みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

親の育て方で子供は「天才」になれる!?才能はこうして伸びる!

   

illust3575子供は疑問に思うとすぐに「ねえママ、なんで空は青いの?」と、パパやママに質問をします。分からないからといって適当な答えを返していませんか?それでは「天才」を育てる事はできないかもしれません。

「なんで?」「どうして?」は天才への第一歩なのです

「なんで空は青いの?」唐突に子供は疑問を生み出し、大人に質問をしてきます。答えを知っていて丁寧に教えてあげられる質問ならいいのですが、時に、こうした大人でも「?」な質問を投げかけてくることもありますよね。

そのとき、あなたはどんな答えを返していますか?

忙しいときなど「なんでだろうね、不思議だね」と、その場しのぎの返答をしていないでしょうか。実は、これでは子供がせっかく「知りたい!」という気持ちになっているのに、その気持ちを台無しにしてしまっているのです。

「天才」と呼ばれる人はみんな、この「なんで?」から出発しています。この好奇心をさらに膨らませるようにするには、どうしたらいいのでしょうか?

子供から生まれた疑問は「徹底的に答えを見つける努力」をしてみましょう

空がどうして青いのか、その理由が知りたいと思ったら「調べてみる」ことから始めましょう。今は便利な時代でスマートフォンで簡単に答えを見つけることが出来ると思うのですが、天才を育てるためには図書館で図鑑や書籍を使うことをオススメします。

やはり、自分で調べることが何より大切になりますし、おそらく答えを見つけるまでにそうとうな時間が必要となるでしょう。実はここにポイントがあるのです。

「空」を調べるためにはどんな本を選べばいいのかと悩みますよね。親と一緒に考えたり調べたりすることで、自分で探求することを覚えて、どんなことでも調べてみれば限りなく世界が広がっていることを知るでしょう。そうしてやっとの思いで答えに辿り着いたとき、「やった〜!」と答えを見つけた喜びと達成感に、子供の好奇心はますます溢れ出てくるのです。

たとえ間違った答えでも「否定しない」ことが大切です

もしも子供が「1+1=1」という答えを書いたら、「それは違うでしょ!」と大きな声で言いたくなりますし、実際答えは×です。

だけど、この子がこうした答えになったのには理由があるのです。「2つの粘土玉、合わせたら1つだもん」

どうですか?算数としては間違いですが「そういう発想もあるのか」と、妙に納得させられませんか?これは、エジソンの子供時代に実際あったエピソードのひとつだそうです。

このように、たとえ間違った答えでも頭ごなしに否定をせず、どうしてこの答えになったのかをまず聞いてみましょう。そこで子供の発想に驚いたり、納得してあげた上で正しい答えも教えてあげるようにすれば、子供のやる気はきっと伸びていくはずです。

いかがでしたか?子供の「なんで?」には天才になるかもしれないカプセルが、たくさん詰め込まれているのです。長い夏休み!子供の「なんで?」にとことん付き合ってみませんか?

 




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供のアレルギー対策
赤ちゃんのアレルギー対策。自治体主催のアレルギー予防教室で守る方法を学びましょう

アレルギーを持つ子供は年々増えていますよね。 原因はさまざまですが、なってしまっ …

ルール無視な親の行動が子供をマナーを守らない悪い子にしてしまう?

社会には「犯罪者」が多く存在しますが、その人たちも元を正せば「子供」だったわけで …

「五郎丸ポーズ」でラグビーが子供にも大人気!ラグビーを習うと得られる効果とは?

ラグビーの第8回ワールドカップイングランド大会で、初の1大会3勝を挙げた日本代表 …

「うるさい!静かにしなさい!」つい怒鳴ってしまって自己嫌悪…冷静になるために「私は…」とつぶやこう!

スーパーでお買い物をしている時、「ママ〜これ買って〜!!!」と大騒ぎされてしまう …

おしっこはできるのにウンチがトイレでできない子供の対処法

オムツトレーニングを開始しておしっこはトイレでできるようになったのに、どうしても …

毒親問題
一所懸命に子育てをする親ほど毒親になる危険性が高い。拡大化する「毒親問題」あなたは大丈夫ですか?

最近よく聞くようになった「毒親」という言葉ですが、ここには根深い闇が潜んでいるこ …

母乳が出過ぎてつらい!赤ちゃんが飲みきれないときは、どうしたらいい?

赤ちゃんのお世話が始まって、「母乳がでない!」という悩みはよく聞くのですが… 反 …

子育てイライラ
子育て中のイライラの上手な解消法。育児の悩みを一人で抱えないことが大事

現在、どのような家庭環境で子育てをされていますか? ひと昔前は両親と子供に祖父母 …

赤ちゃんの「乳幼児揺さぶられ症候群」が増えている!?その「あやし方」…気をつけて!

産まれて間もない赤ちゃんは、言葉を発する代わりに「泣く」という行動で周りの人に自 …

鍵っ子の子供たちに教えておきたい7つの心得

夫婦共働きが多い現代、小学生の子供たちが自分で鍵を持って学校へ行き、帰宅後は自宅 …