みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

暑い夏にご用心!子供の大敵「あせも」を防ぐ方法3つ

   

illust3086じめじめした梅雨が終わるとやってくる暑〜い夏!レジャーも楽しくてわくわくしますが、汗をかくこの季節は子供にとっては「あせも」になりやすいので油断できません。一度なってしまうとかゆくて掻きむしる子供が可哀想…。3つの方法を覚えておいて、あせもにならないように注意したいものです。

室内温度に気をつけて!温度と湿度を快適に保ちましょう

やっぱり夏はエアコンが大活躍ですが、ただ付けているだけではありませんか?人が夏に感じる快適な温度は27〜28℃、快適だと感じる湿度は50〜60%なんだそうです。これを目安に家庭のエアコンを設定することをオススメします。

さらに、エアコンと同時に扇風機も使うと節電効果も期待できます。

寝苦しい夜などは寝汗をかき、「あせも」の原因にもなるので、エアコンが苦手という場合には、水枕や冷却シートなどを上手に利用すると涼しく寝付くことができるでしょう。冷却効果のある布団などもあります。

汗をかいたら洗い流す!汗の出口をふさがないように注意しましょう

夏に子供とお出かけをして帰って来たときなど、汗でびちょびちょになっていることがありますよね?その状態では、汗の出口は皮脂汚れでふさがれてしまっているので、さらに汗をかくことが出来ません。そうすると炎症をおこして「あせも」になってしまうのです。

家にいるのであれば、シャワーなどで子供の汗を流してあげましょう。このとき、熱いお湯だと皮膚のうるおいを奪いやすいので、ぬるめのお湯がいいでしょう。水鉄砲などのおもちゃを用意しておいて、水遊び感覚で汗を流すのも楽しそうですね。汗をかいたときは、なるべく体を清潔に保つことが「あせも」予防にはかかせません。

「ゴボウ」があせも予防に効果抜群だって、知ってましたか?

あせも予防にゴボウが効果的だったなんて、ちょっと意外な気もしますが、ゴボウに含まれるセルロースやリグニンが腸内の善玉菌を増やす働きがあり、腸内環境が改善されると肌を健康に保つ効果があるんだそうです。さらに免疫機能を活性化させる働きもあるので抗炎症作用もあり、あせもを予防してくれるのです。

もっというと、タンニンには制汗作用もあるので、汗が原因のあせもには、絶大な予防効果があるのですね。ちょっとびっくりです。

他にも、魚に含まれる脂肪酸、緑黄色野菜のビタミン、塩のミネラルもあせもに効果的なので、覚えておくといいですね。

 「汗」は体の体温調節をしてくれる大切な役割を担っているのです

「あせも」を防ぎたいからといって汗をかかないようにするのは考えものです。赤ちゃんのころから汗をかかない生活をしていると、汗腺が開かないので体温調節がうまく出来ない体になってしまいます。

汗をかくことは体の正常な働きです。夏場に汗をかいたときの対処をしっかりすることで、「あせも」は防げるのですね。

気持ちのいい夏を過ごす事ができるように、工夫して夏を乗り切っていきましょう!

 

 




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

お父さんにも育児に参加してほしい!心強いパートナーに育てよう!

今はもはや当たり前の存在になりつつある「イクメン」。 しかし、まだまだイクメンに …

父親の家庭での役割は子供に仕事について語ること。子供に働く大人の背中を見せよう

近年では、父親が子育てに参加することが当たり前になってきましたが、それでも男性の …

七五三って、数え年がいいの?それとも満年齢がいいの?

夏が過ぎれば、本格的に七五三シーズンに入りますね。 多くの写真館が、早い段階で七 …

子供の仕上げ磨きは何歳まで?小学生になれば大丈夫?

生後5~6カ月くらいになると、赤ちゃんには可愛い乳歯が生え始めますね。ママは毎日 …

授乳中の頭痛…薬って飲んでも大丈夫なの?

授乳中だけれど、お母さんも人間ですから体調不良くらいにはなりますよね。 特に多い …

我が子を大学まで進学させたい…無理なく貯金するのはいつがベスト?

お子さんが産まれると、その子の将来を考えたり夢を見たり…親御さんの期待は膨らむで …

子供部屋をオシャレな家具や収納道具でスッキリ!インテリアの選び方

子供部屋ってカラフルな玩具が多く、整理整頓しているつもりでも、どうしても見た目に …

パパママ呼び方
子供をお手伝い上手にさせる心得。子供のやる気を伸ばすことが大切!

子供は毎日、何かしらのお手伝いをしていますか?子供が「お手伝いをしたい!」と言っ …

子連れで電車はマナーが心配。どこまで大丈夫??

子連れでお出かけはたくさんしたいですよね。でも電車に乗るときにちょっとドキドキハ …

最初は良かったのに…苦手になってしまったママ友との付き合い、どうする?

子育てをするうえで必ずと言っていいほどついて回る「ママ友」という存在。 あるとき …