みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

4〜5才になったら「ひらがな」にチャレンジ!楽しく取り組むコツ3つ

   

illust2870小学校に行くと必ず勉強する「ひらがな」ですが、4、5才になると自分から「書いてみたい!」と思うお子さんもたくさんいます。そんなやる気が出て来たのなら、ひらがなにチャレンジする絶好のチャンス!この機会に楽しく取り組んで、「ひらがな」が上手に書けるようになるようサポートしてあげましょう。

大人が見たら「字」に見えない…でもたくさん褒めてあげましょう!

子供が初めて書いた「字」は、一体なんて書いてあるのか分からないようなものかも知れません。むしろ、ほとんどの子供は、読めない字を書くことの方が多いでしょう。

それを見たとき、「違うでしょ!『あ』はこうやって書くの!」などと、すぐ訂正したり否定したりしていませんか?もしそうだとしたら、その言葉でお子さんが傷ついているかもしれません。せっかく「やる気」になった気持ちを無くしてしまうきっかけにもなりかねないのです。

点だけ、線だけ、そんな「字」でも「うまいね!上手に書けたね!」といっぱい褒めてあげましょう。子供は褒められることでさらにやる気になり、より一層「字」に興味を持つでしょう。その積み重ねが、自然にひらがなを上手に書くことができるようになる近道です。

「上手に書けなくて悔しい〜!」その気持ち、受け止めて寄り添いましょう。

「読む」ことが出来るようになると、自分の書いた「字」が、絵本に出てくる「字」と大きく違い、上手に書けないことにイライラすることがあります。何度もチャレンジしても「うまく書けない!」と怒り出してしまう事もあるかもしれません。

だけどそれで書くことを止めてしまったら、「ひらがなを書くことは楽しくない」という気持ちが残ってしまい、小学校で習うときも苦痛に感じてしまうでしょう。

もしもお子さんが「字が書けない!」と怒り出したときは、「じゃあ、うまく書けるコツ教えてあげる!」などと鉛筆の持ち方を教えてあげたり、書き順を説明してあげましょう。

パパママと一緒に取り組むことで、もう一度頑張ってみようという気持ちが芽生えますし、それで上手に書けたら、自信を持つ事ができますよね。もっとチャレンジしたい、楽しい!と思うようになるはずです。

頑張ったら花まるもらえた!「ひらがなワーク」も上手に活用しましょう。

ひらがなに興味をもったとき、どうやって教えたらいいか悩んでしまうような時には、市販の「ひらがなワーク」などを使ってお子さんに教えてあげるのもオススメです。

あらかじめ書き順やお手本が書いてありますから、その通りにチャレンジするだけなので、お子さん自身もストレスなく取り組めるかもしれませんね。1ページが出来たら「花まる」や「ごほうびシール」をもらうだけでも、子供は大喜びします。「字を書くのって楽しいな!」と思える環境を作ってあげることが、大切なのですね。

まずは自分の名前、パパママの名前など、親しみやすいものからチャレンジしてみましょう!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

育児日記を続けるコツ
乳幼児期に育児日記を書くことのメリット&育児日記を続けるコツ

みなさんは「育児日記」を付けていますか?出産のお祝いとして、産院から頂くこともあ …

どうすればいいの?上手な「ママ友付き合い」をする方法とは?

幼稚園や保育園に入園すると、子供も心配ですが、「ママ同士」のお付き合いも気になっ …

子供の良さがだんだん見えてくる!?優しい効き目の「サプリ親」になりたい!

子供にとって「良い親でいたい」と思うのは当然のことです。それが度を超えてしまった …

育児ノイローゼ対策
育児を一人で抱え込まないことが大切。母親の育児ノイローゼを防ぐ方法は?

毎日かわいいお子さんとの生活。話しかけたらにっこり微笑んでくれたり、作ったものを …

整理整頓や片付けで子供に考える力をつける!「収育」教育法とは?

「収育」という言葉を聞いた事はありますか? 今までの「整理整頓」とはちょっと違っ …

子ども部屋
子供部屋の必要性。小さいうちから与えることのメリット・デメリット

子供には小学校入学をきっかけに1人の専用部屋を与えるご家庭が多いと思います。 し …

値上げラッシュで大ピンチ!買い物上手になる「言葉」、覚えませんか?

スーパーに買い物に出かけると「あれ?これも値上がりしてる?…」と毎日の家計を預か …

みんなとは違う!ちょっと変わった習い事ベスト3!

私が子供のころの習い事の定番といえば、 習字、そろばん、ピアノくらいでしたが、近 …

子どもの関節に湿疹が…!素早く治すには皮膚科に行くことが大切!

ふと気付くと、子どもの関節のところに湿疹ができていること、ありませんか? うちの …

子供の心に大きな傷を作ってしまう間違った叱り方とは?支配と教育の違いを認識しよう

子供が悪いことをしてしまった時、「叱る」ことはとても大切なことです。 しかし、最 …