みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

「叩いちゃダメ!」は効果なし?友達に手が出てしまった時の対処法とは?

   

illust831子供同士で遊んでいるとき、わが子がお友達を叩いてしまってビックリしてしまったこと、きっとあると思います。思わず「叩いちゃダメ!」と言い聞かせると思いますが、この言葉だけでは、今後もまた友達に手が出てしまうかも知れません。では、どうしたらいいのでしょうか?

自分の思いを伝えることが出来なくて「叩く」という行動になってしまいます

「そのおもちゃが使いたい!」友達が使っているおもちゃを見て子供がそう思ったとき、「叩く」「奪う」など、乱暴な行動をしてしまうことがあります。

これは、子供の「使いたい」という衝動と気持ちが先走ってしまい、言葉で自分の気持ちを相手に伝えることを、まだ理解していないからだと考えられます。「叩く」ことは暴力行為ですから、親は当然その行為を止めさせますが、ただ「ダメでしょ!」という言葉だけで終わらせてしまっていないでしょうか?

「叩くのは悪い事」だけど、おもちゃを使いたいときはどうしたらいいの?

たいていの場合、「叩く事は悪い事」と子供に教えると思うのですが、今回の場合は「友達のおもちゃが使いたい」ということが発端になっていますよね。その問題解決方法が分からない限り、子供はまた同じように友達を叩いてしまうのです。

ですから、ここで「どうしたらいいかな?」と子供と一緒に考えることが大切になります。難しいことを言っても子供は理解できませんから、できるだけ簡潔に説明してあげましょう。

「叩くと痛いよね、自分がされたらイヤだよね」

「おもちゃ『貸して』と言ってみよう」

「貸してくれたら嬉しいね。『ありがとう』って言おうね」

こんなふうに具体的に提案してあげることで、子供はスムーズに行動に移すことができますし、実際貸してもらえたら嬉しい気持ちも味わう事ができるでしょう。こうした経験が増えていくことで、「叩いて問題解決する」といった暴力行動が減っていき、対人関係の大切さを覚えていくのですね。

お人形遊びで「ロールプレイング」してみよう!

友達とトラブルになる原因はさまざまな場面で無数にありますから、必ずしも同じ方法で解決できるとは限りませんよね。そこで、いろんな場面を想定して、お人形を使った「ごっこ遊び」で、シミュレーションしてみるというのはいかがでしょうか?

順番を守ること、意地悪を言って泣かせてしまった…そのときに取るべき行動を、ママがお人形を通して行動して見せてあげることで、実際トラブルが起こった場合に「お人形遊びのとき、こうして解決できたんだった」「じゃあこうしたらいいかな?」と考えるきっかけになるでしょう。

子供が友達を叩いたら「ダメ!」だけではなくて、「じゃあどうする?」という問いかけを付け加えましょう。そこで考えて行動することを覚えていくと、相手の気持ちも次第に理解できるようになるので、自然と「優しい子」に育つのですね。

子供が問題解決方法に迷ったときは、いろいろ提案してあげてくださいね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

オムツが外れるまではダメ?赤ちゃんと温泉に入れる時期について

赤ちゃんのお世話をしていると、たまにはほっと一息つけるようなたいけんをしたくなり …

社会マナーは子供時代の集団生活から受け継がれていくものです!!

ゆとり世代以降の言動、行動、社会人マナーが問題とされています。 私は子供の習い事 …

学校での様子が気になるときは、子どもの友達を積極的にお家に招こう。

学校での子どもの様子、お友達はいるのか?勉強についていけているのか?などなど心配 …

夏休み明けが心配!?子供のSOS、見逃さないで!

最近のニュースで「子供の自殺が一番多いのは、夏休み明けの9月1日です」と騒がれて …

なかなかやめられない…母乳はいつまであげてもいいの?

だいたいのお母さんが、1歳半健診の時点で母乳を与えていると、保健師さんから「そろ …

ストレス社会、子供にとっても同じこと!!子供たちの”SOSサイン”に気づいていますか?

現代社会=ストレス社会と言われています。 ストレスがたまると潰瘍・過食・アトピー …

楽しいはずの食事の時間が「しつけの時間」になっていませんか?意外とやってしまうことに気をつけよう

最近の子育て世代のママたちは共働きなどでとても忙しく、子供と一緒に食事の時間を取 …

秋こそお出かけ!子どもと動物園に行くメリットとは?

暑い夏が終わって秋になると、なんだかホッとしますよね。 夏の間は熱中症などが気に …

断捨離の効果で運気改善!断捨離ライフで子育ても楽しくなるその方法とは?

最近はもう聞き慣れたこの「断捨離」という言葉ですが、子育て中のママは育児に忙しく …

失敗した時こそ褒めるべきだった!困難にもめげない子供に育てるには?

昨今の若者が社会に出たとき問題になるのは、上司に起こられたからという理由ですぐに …