みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

親の育て方で子供は「天才」になれる!?才能はこうして伸びる!

   

illust3575子供は疑問に思うとすぐに「ねえママ、なんで空は青いの?」と、パパやママに質問をします。分からないからといって適当な答えを返していませんか?それでは「天才」を育てる事はできないかもしれません。

「なんで?」「どうして?」は天才への第一歩なのです

「なんで空は青いの?」唐突に子供は疑問を生み出し、大人に質問をしてきます。答えを知っていて丁寧に教えてあげられる質問ならいいのですが、時に、こうした大人でも「?」な質問を投げかけてくることもありますよね。

そのとき、あなたはどんな答えを返していますか?

忙しいときなど「なんでだろうね、不思議だね」と、その場しのぎの返答をしていないでしょうか。実は、これでは子供がせっかく「知りたい!」という気持ちになっているのに、その気持ちを台無しにしてしまっているのです。

「天才」と呼ばれる人はみんな、この「なんで?」から出発しています。この好奇心をさらに膨らませるようにするには、どうしたらいいのでしょうか?

子供から生まれた疑問は「徹底的に答えを見つける努力」をしてみましょう

空がどうして青いのか、その理由が知りたいと思ったら「調べてみる」ことから始めましょう。今は便利な時代でスマートフォンで簡単に答えを見つけることが出来ると思うのですが、天才を育てるためには図書館で図鑑や書籍を使うことをオススメします。

やはり、自分で調べることが何より大切になりますし、おそらく答えを見つけるまでにそうとうな時間が必要となるでしょう。実はここにポイントがあるのです。

「空」を調べるためにはどんな本を選べばいいのかと悩みますよね。親と一緒に考えたり調べたりすることで、自分で探求することを覚えて、どんなことでも調べてみれば限りなく世界が広がっていることを知るでしょう。そうしてやっとの思いで答えに辿り着いたとき、「やった〜!」と答えを見つけた喜びと達成感に、子供の好奇心はますます溢れ出てくるのです。

たとえ間違った答えでも「否定しない」ことが大切です

もしも子供が「1+1=1」という答えを書いたら、「それは違うでしょ!」と大きな声で言いたくなりますし、実際答えは×です。

だけど、この子がこうした答えになったのには理由があるのです。「2つの粘土玉、合わせたら1つだもん」

どうですか?算数としては間違いですが「そういう発想もあるのか」と、妙に納得させられませんか?これは、エジソンの子供時代に実際あったエピソードのひとつだそうです。

このように、たとえ間違った答えでも頭ごなしに否定をせず、どうしてこの答えになったのかをまず聞いてみましょう。そこで子供の発想に驚いたり、納得してあげた上で正しい答えも教えてあげるようにすれば、子供のやる気はきっと伸びていくはずです。

いかがでしたか?子供の「なんで?」には天才になるかもしれないカプセルが、たくさん詰め込まれているのです。長い夏休み!子供の「なんで?」にとことん付き合ってみませんか?

 




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供の地頭力を鍛える
ピアノを習っている子供は頭が良くなる。音楽が子供の地頭力を鍛えるのに役立つ理由とは?

英語、体操教室、リトミック…。 お子さんに「何か習い事をさせてあげたいけど、どれ …

子供が風邪をひいてしまった時に食べさせたいものって?熱、咳…症状別に効く食べ物を知っておきましょう

肌寒い季節になってくると子供は風邪をひきやすく、一度かかってしまうとなかなか治ら …

子供の靴のサイズ
間違った方法で子供の靴選びをしていませんか?サイズが合わないと足の指が曲がってしまう危険性あり

小さな子供に靴を買う時、「すぐに履けなくなってしまうから…」と大きめな靴を買って …

子供の隠し事
「隠し事」をする子供の本当の心を知るには?

幼稚園へあがる頃になると、行動範囲も少しずつ広がっていきますよね。 園へ行ってい …

過保護すぎる親「ヘリコプター・ペアレント」になっていませんか?子供の自立心を奪うダメ親の代表です

子供の成長を願うあまりに、手をかけ過ぎてしまったり、何でも先回りしてやってあげた …

「また来てね!」と思われるかな?友達の家に遊びに行ったときのベストな行動とは?

夏休みのように家にいる時間が増えると、お友達の家に遊びに行ったり来たりする機会も …

子供のやる気を引き出す
子供のやる気を引き出すのは「がんばれ!」ではなく「あなたにしか言えない褒め言葉」

子供が勉強や運動を一生懸命取り組む姿を見て「がんばれ!」と声をかけることは良くあ …

子供の日焼けは体に悪い?赤ちゃんのための日焼け対策のおすすめ

ちょっと前までは「日焼けは健康的!」などと言われていましたが、最近の科学医療では …

子供を公園デビューさせる時の注意点!ジャングルジムや滑り台で怪我をしないよう親がするべきこと

子供が1歳を過ぎ、歩き始めるようになると公園デビュー!という親子は多くいるでしょ …

no image
子どものおやつはどうする?子どもとおやつの悩みを解決する方法をご紹介!

  「まだ食べる!」と怪獣のように泣き叫び、「もう今日のおやつは終わり …