みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

親の育て方で子供は「天才」になれる!?才能はこうして伸びる!

   

illust3575子供は疑問に思うとすぐに「ねえママ、なんで空は青いの?」と、パパやママに質問をします。分からないからといって適当な答えを返していませんか?それでは「天才」を育てる事はできないかもしれません。

「なんで?」「どうして?」は天才への第一歩なのです

「なんで空は青いの?」唐突に子供は疑問を生み出し、大人に質問をしてきます。答えを知っていて丁寧に教えてあげられる質問ならいいのですが、時に、こうした大人でも「?」な質問を投げかけてくることもありますよね。

そのとき、あなたはどんな答えを返していますか?

忙しいときなど「なんでだろうね、不思議だね」と、その場しのぎの返答をしていないでしょうか。実は、これでは子供がせっかく「知りたい!」という気持ちになっているのに、その気持ちを台無しにしてしまっているのです。

「天才」と呼ばれる人はみんな、この「なんで?」から出発しています。この好奇心をさらに膨らませるようにするには、どうしたらいいのでしょうか?

子供から生まれた疑問は「徹底的に答えを見つける努力」をしてみましょう

空がどうして青いのか、その理由が知りたいと思ったら「調べてみる」ことから始めましょう。今は便利な時代でスマートフォンで簡単に答えを見つけることが出来ると思うのですが、天才を育てるためには図書館で図鑑や書籍を使うことをオススメします。

やはり、自分で調べることが何より大切になりますし、おそらく答えを見つけるまでにそうとうな時間が必要となるでしょう。実はここにポイントがあるのです。

「空」を調べるためにはどんな本を選べばいいのかと悩みますよね。親と一緒に考えたり調べたりすることで、自分で探求することを覚えて、どんなことでも調べてみれば限りなく世界が広がっていることを知るでしょう。そうしてやっとの思いで答えに辿り着いたとき、「やった〜!」と答えを見つけた喜びと達成感に、子供の好奇心はますます溢れ出てくるのです。

たとえ間違った答えでも「否定しない」ことが大切です

もしも子供が「1+1=1」という答えを書いたら、「それは違うでしょ!」と大きな声で言いたくなりますし、実際答えは×です。

だけど、この子がこうした答えになったのには理由があるのです。「2つの粘土玉、合わせたら1つだもん」

どうですか?算数としては間違いですが「そういう発想もあるのか」と、妙に納得させられませんか?これは、エジソンの子供時代に実際あったエピソードのひとつだそうです。

このように、たとえ間違った答えでも頭ごなしに否定をせず、どうしてこの答えになったのかをまず聞いてみましょう。そこで子供の発想に驚いたり、納得してあげた上で正しい答えも教えてあげるようにすれば、子供のやる気はきっと伸びていくはずです。

いかがでしたか?子供の「なんで?」には天才になるかもしれないカプセルが、たくさん詰め込まれているのです。長い夏休み!子供の「なんで?」にとことん付き合ってみませんか?

 




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

育児日記
育児日記をつけることの勧め。子供が小学生になったとき悩み解消に役立つ!

子供は成長と共に、自分の居場所を家庭より友達関係に求めるようになります。 小学生 …

母乳が出にくい…でも母乳育児をしたい!産後に食べると母乳に良い食事や過ごし方

赤ちゃんを授かって、おっぱいをあげて…と、お産をしたばかりでもママは大忙しです。 …

乳幼児の噛み付く、歯ぎしり、歯をカチカチ…考えられる原因は何?

子供と一緒に寝ている時、突然「ぎしぎし」と耳障りな音が聞こえてビックリした!なん …

鍵っ子の子供たちに教えておきたい7つの心得

夫婦共働きが多い現代、小学生の子供たちが自分で鍵を持って学校へ行き、帰宅後は自宅 …

子供はママの背中も見ています!ワークママに育てられた子供は高収入になる!?

お子さんが小さくてもお仕事を続けているママはとても多くて、帰りが遅くなって子供が …

寝かしつけで悩んでいるお母さんへ!重要なのは朝だった!

子どもが生後10ヶ月だった頃、なかなか夜にスムーズに寝てくれなくて悩んでいるとき …

「睡眠」と「肥満」には関係があった!良い睡眠時間を確保して肥満や病気のリスクを減らしましょう

子供の生活環境も昔に比べると大きく様変わりしていて、夜遅くになっても小さな子供が …

赤ちゃんに健やかな「眠育」を!眠りやすい環境の作り方とは?

産まれたばかりの赤ちゃんは、眠って起きての繰り返しを一日中していますよね。それは …

失敗した時こそ褒めるべきだった!困難にもめげない子供に育てるには?

昨今の若者が社会に出たとき問題になるのは、上司に起こられたからという理由ですぐに …

妊娠高血圧症候群の危険性!高齢出産でなければ大丈夫!…とも限らない?

妊娠高血圧症候群という病気をご存じですか?妊娠しているママや、そのお腹にいる赤ち …