みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

「食育」は家族の笑顔がいちばん大切。ママに任せず家族も協力しよう。

   

illust1042
2005年に食育基本法が成立されました。今では一般的に使われる「食育」という言葉ですが、本来の意味をそのまま捉えて大きな負担だと感じているママが非常に多いという現実があります。人の体は食べた物で作られ、また食事は生きていればこの先ずっと付いて回るものです。

食べることへの意識や食材の知識を子供に教えることはとても大切ですが、もっと大切にしなければならないことは、ママ自信が食育を負担に思わないということではないでしょうか。では、その食育を楽しみながら、毎日の食事作りを快適にするために、「食育」をどう捉え、実践していけば良いのでしょう。

食育の本来の意味

健康を保つために健全な食生活を営むことが最も重要な食育の意味です。そのためには食材の栄養や流通について知り、調理方法を身に付けることが欠かせません。日本の伝統食である「和食」には健康を保つ要素が豊富に含まれているため、和食の基本を学びながら身に付けることが大切なのです。それらを家庭だけでなく、学校教育・生涯学習の場において子供たちが学ぶ機会を多く設けることが必要とされ、各会社や学校でも食育をテーマとしたイベント等が開催されています。

家庭における食育が拒まれつつある理由

現代に生きるママたちは、とても忙しいのです。仕事に行くために朝早くから準備をし、帰宅後の就寝時間までの間は怒涛の時間でしょう。そのため、毎日の食事に手間をかけている暇がありません。そのうえ、スーパーに行けば手軽に食べることができる冷凍食品やお惣菜が豊富に並んでいます。それらを買ってきて子供に食べさせていれば、食事を簡単に済ますことができます。野菜やお肉を買ってきて調理し、食卓に並べて食べるときはその知識について子供に教える、そんなことをしている余裕はない!というのが正直なところではないでしょうか。そこに「食育は大切」「手作りの食事を!」と押し付けられるようにその良さを訴えられれば、拒否したくなる気持ちもわかります。

頑張っているから疲れるのです

それでも、忙しいママたちはとても頑張っていると思います。子供のお世話をし、仕事をし、そして買い物に行く。これだけでも充分すぎるほど頑張っています。食事の用意では、何が好きとか嫌いかを考え、昨日と同じ内容にならないよう工夫し、家計内でやりくりをして買ってくる・・・そうして用意した食事を「これ嫌い!」の一言で残されたら、嫌気がさすのも当たり前。毎日の食事作りに疲れを感じてしまうのは仕方がありません。

家族ができる協力

ママが食事作りを楽しめば、食卓が明るく笑顔が溢れます。そのためには、家族の協力が必要不可欠です。何を用意されても文句を言わないでください。どうしても嫌いなものは、食べられる家族に食べてもらうなどで残さないようにしてください。昨日食べた物と同じでも、美味しければ良いではないですか。時々冷凍食品やお惣菜、レトルトのご飯であっても、その味を楽しんでください。そうしていれば、ママは負担に感じず、出来る範囲内での食事作りを楽しめるようになるはずです。

「美味しそう!」がママの励みです。

ママが考えて出してくれた食事を見たら、ひとこと「美味しそう!」と言ってください。食べたら「美味しいね」と言ってください。それだけでも、ママの気持ちは嬉しくなるものです。もっとこういう物が食べたいという希望があれば、聞き入れてくれる心の余裕ができるはずです。ママの料理の腕は、家族の協力にかかっていると言っても過言ではありません。

家族の笑顔こそが食育

家族が喜んでくれることがママの食事作りの励みであり、ママの笑顔に繋がります。ママが楽しんで食事を作ることが家族を笑顔にし、美味しい料理を食卓へ運びます。食事を美味しいねと言いながら楽しんでとれば、子供も自然と食事に対する意欲が沸き、これは何?これはどうやって作るの?と興味関心も高まるでしょう。それこそが、現代の食育において一番大切なことではないでしょうか。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

コミュニケーション能力が低下する?気をつけよう!幼児期の『夜更かし』

赤ちゃんの頃は眠る感覚が短いので、夜も昼も眠る生活でしたが、1〜2歳になると体も …

思春期になっても「パパが大好き」な子供を育てるためには?

「パパ嫌い」「パパはいなくてもいい」という子供たちの声をよく耳にします。時には、 …

失敗した時こそ褒めるべきだった!困難にもめげない子供に育てるには?

昨今の若者が社会に出たとき問題になるのは、上司に起こられたからという理由ですぐに …

お出かけには何を持って行く?子育てママに便利な持ち物を見てみよう!

夏休みも真っただ中で、お子さんと一緒にお出かけする機会も多いのではないでしょうか …

パパやママの都合で子供の習い事を安易に決めていませんか?子供の将来を視野に入れて選択を!!

今、子供の習い事はスポーツ系から文科系、学習塾など多種多様にあります。愛する我が …

子供のアレルギー疾患が増えている…食物アレルギー、気をつけたいこととは?

少し前に食物アレルギーを持つ子供が学校給食を誤食して、残念ながら亡くなってしまっ …

授乳中の頭痛…薬って飲んでも大丈夫なの?

授乳中だけれど、お母さんも人間ですから体調不良くらいにはなりますよね。 特に多い …

ダラダラ叱るのは逆効果!?「一発」で子供に届く叱り方に切り替えよう!

子供を叱るのは、今後、同じ間違いをしないようにして欲しい…という親の気持ちを子供 …

脳科学に基づいた教育方法!「久保田式」の子育てで0才から脳の基礎を作っていきましょう

赤ちゃんを授かり、出産し、我が子に出会えた喜びは何にも変えられる事はできません。 …

子供のコミュニケーション力
コミュニケーション力の高い子供に育てる方法は?外に遊びに行くことの大切さ

近年、文部科学省では「コミュニケーション教育推進会議」を設置し、子供たにのコミュ …