みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供の料理の腕を磨くコツ。子供が料理をやりたい!と言った時はチャンスです。

   

nnniii
子供に料理をさせることは、正直、大変です。包丁を持つたどたどしい手つきは、見ているだけで怖いものです。火を扱わせるのも危ないと思ってしまいます。キッチンが散らかると掃除も大変です。

様々な理由から、子供に料理をさせることを拒んできたママは、とても多いでしょう。ここでは、子供を料理上手にするために、親に必要な心構えを中心にお話します。

幼児期は「やりたい!」と言えば、出来ることから始めよう

幼児期に「やりたい!」と子供自身が言ったとき、それは料理好きな子供に育てるチャンスです。面倒がらず、怖がらず、まずは挑戦させてください。混ぜたり和えたり、器によそったり、料理中にできることは探せばたくさんあるはずです。「急いでいるから、今度ね」「もう少し大きくなってから」と先延ばしにすると、子供の興味が薄れます。「やりたい」と言ったその時を、逃さないようにしましょう。

包丁はいつから持たせたら良いの?

幼児に包丁を使わせることは、決して早すぎではありません。包丁は2歳、3歳からでも使うことができます。最初は、左手を猫の手にすることと、目を離さずゆっくり切ることを教えます。それだけで良いのです。食材は切りやすい物を選べば上手に切りやすいので、シイタケや葉物野菜、練り物製品などを切らせてみましょう。最初のうちは手を切ると思います。それを覚悟してください。手を切ってみないと、痛さを知ることはできません。怪我をして失敗してこそ、次は気をつけようと学ぶのです。

男の子も女の子も、基本的に料理は好きです

子供はお母さんのすることをよく見ています。大人の真似をしたがります。料理は1日3度のことですから、興味を持つのは当たり前。お母さんのように料理をしてみたい!と思う気持ちは大切に育ててあげたいものです。また、料理は切ったり混ぜたり焼いたり、食材の形がコロコロ変わります。切る時の音、焼ける時の匂いなど、五感をフルに使ってできる最高の遊びの一環です。子供が興味を持っている時期に料理をさせることこそが、腕を磨くチャンスの時期なのです。

快く、やらせてあげましょう

子供の手つきはたどたどしく、見ているとつい口うるさく「危ない!」「だめ!」「もっと〇〇して!」と言ってしまいがちです。しかし、あまりうるさく言うと、子供はやりたくなくなります。叱って子供を押さえつけて教えるのではなく、要領が悪いことを事前に心得ておき、やらせるときは快く、笑顔で接してあげましょう。失敗するのは当たり前、それでも褒めてあげることが大切です。

小学生になれば、できることは任せてみよう

小学生になると、ずいぶん包丁の使い方は上手になります。火を使って焼いたり茹でたり蒸したり、色々なことが出来るようようになります。盛り付けも自分なりに工夫するようになるでしょう。大きな鍋の熱いお湯を捨てる時など、危険な場面だけを手伝って、任せてみるのも上達のコツです。まずはサンドイッチなど、簡単な朝ごはんや休日のお昼ごはんから、子供に作らせてみませんか?

任せてもらえる!という喜びもまた、大きな上達とやる気に繋がります。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

パパママ呼び方
子供をお手伝い上手にさせる心得。子供のやる気を伸ばすことが大切!

子供は毎日、何かしらのお手伝いをしていますか?子供が「お手伝いをしたい!」と言っ …

子供の食べ物の好き嫌いを直す方法。叱るのではなく時間をかけて直そう

野菜嫌い、お肉きらい、果物嫌い!子供の好き嫌いに頭を悩ませるママはとても多いと思 …

困る子供の「遊び食べ」…上手に食べさせる工夫やマナーを教える方法は?

自分でご飯を食べられる年齢になってくると、「遊び食べ」をしてしまって食事が全然進 …

ひらがな学習スタート年齢
子供に「ひらがな」を教えるのは何歳から?4歳からひらがな学習をする子が多い理由とは

小学校では本格的にお勉強が始まりますが、そのなかでも基本はやっぱり「ひらがな」で …

「怒る」と「叱る」って何が違うの?「怒る」のが子供にいけない理由とは?

子育てをしていると「全くもう!何やってるの!」とつい「怒って」しまうことがありま …

ハイハイせずに歩きだしちゃった!このままで大丈夫?

赤ちゃんを育てていくうえで、どうしても気になってしまうのが体の発達面です。 首が …

子供の誕生日をお祝いすることが実は「育脳」にとても効果絶大だった!その効果とは?

我が子が生まれてきてくれた喜びは、子供がいくつになっても色褪せることはなく、子供 …

我慢が出来ない子供にしないための教育方法。会社をすぐ辞める若者にしないためにやるべきこと

現代社会では新入社員として入社しても、上司に注意されただけで心が折れてしまい、会 …

「あれ買って〜!」はこれで解決!子供の心理を上手に利用しよう

幼児期になると自分の好きな物やお気に入りのキャラクターなどが出て来て、高価なゲー …

怒り過ぎたかな…子供が可哀想?「毒親」にならないための方法とは?

子供が何か悪い事をしたとき、親としてはしつけなければなりませんから、「怒る」こと …