みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

寝不足でつらい…短くても「良質な睡眠」でリフレッシュしましょう

   

illust3468子育てをしているママは、時間に負われて何かと大変ですよね。赤ちゃんの授乳期だと、夜もなかなか寝ていられないのが現状です。だからせめて「良質な睡眠」になるように、ちょっとしたコツを覚えておきましょう。

寝る時間の3時間前に「体を温めるものをを食べよう」

夏場はクーラーの効いた部屋にいる事も多く、快適に感じるかもしれませんが、身体の冷えは睡眠不足の原因のひとつです。良質な睡眠のためには、血のめぐりを良くして体を温めることが大切です。

唐辛子のカプサイシンやショウガのジンゲロンなど、体の中から温めてくれるのもを食べましょう。胃の中に食べ物が残っていると睡眠の妨げになるので、3〜4時間前に食べるのがいいでしょう。

思い切って「昼寝をしよう」15分以内がベストです

昼寝をしてしまうと、夜の睡眠の妨げになるのでは?と思われがちですが、昼寝には「疲労回復」の効果があり、夜の睡眠を深くする効果があるため、睡眠不足を解消するためにはおすすめです。

ただし、30分以上の時間を昼寝は、脳が睡眠モードに切り替わってしまうので、15分以内の短い時間が、脳に休息をあたえてあげるのにはベストです。

酸っぱい「チェリージュース」を飲むと効果的!?

「メラトニン」というホルモンには、自然に睡眠へと導く働きがあり、別名「睡眠ホルモン」とも呼ばれています。メラトニンの分泌が高まると、体が休息に適した状態になるので、眠気を感じるようになるのですね。

あるアメリカの大学が行なった研究で、チェリーの中でも酸っぱい種類のチェリーだけが、このメラトニンの濃度を上昇させることが分かったそうです。酸っぱいものが好きな方には、ぜひおすすめしたい方法です。

スマートフォンやパソコン、テレビは、2時間前には離れましょう

今はひとり1台以上所持している家庭も多く、常に近くに置いておく人も少なくありません。寝る直前まで使用していると、こうしたデジタル機器から発せられるブルーライトは、メラトニンの分泌を抑制してしまうので、良い睡眠が期待できません。

なるべく、眠る2時間前にはスマホもパソコンも触らないようにして、気持ちのいい睡眠へ導くようにすることが大切です。

通気性の良い、大きめのゆったりとしたパジャマを着ましょう

眠る状態を作る「パジャマ」の存在も、良質な睡眠のために出来る事があるのです。あまりきつい物や体にピッタリしすぎるパジャマは、血行を悪くしてしまい、結果としてメラトニンの分泌を下げてしまいます。

肌触りよく大きめのパジャマをゆったり着ましょう。寝汗もかくので、吸水性や通気性のよい素材のものを選ぶようにすると、より快適な睡眠をとることが出来るでしょう。

どれも難しいことではなくて、簡単に始められるものばかりです。昼寝もいいし、チェリージュースもいいし、自分の生活にあった方法を、楽しみながら色々試してみませんか?子育てで忙しい分、寝ている時間を有効利用して、良質な睡眠を手に入れましょう!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

謙遜しすぎるのは考えもの!?「自分が好きだ!」と言える子供に育てよう!

「お利口さんなお子さんですね!」と誰かに褒められたとき、あなたはどんな返事を返し …

脳科学に基づいた教育方法!「久保田式」の子育てで0才から脳の基礎を作っていきましょう

赤ちゃんを授かり、出産し、我が子に出会えた喜びは何にも変えられる事はできません。 …

育児腰痛
育児腰痛を和らげる4つのコツとおすすめストレッチ

産後、腰痛に悩まされる女性はとても多いと言われています。 その原因のひとつが“骨 …

知らないうちに「ダメな子」に育てていた?見直したい親の行動5つ

「わが子がいい子に育ちますように…」そう願うのは親であれば誰しも思うことでしょう …

早くしなさい
子供が指示待ち人間になってしまう「早くしなさい」という親の口癖

朝の登園準備をしているのに、テレビを見たまま動かない子供… 「何してるの!早くし …

子供服を安く手に入れる方法。フリーマーケットやリサイクルショップを使う時のコツは?

子供の服ってサイズアウトが本当に早い!今の季節にしか着れない服は、買っても着るの …

「熱性けいれん」ってどんな症状?起こってしまった時の対処法を知り、パニックを起こさず冷静に処置しましょう

小さなお子さんを持つパパママには「熱性けいれん」という言葉、一度は聞いた事あるか …

子供の自己肯定感
ポジティブ思考の子供に育てる方法。成功体験を積み上げて自己肯定感のある子供に育てよう

この「自己肯定感」という言葉、聞いたことありませんか? 最近、幼児教育の現場では …

落ち着きのない子供になる?「ながら子育て」は今すぐ止めよう!

時間に追われている現代社会では、子育てと言えども例外ではなく、パパもママも子供と …

子供の食べ物の好き嫌いを直す方法。叱るのではなく時間をかけて直そう

野菜嫌い、お肉きらい、果物嫌い!子供の好き嫌いに頭を悩ませるママはとても多いと思 …