みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

ファーストフードを子供に食べさせて栄養は大丈夫?外食するときの注意点

   

q_bigmac_l
子供と出かけた時に、帰宅してご飯を作るのが面倒なことってよくありますよね。だから今日は外食をしよう!と思っても、子連れでの外食できるお店は限られます。騒いでも気兼ねしなくて良い、子供が好き嫌いなく食べられる、量が子供に相応しい、金銭的にも安い方が助かる、料理が出てくる時間が早い・・・

そのような条件を並べると、ファーストフードはとても便利です。しかし、外出するたびにファーストフードを食べさせていては、子供に「外食=ファーストフード」という意識を植え付けてしまいます。

「今日は何か食べて行こうか!」「ハンバーガーがいい!」となっている家庭は少なくないはずです。そのファーストフードを小さなうちから当たり前のように食べさせることに抵抗があるのは私だけでしょうか・・・。

ファーストフードは高カロリーで栄養不足

揚げ物のフライドポテト。砂糖たっぷりの甘いジュース。脂質が多いパンとハンバーグ。これらの組み合わせは子供にとって非常に高カロリーです。それ以上に野菜が豊富に添えられていれば良いのですが、そうは行きませんよね。子供が欲しがるメニューは、おもちゃがセットになったもの。もちろん、そのセットには野菜が付いてきません。ハンバーガーにレタスさえ入っていないメニューが多いのです。栄養が足りず、そして高カロリーであるものを、普通に食べさせるのが体に良くないことは誰しもがわかると思います。

原材料は知っていますか?

どのような材料が使われているか、外食だと知ることがなかなか難しいでしょう。原材料というのは、どのような野菜やお肉が使われているかだけではありません。どのような添加物が使われているか、その点も含めて知ることができないのはとても怖いことなのです。通常の食堂では、だいたいの物が買ってきた材料を使ってその場で作られますよね。ですから、注文してから料理が運ばれてくるまでに時間がかかります。ところが、早いことが売りのファーストフード店では、注文するとあっという間に出来上がってきます。それは、簡単に出せるように予め準備をしてあるからです。準備というのは、先に作っておい、温めるだけの状態にしておくこと。そのためには、当然、出来立てに近い品質を保つための添加物を豊富に含まなければならないのです。

日常的じゃなければ大丈夫!?

できることなら避けるべきファーストフード。しかし、子供が楽しんでいる外出時は、楽しい気分のまま帰宅させてあげたいものです。ファーストフードが食べたい!と言えば、たまになら良いでしょう。怖いのは、それが日常的になることです。小さいうちはパパやママが連れて行き、お金を払って食べさせます。その回数が多くなり、子供の舌にファーストフードの味が馴染んでしまったら、中学・高校~大人になって自分で自由に行くことができるようになった時、自然と足が向くようになるのが困るのです。その時になってから後悔しては遅いのです。子供の舌は7歳までに作られると言います。7歳までに舌に馴染ませなかった場合、その物に一時夢中になることがあったとしても、大人になってからその味がなければ物足りない・・・などと感じることはありません。ですから、特に7歳まではできるだけ避けるべきなのです。

もし食べることがあれば、前後の食事内容を工夫して!

どうしても食べに行く機会があるかもしれません。そのような場合は、帰宅してからの夕食や翌日に野菜をいつもより多く食べさせるとか、しばらく油を控えた食事にするとか、おやつはお休みにする等といった前後の食事・おやつの内容を工夫してみてください。そうして多く摂取しすぎたカローリーをコントロールすることが必要なのです。

子供が口にする物に責任を持とう

子供の体は、成長途中です。そして、子供の体は食べる物から作られます。食べることは1日に3度もありますよね。たまに外食したい時があっても良いのです。でも、子供に自由きままに任せるのではなく、どのような食べ物が好ましいか、好ましくないかをしっかり言葉で教えて行くことも親の役目です。特に子供が小さいうちは、口にする食べ物に責任を持つことを忘れないでいたいものです。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

図工作品の整理
子供の図工作品や絵をどう収納・整理・処分する?かさばる思い出の品を分別しよう

子供が一生懸命作った図画工作物はどう整理していますか? 小さな頃は初めて〇〇が描 …

ランドセルの選び方のコツ!何色がいい?

子供が幼稚園の年長さんになって数か月・・・夏休み明けにはランドセルが店頭に並び始 …

幼児期の子供に見せたいおすすめのテレビ番組5つ。ピタゴラスイッチなど教育に役立つテレビ番組とは

テレビを見ることが子供の脳や知能に悪影響を及ぼすという話題が大きく取り上げられる …

男の子教育法
男の子に叱りすぎるスパルタ教育法はダメな子育ての代表例。プライドを傷つけないことが大事な男の子の育て方のコツ

「強くたくましく育って欲しい」と願うのは、男の子を育てているパパママには共通する …

発達障がいで「自閉症スペクトラム」って言われたけど、どういうこと?

お子さんが年齢を重ねていて検診を受けたとき「自閉症スペクトラムかもしれませんね」 …

「イヤイヤ期」はこう乗り切る!子供の行動別対処法を考えよう

「魔の2歳児」とよく言いますが、あれもイヤ!これもヤダ!と自己主張の表れでありス …

お父さんにも育児に参加してほしい!心強いパートナーに育てよう!

今はもはや当たり前の存在になりつつある「イクメン」。 しかし、まだまだイクメンに …

このままで大丈夫かな?子供の身長を伸ばすためにできること

「あれ?うちの子だけなんだか小さい」「去年まで同じくらいの身長だったのに、すっか …

「勉強しなさい!」って言いたくない…進んで勉強する子って、何が違うの?

比べたくはないけど、やっぱりよその子を見ていると「あの子はいつも成績優秀よね、何 …

母乳が出過ぎてつらい!赤ちゃんが飲みきれないときは、どうしたらいい?

赤ちゃんのお世話が始まって、「母乳がでない!」という悩みはよく聞くのですが… 反 …