みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

「怒る」と「叱る」って何が違うの?「怒る」のが子供にいけない理由とは?

   

illust2016子育てをしていると「全くもう!何やってるの!」とつい「怒って」しまうことがあります。しかし子育てではこの「怒る」行為は子供にとってあまりいいこととは言えません。そもそも「怒る」と「叱る」、一体何が違うのでしょうか?

気持ちが高ぶって子供に感情をストレートにぶつけてしまうのは「怒る」

子供がジュースをこぼしてしまって「何やってるの!全く!」と声を荒らげてしまうこと、良くあることだと思います。つい言ってしまうこの言葉の中には『テーブル拭かなくちゃ、着ている服が汚れて洗濯物が増えた、ジュースがもったいない…』など、ママ自身の感情も含まれて、その気持ちを子供に言葉でぶつけているのです。

この場合の「何やってるの!全く!」という言葉は、自分本位な八つ当たりとなってしまっているのです。

子供のことを考えて、より良い方向へ導いたりアドバイスをするのが「叱る」ということ

「ジュースこぼれちゃったね。テーブルの端っこに置いたからかな?次は気をつけようね」先ほどと同じくジュースがこぼれた時の状況でも、こちらは子供が「何でこぼれたのか」を考えるきっかけを作ってあげていますよね。同時に、次からは「テーブルの端にコップを置かない」というアドバイスにもなっています。これが「叱る」ということです。

しかし、人間は感情を持つ生き物ですから、なかなか全ての場面においてこんなふうに冷静になれないこともあるでしょう。自分の子供のこととなれば、むしろ感情的になってしまう方が普通なのかもしれません。

だけど子供に「感情的に怒る」事は、少しでも減らしたいものです。

他人の子供だと自然に「叱る」ことが出来ていませんか?

友達の子供が遊びに来ていてジュースをこぼしてしまったとき、ほとんどの場合「叱る」対応が自然に出来ていませんか?

「怒らずに叱る」ポイントは、まさしくここにあるのです。

どうしても、わが子だと思い入れが強いので、子供への期待値が高くなってしまいます。すると些細な事でも「全くもう!」と感情的になってしまうのですね。ですから、自分の子供も「他人の子」だと思って接してみましょう。すると、不思議なくらいに客観的に見えるので、必要以上に「怒る」ことも減ってきます。

そうすると、ママ自身がイライラする事も減り、反省することも減ります。子供も嫌な気持ちが減るのですから、「怒る」が減るということは「ハッピー」が増えるのですね。

怒鳴られる、叩かれる…恐怖に支配されて育った子供は?

反対に、大声で怒鳴ったり、叩いて子供をしつけた場合、その場では子供は言う事を聞くと思いますが、それは恐怖に支配されているだけに過ぎません。こうした環境で育ってしまうと、自分より立場の弱い子や小動物をいじめるなど、心に深く傷を作ったことで問題行動を起こすようになってしまうのです。

「怒る」と「叱る」の違い、お分かりいただけましたか?感情をぶつけるようなことはなるべく避けて、「ハッピー」な時間を過ごしていきましょう!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

ランドセルの選び方のコツ!何色がいい?

子供が幼稚園の年長さんになって数か月・・・夏休み明けにはランドセルが店頭に並び始 …

一人っ子の教育
一人っ子を甘やかすと自立心が育たず無気力になる。一人っ子の子育てで気をつけたいこととは?

核家族化が進む現代社会に伴い、「一人っ子」も増加傾向にあることは、みなさんご存知 …

「五郎丸ポーズ」でラグビーが子供にも大人気!ラグビーを習うと得られる効果とは?

ラグビーの第8回ワールドカップイングランド大会で、初の1大会3勝を挙げた日本代表 …

子供が自発的に勉強する環境つくり
子供を「自分から勉強する子」にするには?子供の学習意欲を上げる方法

「早く勉強しなさい!」常に言われないと出来ない、言ってもなかなか取りかからない… …

「あれ買って〜!」はこれで解決!子供の心理を上手に利用しよう

幼児期になると自分の好きな物やお気に入りのキャラクターなどが出て来て、高価なゲー …

子供と一緒にキッチンで料理しよう!料理が子供の教育に良い理由とは?

女の子であれば、興味のある子であれば2~3歳で包丁を使いたがるようになります。 …

落ち着きのない子供になる?「ながら子育て」は今すぐ止めよう!

時間に追われている現代社会では、子育てと言えども例外ではなく、パパもママも子供と …

子育てに重要な生活リズム。子供の生活の質を考えていますか?

QOLとは「Quality of Life」の略で「生活の質」を意味します。 あ …

毎日のお掃除大変でもうイヤ!「段階的目標設定」で楽々キレイを手に入れよう!

洗濯、食事、お掃除…家事を毎日こなすことは、ママにとっては本当に重労働ですし、時 …

失敗した時こそ褒めるべきだった!困難にもめげない子供に育てるには?

昨今の若者が社会に出たとき問題になるのは、上司に起こられたからという理由ですぐに …