みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供の話を聞く事の重要性。子供との信頼関係は聞くことから始まる

   

illust1708
子供にとって、親に話を聞いてもらうことはとても大切なことです。親子のコミュニケーションをとるためだけでなく、子供が心に抱える不満や不安を吐き出したり、親が子供を知ることにも繋がります。それがどんな内容の話であっても、どんなに忙しい状況でも、「ちょっと待って!」とその場から逃れることだけは止めましょう。その「ちょっと待って!」を言うことに、どのようなデメリットがあるのか、また回避するコツをお話しします。

「ちょっと待って!」のデメリット

子供にとって『今』『すぐに』はとても緊急を要します。今言わないと忘れてしまう、今すぐに聞いてほしいと思っているときに「ちょっと待って!」と言われると、気分が害されるでしょう。楽しい話の楽しさが半減してしまいます。悲しい気持ちの悲しさを心に閉じ込めてしまいます。すぐに聞いてもらえなかった時の、子供の残念な気持ちは親が想像する以上であることを覚えておくべきです。

子供の心を潰さないために、他の言葉で代用しよう。

しかし、親にもその時の都合があります。食器洗いの最中に、泡だらけの手で「ママ、来て!」と言われると「ちょっと待って!」と言いたくなる気持ちはよくわかります。子供は所構わずやってきますから、トイレにいたって話しかけてきます。そんな時、「ちょっと待って!」と言わずにどうすれば良いのでしょう。それは、言葉を少しだけ変えることで上手に対処できるのです。ただ「ちょっと待って!」ではなく、「今、急いでトイレから出るね!」「手を洗っているから、こっちに来て教えて!」など、今現在の手を離せない事情を説明しつつ、少しだけ待ってもらうのです。そして、できるだけ早く子供の話を聞こうとする態勢を整えてください。子供は、ママの“意識”が自分に向いていることが確認できれば、気持ちを隠したり潰したりせず、少しだけ待つことができます。反対に、話したい!話したい!というワクワクした気持ちは大きくなるでしょう。肝心なのは、待たせる時間をできるだけ短くすることです。

待たせた時は、すぐフォローすることが大切

子供に少しでも待ってもらった時は、その分のフォローをしましょう。「何?何?」「良いことがあったの?聞きたいな~!」「どうしたの?話をきかせて」と、きちんと向き合いましょう。いつも以上に「うんうん、へ~!」と、時間を作ってしっかり話を聞くことが大切です。待ってもすぐに聞いてくれるという安心感を、普段から築いていくように心がけることで、子供は「ママはきちんと話を聞いてくれる」と、親の存在を大切に考えてくれるようになります。

話を聞くことで得られるもの

子供の話を聞くことは、とても大切です。何か困ったことがあった時、壁にぶつかった時、子供は成長と共にそれを親に話したがらなくなります。特に、家庭外での出来事で、自分が失敗した事や親を悲しませるような事態である時は隠そうとします。普段から子供と向き合って話しを聞いていれば、ちょっとした心の変化に気づくことができます。表情をよく見ることで、早めの対処ができます。何より子供は、自分の話を聞いてくれる親を信頼するようになります。親子の信頼関係ほど強い物はありません。子供が生きるための術は、すべて親から学び、親に培われた心の土台にあります。親子の信頼関係に最も大切なのは“会話”であることを忘れないようにしましょう。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

楽しいはずの食事の時間が「しつけの時間」になっていませんか?意外とやってしまうことに気をつけよう

最近の子育て世代のママたちは共働きなどでとても忙しく、子供と一緒に食事の時間を取 …

脳科学に基づいた教育方法!「久保田式」の子育てで0才から脳の基礎を作っていきましょう

赤ちゃんを授かり、出産し、我が子に出会えた喜びは何にも変えられる事はできません。 …

どうしたらいい?子供の反抗期、小学校の子供の反抗期にはこう接していきましょう

「小さい頃はあんなに可愛かったのに…」小学校や中学校へ行く年齢になると、親との関 …

子供の仕上げ磨きは何歳まで?小学生になれば大丈夫?

生後5~6カ月くらいになると、赤ちゃんには可愛い乳歯が生え始めますね。ママは毎日 …

子育て中こそ念入りに!いつまでもキレイなお母さんでいよう!

小さい子どもを育てるお母さんは、毎日頭を振り乱しながら頑張っています。 そのため …

子供がトイレトレーニングを始める時期・年齢はいつから?

2才を過ぎて幼稚園入園を意識しはじめると、「そろそろおむつはずしも始めないと…」 …

幼稚園児のお弁当。可愛く美味しそうに見せる簡単なコツを伝授します!

保育園は基本的に給食ですが、幼稚園はまだまだお弁当を持って行くという園は多いはず …

そろそろ接種時期が来ます!インフルエンザワクチンについて

毎年冬に猛威を振るっているインフルエンザ。 一度かかったことのある人ならわかりま …

暑い夏にご用心!子供の大敵「あせも」を防ぐ方法3つ

じめじめした梅雨が終わるとやってくる暑〜い夏!レジャーも楽しくてわくわくしますが …

育児ノイローゼ対策
育児を一人で抱え込まないことが大切。母親の育児ノイローゼを防ぐ方法は?

毎日かわいいお子さんとの生活。話しかけたらにっこり微笑んでくれたり、作ったものを …