機器だけじゃない!自然をたっぷり味わって!

こうした最新機器は、子供にとっては刺激的で面白いから、ついつい長時間やりたくなってしまうものです。

だけど、もっと外にも目を向けましょう!そこには豊かな自然、山、川、海、空。体全部で感じて欲しいものがたくさんありますよね。大人が率先して外へ連れ出してあげて、外で遊ぶ楽しさもレクチャーしてあげましょう!

それが「目」を守る一番の近道かもしれませんね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

もうすぐ夏休み!子供の自由研究に「牛乳パック」を活用しよう!

小学生にとっては待ちに待った夏休みも、もうすぐそこです。楽しみな反面、学校の宿題 …

育児腰痛
育児腰痛を和らげる4つのコツとおすすめストレッチ

産後、腰痛に悩まされる女性はとても多いと言われています。 その原因のひとつが“骨 …

子供を支配していませんか?子供は親の所有物ではありません!!

自分自身がお腹を痛めて生んだ我が子。 何よりもかけがえのない存在です。 愛して止 …

1歳のお祝い!一升餅のやり方と意味とは?

子どもが1歳になったら、自宅や飲食店などで家族が集まって一升餅のお祝いをします。 …

早くしなさい
子供が指示待ち人間になってしまう「早くしなさい」という親の口癖

朝の登園準備をしているのに、テレビを見たまま動かない子供… 「何してるの!早くし …

知らないうちに「子供の言いなり」になっていませんか?子供の上手な叱り方、なだめ方を知りましょう

お子さんが年齢を重ねてくると「うるせー!」など、口答えされて、大きくショックを受 …

時計
子供に時間の大切さを教える方法。少しずつタイムマネジメントを教えましょう!

遊びに夢中になっている子供は、何時間でも遊び続けていたりしませんか? 「ご飯の時 …

もしかしてウチの子左利き?!右利きに直したほうがいいの?そのままにする?

    全国には、10〜20%の割合で左利きの人が存在しています。 これは、三万 …

姉妹喧嘩の仲裁
小学生女子のおしゃれ、親はどこまで認めるべき?禁止する前に親として教えるべきこと

街を歩いていると、可愛い!というより、まるで大人のようにキレイに着飾った女の子た …

暑い夏にご用心!子供の大敵「あせも」を防ぐ方法3つ

じめじめした梅雨が終わるとやってくる暑〜い夏!レジャーも楽しくてわくわくしますが …