みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

暑い夏にご用心!子供の大敵「あせも」を防ぐ方法3つ

   

illust3086じめじめした梅雨が終わるとやってくる暑〜い夏!レジャーも楽しくてわくわくしますが、汗をかくこの季節は子供にとっては「あせも」になりやすいので油断できません。一度なってしまうとかゆくて掻きむしる子供が可哀想…。3つの方法を覚えておいて、あせもにならないように注意したいものです。

室内温度に気をつけて!温度と湿度を快適に保ちましょう

やっぱり夏はエアコンが大活躍ですが、ただ付けているだけではありませんか?人が夏に感じる快適な温度は27〜28℃、快適だと感じる湿度は50〜60%なんだそうです。これを目安に家庭のエアコンを設定することをオススメします。

さらに、エアコンと同時に扇風機も使うと節電効果も期待できます。

寝苦しい夜などは寝汗をかき、「あせも」の原因にもなるので、エアコンが苦手という場合には、水枕や冷却シートなどを上手に利用すると涼しく寝付くことができるでしょう。冷却効果のある布団などもあります。

汗をかいたら洗い流す!汗の出口をふさがないように注意しましょう

夏に子供とお出かけをして帰って来たときなど、汗でびちょびちょになっていることがありますよね?その状態では、汗の出口は皮脂汚れでふさがれてしまっているので、さらに汗をかくことが出来ません。そうすると炎症をおこして「あせも」になってしまうのです。

家にいるのであれば、シャワーなどで子供の汗を流してあげましょう。このとき、熱いお湯だと皮膚のうるおいを奪いやすいので、ぬるめのお湯がいいでしょう。水鉄砲などのおもちゃを用意しておいて、水遊び感覚で汗を流すのも楽しそうですね。汗をかいたときは、なるべく体を清潔に保つことが「あせも」予防にはかかせません。

「ゴボウ」があせも予防に効果抜群だって、知ってましたか?

あせも予防にゴボウが効果的だったなんて、ちょっと意外な気もしますが、ゴボウに含まれるセルロースやリグニンが腸内の善玉菌を増やす働きがあり、腸内環境が改善されると肌を健康に保つ効果があるんだそうです。さらに免疫機能を活性化させる働きもあるので抗炎症作用もあり、あせもを予防してくれるのです。

もっというと、タンニンには制汗作用もあるので、汗が原因のあせもには、絶大な予防効果があるのですね。ちょっとびっくりです。

他にも、魚に含まれる脂肪酸、緑黄色野菜のビタミン、塩のミネラルもあせもに効果的なので、覚えておくといいですね。

 「汗」は体の体温調節をしてくれる大切な役割を担っているのです

「あせも」を防ぎたいからといって汗をかかないようにするのは考えものです。赤ちゃんのころから汗をかかない生活をしていると、汗腺が開かないので体温調節がうまく出来ない体になってしまいます。

汗をかくことは体の正常な働きです。夏場に汗をかいたときの対処をしっかりすることで、「あせも」は防げるのですね。

気持ちのいい夏を過ごす事ができるように、工夫して夏を乗り切っていきましょう!

 

 




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

最初は良かったのに…苦手になってしまったママ友との付き合い、どうする?

子育てをするうえで必ずと言っていいほどついて回る「ママ友」という存在。 あるとき …

エリート家庭ほど危ない!?子供が非行に走ってしまう原因を親が作っていませんか?

子供が親に暴力をふるうなどの事件が増えていて、その原因はさまざまですが、中には何 …

姉妹喧嘩の仲裁
姉妹喧嘩が絶えない子供には共感を示すことで仲裁できる

姉妹の喧嘩は兄弟に比べると比較的おとなしめ・・・と思われがちですが、実はその根は …

これって突発性発疹?!3歳までの子どもの急な発熱には注意!

その名前の通り、突発的に症状がでることで知られる突発性発疹。 特に赤ちゃんが産ま …

子供のお手伝いにお駄賃は必要?お金の管理能力はお小遣い制がおすすめ!

「お駄賃」の意味をご存じでしょうか。昔は頼まれ事などで足と時間、労力を使って動い …

子供同士の喧嘩・トラブルに親はどこまで介入すべき?親には知られたくない子供の気持ち

小学生、特に3年生頃になると、子供は自分の意見をしっかり持つようになります。それ …

夏休み明けが心配!?子供のSOS、見逃さないで!

最近のニュースで「子供の自殺が一番多いのは、夏休み明けの9月1日です」と騒がれて …

習い事
塾と習い事、小学校高学年の子供はどっちを優先するべき?両立は出来る?

塾と習い事の両立について 小学校も高学年になると、だんだんと忙しくなり、いつか「 …

発達障害の子供との付き合い方。子供にどう説明したらいい?

ここ数年、育児をしている方は「発達障害」という言葉を必ずと言って良いほど耳にして …

叱り方を間違えて「無気力な子供」になってしまう育て方していませんか?

子供は環境で育つと言われています。 どんなふうにパパやママと関わって来たのかは、 …