みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供に洗濯干しのお手伝いを頼む6つのメリット

   

cf515
子供にとって、お手伝いに大切なポイントは「考えて出来ること」「やり遂げたという達成感を感じられること」「褒められること」の3つにあると考えます。

ママがやって欲しいこと=子供が出来ることに差があると、ママのイライラが高まったり、叱る、子供のやる気が損なわれるといった悪循環を導き出します。子供がお手伝いをやりがたり始めるのは幼児期に多く、その時に最適なお手伝いとして洗濯干しをおすすめします。そのメリットとは!?

メリットⅠ 考えながら実践することができる

ハンガーに干すか、ポールに干すか。ハンガーに干すときはどうやったらキレイに干せるか(肩のラインを合わせる)、シワにならないためにどうすれば良いか(たたいてシワを伸ばす)、洗濯バサミを止める場所はどこが良いかなど、様々な点で考える力を要されます。そして、それは非常に難しいことではないので、教えれば幼児でもきちんと受け止め、実践することができるのです。

メリットⅡ やり遂げたという達成感を得られやすい

枚数が決まっているので、目に見えて「できた!」と実感しやすいのもメリットです。家族が多くて1人で干すのが無理な場合は、「〇〇ちゃんの分を干してね」「こっちのカゴの分をお願いね」などと、出来る範囲で量を決めてあげましょう。

メリットⅢ 褒める部分がわかりやすい

最初は干し方が上手ではないかもしれません。出来ない部分は責めずに、見ていないところでこっそり直してあげてください。そして、まずはやり遂げたことを褒めてあげましょう。次第に上手になってきたら「ハンガーにも上手にかけられるようになったね!」「シワがきれいに伸びているわ!」と、褒める部分も増えてきます。洗濯干しは、子供の力量でも褒める部分が出やすいお手伝いです。

メリットⅣ 失敗も手直ししやすい

食器洗いは汚れや泡が残っていたらすべてやり直さなければなりません。お料理は余計に時間がかかり、後片付けという作業が増えます。しかし、洗濯干しは子供が下手に干しても、さっと手直ししやすいのでイライラしなくて済むのも良い点です。子供にやってもらう分は、まずは自由に干させてみてください。

メリットⅤ 一緒にできる

洗濯を干す場所にもよりますが、大抵はそれほど狭い場所ではないでしょう。子供と一緒に取り組むことができるので教えやすく、話をしながら楽しく作業ができます。

メリットⅥ 次のお手伝いに発展しやすい

自分で干した洗濯物がきれいに乾くと、「〇〇ちゃんが干してくれたの、ふわふわに乾いたよ~!」と言えば、「本当だ~!」と、次は取り込んで畳む作業を手伝いたがるでしょう。たたむ作業は干すことよりも難しく、ママの対応にも気持ちの余裕が必要ですが、子供が慣れてくると立派なお手伝いとして役に立ってくれます。その練習だと思い、どんどん挑戦させてあげましょう。そうして自分でたたんだ物を、今度は片付けるという作業に発展し、お手伝いが楽しいと思ってくれると他のお手伝いにもつながる可能性は大きくなります。

お手伝いは強制することではありません

「手伝って!」「やってちょうだい!」などとお手伝いを強制するのは良くありません。子供のやる気を引き出すには、「やりたい!」と言ったその時に、面倒くさがらずやらせることです。どんなに忙しくても、どんなに余計な手間がかかっても、やってくれようとした気持ちに感謝をし、結果に関わらず「ありがとう」と笑顔で伝えることが大切です。感謝してくれたという喜びこそがお手伝いの醍醐味。嬉しい気持ちが子供のやる気を掻き立てます。幼児期は何事もお勉強。練習を始めたばかりですから、結果ばかりを期待しないように注意しながら、上手にお手伝いの腕を磨いてあげてくださいね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

もしかしてウチの子左利き?!右利きに直したほうがいいの?そのままにする?

    全国には、10〜20%の割合で左利きの人が存在しています。 これは、三万 …

パパママ呼び方
子供をお手伝い上手にさせる心得。子供のやる気を伸ばすことが大切!

子供は毎日、何かしらのお手伝いをしていますか?子供が「お手伝いをしたい!」と言っ …

意外に多い子供の便秘!!その原因と対処法は?

便意を催してトイレに座るけど、便が出てこない・・ お腹だけが痛くて、ウンチが出て …

子供がトイレトレーニングを始める時期・年齢はいつから?

2才を過ぎて幼稚園入園を意識しはじめると、「そろそろおむつはずしも始めないと…」 …

天才の子供教育法
上手な子育てによって天才児を作ることができる。天才を生み出す教育法とは?

時に世間を騒がせる「天才児」の存在は「スゴいな!」と思う反面、「うちの子だっても …

子供のアレルギー対策
赤ちゃんのアレルギー対策。自治体主催のアレルギー予防教室で守る方法を学びましょう

アレルギーを持つ子供は年々増えていますよね。 原因はさまざまですが、なってしまっ …

親の行動が子供の好奇心を奪ってしまうかも?「無意識過保護」に要注意!

自分でいろいろ出来るようになる2〜3才ごろは、親としては心配な時期でもあるし、成 …

ママ友にプレゼント
ママ友の誕生日にオススメのプレゼント。予算3000円から価格別まとめ

「来月ママ友の誕生日なんだけど、何をプレゼントしようかしら…」 何かとお付き合い …

習い事
塾と習い事、小学校高学年の子供はどっちを優先するべき?両立は出来る?

塾と習い事の両立について 小学校も高学年になると、だんだんと忙しくなり、いつか「 …

育児ノイローゼ対策
育児を一人で抱え込まないことが大切。母親の育児ノイローゼを防ぐ方法は?

毎日かわいいお子さんとの生活。話しかけたらにっこり微笑んでくれたり、作ったものを …