みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供の育てたい「個性」は生後3年間で決まる!赤ちゃんにはいっぱい触れましょう

   

illust942今は時代もグローバル化が進み、どんどん世界へ進出していく人たちが増えています。これからはますます「個性」が重要視されていくでしょう。個性は生後3年間で決まると言われていますが、その大切な時間にパパママがしてあげられることは、どんなことなのでしょうか?

神経回路のネットワークが形成されることにより、豊かな感情が育まれます

新生児の脳は成人に比べて重さが30%しかありませんが、3才になる頃にはそれが70%にまで大きくなることが、最近の研究で分かっています。

この時期の神経回路のネットワークの成長は著しく、さまざまな刺激を受けた赤ちゃんは「楽しい」「面白い」「悲しい」などの感情を持つようになります。感情が生まれているということは、パパママが笑いかけたり、話しかけたりしたことが全て赤ちゃんの脳への刺激となり、さらに表情を豊かにするきっかけとなるのですね。

このように、赤ちゃんの「脳」を刺激するのは、パパママの対応が大きな役割をしているのです。

赤ちゃんに触れて、話しかけて、「大好きだよ!」の気持ちをいっぱい伝えましょう

3才までの脳の発達は目覚ましく、言葉、感情、生活習慣、人の顔や名前…3才までに覚えて活用できるようになる事柄が本当に多いことに驚きます。反対に、この時期に何も刺激を与えられずに育ってしまったとしたら、「楽しい」という感情も生まれませんし、言葉も理解できないままでしょう。

ですから、赤ちゃんにはどんどん触れてスキンシップをして、どんどん話しかけることを心掛けましょう。パパママからたくさんスキンシップをしてもらうことで、赤ちゃんは心地よい状態になり、さらに「嬉しい」「楽しい」という感情を持つと「オキシトシン」というホルモンの分泌が盛んになります。

これは別名「愛情ホルモン」とも呼ばれ、子供の基礎となる「人格」を作る大切なものです。社会性や信頼感の形成など、人間関係を円滑にする能力を養う効果も期待できるでしょう。

パパママの温かな「見守り」が、子供の「チャレンジする心」を育てます

パパママからの愛情をスキンシップなどで感じとって育った子供は、いつも安定した気持ちで過ごすことが出来ます。そうすると興味関心があちらこちらに芽生えていくので、自分の「やってみたい!」という気持ちを高めることにもなりますよね。パパママが見守ってくれている安心感が、子供の「チャレンジ精神」を育んでいくのです。

「パパママ!見ててね!」と公園のちょっと高い場所からジャンプすることや、ねんどでコツコツと動物さんを作って動物園を作りあげたり…「やった!できた!」という成功体験が積み重なると、今度は子供は「自信」を持つ事ができるのです。子供の「やりたい!」を見つける力は、こうして育まれていくのですね。

3才までに愛情を持って赤ちゃんと接することが、子供の「個性」を育てることになり、心の安定感が人をグングン育たせることがお分かりいただけたと思います。「触れ合い」を大切にした子育てをしてくださいね!

 




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

服飾品、レジャー、家族旅行…やりたい事はきりがない!浪費体質から脱出する方法とは?

「私って浪費家主婦かしら…」毎月の家計簿を見て赤字が多かったりすると、お金のやり …

娘に質問してみました!!「子育て中のママたちに言いたいことってどんなこと?」

同じ屋根の下に一緒に住んでいる以上、子供のことを気にしないっていうのは無理!! …

「どうして勉強するの?」子供の質問に答えられますか?

子供に毎日「勉強をしなさい」「宿題をしなさい」とオウムのように毎日繰り返し言うこ …

子供の地頭力を鍛える
ピアノを習っている子供は頭が良くなる。音楽が子供の地頭力を鍛えるのに役立つ理由とは?

英語、体操教室、リトミック…。 お子さんに「何か習い事をさせてあげたいけど、どれ …

子供のアレルギー対策
赤ちゃんのアレルギー対策。自治体主催のアレルギー予防教室で守る方法を学びましょう

アレルギーを持つ子供は年々増えていますよね。 原因はさまざまですが、なってしまっ …

暑い夏休み、低予算で子供と一緒に遊ぶ方法まとめ

ながいながい夏休み。さらにここ数年、外の気温は異様なまでに上昇しています。 暑さ …

集団学習塾
家庭教師と集団学習塾のメリット・デメリット比較。子供に合っているのはどっち?

お子さんの将来のことを考えると、やはり教育には力を注いであげたいものです。 です …

離乳食に豆腐を活用!赤ちゃんにおすすめの豆腐簡単レシピのご紹介

子供の体の形成に必要なタンパク質。中でも豆腐は高タンパクであり、脂が少ないという …

「買って買って!」はチャンスかも!?お金の教育をするにはどうしたらいいの?

赤ちゃんの頃から不自由なく周りの人がお世話をしてくれ、自分の足で立って歩けるよう …

子どもの散髪
小さな子供の髪を自宅でカットする時に心得たいポイント4つ

子供が小さいうちは、子供自身が美容院に行きたがらない、費用を節約したい等の理由か …