みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

食事で育脳!頭の良い子を育てる食事の仕方

   

ダウンロードg
子供の脳は勉強だけでは育ちません。勉強した内容を上手に取り入れるためには、勉強の仕方や時間などの他に「食事」が大きくかかわってきます。

食事は体に栄養を摂り込み身体を育むだけでなく、脳を育てるのに大きな役割を果たします。その内容を詳しくご説明します。

6歳までの食事が脳の土台を作ります

人は産まれてから乳幼児間に、脳の神経細胞が分裂と増殖を繰り返し、6歳で大人と同等の大きさにまで成長し、大脳や小脳の細胞分裂はそこで完了します。つまり、その時期に摂る食事は脳の成長に大きく影響すると言えるのです。その事に後から気が付いても、もう取り戻すことはできません。必要な時に、必要な栄養素をしっかり摂ることが大切なのです。

噛むことが脳をたくさん刺激します

乳児の離乳食では、最初は飲み込むことから始め、徐々に形のある物へと進めて“噛む”ことを覚えさせます。この“噛む”という行為が、脳に大きな影響を与えることがわかっています。噛むことで脳に食べ物の情報が伝達され、硬さを把握し、どの程度噛んだら良いかを瞬時に判断します。食べても良いか、悪いか、どのような食感かなど、食べ物の情報の判断は口ではなく脳が行うのです。ですから、噛む回数が多ければ多いほど、脳はたくさんの刺激を受けて成長するのです。そうして成長した脳は、食べ物との関係だけでなく、体全身や心の問題にも深くかかわってきます。ですから、勉強をするために必要な集中力、忍耐力、記憶力、考える力、感じる力など様々な方向から勉強に非常に役立つと言えるのです。

食事を含んだ規則正しい生活サイクル

噛むことの他に、もうひとつ大切なことがあります。それは、生活に取り入れる食事時間です。朝起きて少し体を動かし、お腹が空いてから朝食を摂ることで午前中に必要な栄養を効率よく吸収します。朝食で脳が満たされている子供は学校での授業に集中して取り組むことができるでしょう。同じように、昼食は午後からの活動に必要なエネルギーとなります。そして夕食は、質の良い睡眠をとるために必要な栄養となります。人は眠っている間に記憶力が増します。夜に勉強したことは夜中、眠っている間に脳がしっかり記憶するのです。このように、3度の食事にはそれぞれの時間帯に必要な栄養であり、きちんと摂取すれば正しく使われるのです。

食事環境は、勉強に必要な心の栄養になります。

家族が揃った食卓で、楽しく食事をする家庭の子供は心が落ち着いています。家族に話を聞いてもらえる、自分の存在価値を自分自身で見いだせる、そのような子供は心が強くなります。心の落ち着きや強さは、勉強を続けるために必要です。中学、高校の孤独な試験勉強に打ち勝つ活力となります。ですから、毎日の食事を楽しみにできることはとても大事なことなのです。

食事が生きる力を育みます

勉強で生きる力が育つでしょうか。勉強ばかり熱心になり、豊富な知識を蓄えて、家族との会話やコミュニケーションはそっちのけ。とりあえずお腹を満たすだけの食事をする。これでは心が孤独になります。勉強で培った知識を、将来、どう役立てる力が付くでしょう。反対に、家族との触れ合いの中で毎日の食事を楽しむことのできる子供は、心が満たされます。気持ちに余裕があれば、勉強も頭に入りやすくなります。そして、例え結果に結びつかなくても、次なるステップを求めて更なる勉強に取り組む力が身に付きます。食の質が落ち着いてる、学力が低下している、と騒がれている今の時代だからこそ、子供の脳を育てるためには何が大切なのかを、もう一度考えてみるべきではないでしょうか。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

「おはよう」でモチベーションアップできる?!知っておきたい挨拶のメリット

挨拶をすることは、生活の基本ですよね。保育園・幼稚園、学校生活においても挨拶をす …

クーラーなしでもこんなに涼しい!上手なエコで楽しく節電しよう!

何かと電気代のかさむ夏だから、少しでも節電したいものですね。中でも一番電気代にか …

脳に効く!?「ブレインフード」を食べて頭のいい子を育てませんか?

みなさんは「ブレインフード」という言葉を聞いたことはありますか?日本では「脳機能 …

4〜5才になったら「ひらがな」にチャレンジ!楽しく取り組むコツ3つ

小学校に行くと必ず勉強する「ひらがな」ですが、4、5才になると自分から「書いてみ …

子どものおもちゃ、厳選したほうがいい?それともたくさんあったほうがいいの?

子どものおもちゃは、赤ちゃん用品店などに行くと実に様々なものが売られていて、次か …

赤ちゃんの「イタズラ」は怒っちゃダメ!?脳が育っているって本当?

赤ちゃんがハイハイ出来るようになり、歩けるようになり…と、だんだん行動範囲も広が …

親に気を使う子供
親に気を使う「いい子」は問題児になる可能性がある?自分の意見を言えない子供の危険性とは

お利口さんでお行儀のいい子っていますよね。 もちろん、ご両親の育て方が素晴しいか …

妊娠高血圧症候群の危険性!高齢出産でなければ大丈夫!…とも限らない?

妊娠高血圧症候群という病気をご存じですか?妊娠しているママや、そのお腹にいる赤ち …

整理整頓や片付けで子供に考える力をつける!「収育」教育法とは?

「収育」という言葉を聞いた事はありますか? 今までの「整理整頓」とはちょっと違っ …

七五三って、数え年がいいの?それとも満年齢がいいの?

夏が過ぎれば、本格的に七五三シーズンに入りますね。 多くの写真館が、早い段階で七 …