みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

4〜5才になったら「ひらがな」にチャレンジ!楽しく取り組むコツ3つ

   

illust2870小学校に行くと必ず勉強する「ひらがな」ですが、4、5才になると自分から「書いてみたい!」と思うお子さんもたくさんいます。そんなやる気が出て来たのなら、ひらがなにチャレンジする絶好のチャンス!この機会に楽しく取り組んで、「ひらがな」が上手に書けるようになるようサポートしてあげましょう。

大人が見たら「字」に見えない…でもたくさん褒めてあげましょう!

子供が初めて書いた「字」は、一体なんて書いてあるのか分からないようなものかも知れません。むしろ、ほとんどの子供は、読めない字を書くことの方が多いでしょう。

それを見たとき、「違うでしょ!『あ』はこうやって書くの!」などと、すぐ訂正したり否定したりしていませんか?もしそうだとしたら、その言葉でお子さんが傷ついているかもしれません。せっかく「やる気」になった気持ちを無くしてしまうきっかけにもなりかねないのです。

点だけ、線だけ、そんな「字」でも「うまいね!上手に書けたね!」といっぱい褒めてあげましょう。子供は褒められることでさらにやる気になり、より一層「字」に興味を持つでしょう。その積み重ねが、自然にひらがなを上手に書くことができるようになる近道です。

「上手に書けなくて悔しい〜!」その気持ち、受け止めて寄り添いましょう。

「読む」ことが出来るようになると、自分の書いた「字」が、絵本に出てくる「字」と大きく違い、上手に書けないことにイライラすることがあります。何度もチャレンジしても「うまく書けない!」と怒り出してしまう事もあるかもしれません。

だけどそれで書くことを止めてしまったら、「ひらがなを書くことは楽しくない」という気持ちが残ってしまい、小学校で習うときも苦痛に感じてしまうでしょう。

もしもお子さんが「字が書けない!」と怒り出したときは、「じゃあ、うまく書けるコツ教えてあげる!」などと鉛筆の持ち方を教えてあげたり、書き順を説明してあげましょう。

パパママと一緒に取り組むことで、もう一度頑張ってみようという気持ちが芽生えますし、それで上手に書けたら、自信を持つ事ができますよね。もっとチャレンジしたい、楽しい!と思うようになるはずです。

頑張ったら花まるもらえた!「ひらがなワーク」も上手に活用しましょう。

ひらがなに興味をもったとき、どうやって教えたらいいか悩んでしまうような時には、市販の「ひらがなワーク」などを使ってお子さんに教えてあげるのもオススメです。

あらかじめ書き順やお手本が書いてありますから、その通りにチャレンジするだけなので、お子さん自身もストレスなく取り組めるかもしれませんね。1ページが出来たら「花まる」や「ごほうびシール」をもらうだけでも、子供は大喜びします。「字を書くのって楽しいな!」と思える環境を作ってあげることが、大切なのですね。

まずは自分の名前、パパママの名前など、親しみやすいものからチャレンジしてみましょう!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

早くしなさい
子供が指示待ち人間になってしまう「早くしなさい」という親の口癖

朝の登園準備をしているのに、テレビを見たまま動かない子供… 「何してるの!早くし …

子供の仕上げ磨きは何歳まで?小学生になれば大丈夫?

生後5~6カ月くらいになると、赤ちゃんには可愛い乳歯が生え始めますね。ママは毎日 …

子どもの髪の毛を自宅で切る!上手いやり方とは?

気が付くとすぐに伸びてきてしまう子どもの髪の毛、美容院に行こうにもまだ静かに座っ …

活発な子どもを見ながらご飯支度…どうしたらいいの?

10ヶ月くらいになると、子どももだんだん行動範囲が広がってきて、活発になってきま …

親の行動が子供の好奇心を奪ってしまうかも?「無意識過保護」に要注意!

自分でいろいろ出来るようになる2〜3才ごろは、親としては心配な時期でもあるし、成 …

子供の自己肯定感
ポジティブ思考の子供に育てる方法。成功体験を積み上げて自己肯定感のある子供に育てよう

この「自己肯定感」という言葉、聞いたことありませんか? 最近、幼児教育の現場では …

無駄遣いしていないのに貯金ゼロ…貯金の「出来る」「出来ない」の差のある家庭は何が違うのでしょうか?

「無駄使いなんてしていないのに、全然貯金が出来ないんです…」と、悩む子育て世代の …

no image
朝ごはんに嬉しいお餅を使ったレシピ集

毎日の朝食に頭を悩ませるママ必見のレシピ集!今回は、特に育ちざかり食べ盛りの中高 …

声掛け変換
発達障害の子供にオススメの「声かけ変換表」は大人でも使えて凄い!

みなさんは「声かえ変換表」って聞いたことありますか? これは発達障害を持つお子さ …

集中力のない子供。勉強も習い事も毎日の「ちょっとずつ」で集中力を高めましょう

家で遊んでいる子供の様子を見ていると、やはり好きな事をしている時は「集中している …