みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

4〜5才になったら「ひらがな」にチャレンジ!楽しく取り組むコツ3つ

   

illust2870小学校に行くと必ず勉強する「ひらがな」ですが、4、5才になると自分から「書いてみたい!」と思うお子さんもたくさんいます。そんなやる気が出て来たのなら、ひらがなにチャレンジする絶好のチャンス!この機会に楽しく取り組んで、「ひらがな」が上手に書けるようになるようサポートしてあげましょう。

大人が見たら「字」に見えない…でもたくさん褒めてあげましょう!

子供が初めて書いた「字」は、一体なんて書いてあるのか分からないようなものかも知れません。むしろ、ほとんどの子供は、読めない字を書くことの方が多いでしょう。

それを見たとき、「違うでしょ!『あ』はこうやって書くの!」などと、すぐ訂正したり否定したりしていませんか?もしそうだとしたら、その言葉でお子さんが傷ついているかもしれません。せっかく「やる気」になった気持ちを無くしてしまうきっかけにもなりかねないのです。

点だけ、線だけ、そんな「字」でも「うまいね!上手に書けたね!」といっぱい褒めてあげましょう。子供は褒められることでさらにやる気になり、より一層「字」に興味を持つでしょう。その積み重ねが、自然にひらがなを上手に書くことができるようになる近道です。

「上手に書けなくて悔しい〜!」その気持ち、受け止めて寄り添いましょう。

「読む」ことが出来るようになると、自分の書いた「字」が、絵本に出てくる「字」と大きく違い、上手に書けないことにイライラすることがあります。何度もチャレンジしても「うまく書けない!」と怒り出してしまう事もあるかもしれません。

だけどそれで書くことを止めてしまったら、「ひらがなを書くことは楽しくない」という気持ちが残ってしまい、小学校で習うときも苦痛に感じてしまうでしょう。

もしもお子さんが「字が書けない!」と怒り出したときは、「じゃあ、うまく書けるコツ教えてあげる!」などと鉛筆の持ち方を教えてあげたり、書き順を説明してあげましょう。

パパママと一緒に取り組むことで、もう一度頑張ってみようという気持ちが芽生えますし、それで上手に書けたら、自信を持つ事ができますよね。もっとチャレンジしたい、楽しい!と思うようになるはずです。

頑張ったら花まるもらえた!「ひらがなワーク」も上手に活用しましょう。

ひらがなに興味をもったとき、どうやって教えたらいいか悩んでしまうような時には、市販の「ひらがなワーク」などを使ってお子さんに教えてあげるのもオススメです。

あらかじめ書き順やお手本が書いてありますから、その通りにチャレンジするだけなので、お子さん自身もストレスなく取り組めるかもしれませんね。1ページが出来たら「花まる」や「ごほうびシール」をもらうだけでも、子供は大喜びします。「字を書くのって楽しいな!」と思える環境を作ってあげることが、大切なのですね。

まずは自分の名前、パパママの名前など、親しみやすいものからチャレンジしてみましょう!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

気をつけて!「熱中症」は炎天下だけじゃない!室内でも起こるので注意しよう!

夏がやってくるとプールや海など楽しい遊びも盛りだくさんでワクワクしますが、小さい …

活発な子どもを見ながらご飯支度…どうしたらいいの?

10ヶ月くらいになると、子どももだんだん行動範囲が広がってきて、活発になってきま …

子供の隠し事
「隠し事」をする子供の本当の心を知るには?

幼稚園へあがる頃になると、行動範囲も少しずつ広がっていきますよね。 園へ行ってい …

幼児の英才教育は気をつけないと失敗して「ダメな子」になってしまう!

幼児期にあれもこれも習わせてあげたいと思うのは、将来の子供のことを案じて出来る限 …

「家庭内事故」に気をつけて!赤ちゃん乳幼児の事故で多いものって何?

「まだそんなに動くことはできないから大丈夫!」そう思って赤ちゃんを安全な場所へ寝 …

パパママ呼び方
子供に「パパ」「ママ」と呼ばせるのは何歳まで?

赤ちゃんのころから言葉を発するようになるまで、およそ1年かかります。 初めて「パ …

子育て中こそ念入りに!いつまでもキレイなお母さんでいよう!

小さい子どもを育てるお母さんは、毎日頭を振り乱しながら頑張っています。 そのため …

子供の論理的思考能力を伸ばす方法は子供同士の喧嘩にあり!喧嘩の終わらせ方は問題解決の基本

「ケンカ」をすることは良くないことだと、子供たちは教わってきました。 最近では幼 …

子供の日焼けは体に悪い?赤ちゃんのための日焼け対策のおすすめ

ちょっと前までは「日焼けは健康的!」などと言われていましたが、最近の科学医療では …

乳幼児の誤飲、気をつけて!もしもの時の応急処置を知りましょう

小さな赤ちゃんは好奇心旺盛で、何でも口の中へ入れて確かめたりしますよね。ですから …