みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供に教える食事のマナー。よく噛んで食べることの大切さを教えよう

   

1yasai
食事中、子供に「早く食べなさい!」と急かしたり、「片付かない・・・」とイライラすることはありませんか?
1日3度の食事、しかも毎日のことですから、忙しいママが早く済ませたいと考えてしまう気持ちはよくわかります。

子供やパパは食べ終わったら満足して終わりですが、ママにはその後の片付けが待っているのですから・・・しかし、子供にとってゆっくり食事をすることは、よく噛むことにも繋がり、とても大切なことです。では、なぜ噛むことが必要なのでしょうか。その内容と、子供のペースに付き合う工夫をお話しします。

噛むことの大切さ

食事はよく噛んで、ゆっくり食べましょうと言いますが、その理由をご存じでしょうか。噛むことには次のような、たくさんのメリットがあります。
・食べ物と唾液が混ざり、消化を助けて胃に負担をかけない。
・噛むことで脳を刺激し、満足感が得られやすい=太りにくい。
・舌が味を感知しやすく、素材の味を知ることができる。
・唾液の分泌量が増えて虫歯予防になる。
・顎が発達し、歯並びが良くなる。
・前頭葉が刺激され、落ち着いて考える力が育つ。
・脳への刺激が多くなり、老化防止に役立つ。

子供が上手に噛めるようになるために

基本的に洋食は口の中でまとまりやすく、噛む回数が少なくても飲み込むことができる物が多いです。しかし、和食に多く使われる根菜類や繊維野菜、練り物製品はまとまりにくく、噛まなくてはなりません。そのような食材を豊富に取り入れましょう。また、ご飯は噛めば噛むほど甘さが引き立ち、素材の味を感じられます。特に子供が小さいうちは、教えるために大人が「もぐもぐ」と口をしっかり動かして、噛む姿を見せてあげましょう。

食べる時間がない!?

噛む回数を増やすと、必然的に時間がかかります。そのために、食事の時間をいつもの倍、とるように時間配分を考えてみてください。例えば7時から夕食をとっているご家庭は6時に用意する。朝食に時間をとるために、起きる時間をいつもより30分~1時間早めるなど、工夫して食事の時間を多く作るように心がけることから始めてみてください。

子供は大人の倍、時間がかかります

子供は食べるのに時間がかかることを、初めから頭に入れておくことです。家族全員が揃って「いただきます」と「ごちそうさま」をすることは大切かもしれません。しかし、それでイライラしていては何の意味もないと思いませんか?それならば、子供だけ手を付け始める時間を早めたり、食べ終わった人から片付けても良いとしましょう。「いただきます」か「ごちそうさま」の、どちらかだけを一緒にすれば良いと、おおらかに捉えることでイライラが解消されるのではないでしょうか。

一人ぼっちは避けましょう

たとえ子供だけ先に「いただきます」をさせるとしても、「ごちそうさま」が全員そろわなくても、子供を一人ぼっちにさせてしまうと食事が楽しくありません。ママは横で子供と話をするなり、食事の支度をしている傍に食卓テーブルを置いて先に食べさせるなりの工夫をしてください。一人の食事は寂しく、集中できません。そばにいて、「今日のおかずは〇〇が入っているの」「このおかず、好き?おいしい?」などと会話をしながら食べることも、ゆっくり食べることに付き合う上手な方法です。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

ママ友を作りたい!仲良くなれる言葉がけとは?

様々なトラブルなどから、どちらかというとマイナスなイメージが先行しているママ友付 …

「口先だけ」で叱っていませんか?子供が将来恥をかいてしまうNGな叱り方とは?

将来子供が大人になったとき、その立ち振る舞いを見れば、どんな環境で育ったのかが見 …

「歯は命」 子供の大切な歯を虫歯から守る方法!!

初めての小児歯科には苦い思い出があります。歯が生えそろった頃から気をつけて歯磨き …

毎日起こる「兄弟ゲンカ」その対処法教えます

お友だちとは仲良く遊べるのに、なんで兄弟だと家でケンカばかりして…そんなご家庭も …

中学生のニキビ治療
中学生の思春期ニキビ治療法&予防法。スキンケアで10代の肌荒れは防げます

早い子で小学校高学年になると、顔にニキビが出始めます。 中学生特有の思春期ニキビ …

知らないうちに「ダメな子」に育てていた?見直したい親の行動5つ

「わが子がいい子に育ちますように…」そう願うのは親であれば誰しも思うことでしょう …

小学生の子供の夜尿症を治す!おねしょの原因は意外なところにあることも

子供はスムーズにいけば幼稚園入園前に夜中のおむつが外れます。個人差があり、幼稚園 …

鍵っ子の子供たちに教えておきたい7つの心得

夫婦共働きが多い現代、小学生の子供たちが自分で鍵を持って学校へ行き、帰宅後は自宅 …

集中力のない子供。勉強も習い事も毎日の「ちょっとずつ」で集中力を高めましょう

家で遊んでいる子供の様子を見ていると、やはり好きな事をしている時は「集中している …

子供が歯みがきを嫌がらないように低月齢の頃から歯磨きトレーニングしよう!

1歳半から2歳くらいで、だんだんと歯が生え揃ってきて、それと同時に虫歯になりやす …