みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供服を安く手に入れる方法。フリーマーケットやリサイクルショップを使う時のコツは?

   

5414
子供の服ってサイズアウトが本当に早い!今の季節にしか着れない服は、買っても着るのはほんのわずかな期間だけ・・・。子供が気に入って買ったのに、結局あまり着れなかった・・・
では、何だか損をした気分になりませんか?

弟や妹がいるなら使いまわすこともできますが、1人っ子だったり、性別の異なる弟・妹であれば、子供服はできるだけ安く済ませたいものです。ここでは、どのようなアイテムをどこで入手するのが安く済ませる理想的な方法かについて、ご紹介したいと思います。

季節もので丈夫な素材はリサイクルがおすすめ!

安い!と言えば、リサイクルショップを想像するでしょう。リサイクルは、既に誰かが着た服がほとんどです。状態をしっかり見極めなければ、いくら安くても買って損をした・・・という状態になりかねません。特にTシャツのように、襟首や裾が伸びやすい素材の服はおすすめできません。既に伸びている状態のものを、しっかりアイロンをかけて上手に販売しているお店もあるからです。また、子供に必要なジャージ類は、ウエストゴムが古かったり、ファスナーが取れてしまう可能性もあります。細かい部分までよく見ることが大切です。逆に、長く使える素材のジーンズやスカート・シャツや素材のしっかりしたワンピースはリサイクルがおすすめです。安いものだと200~300円が相場ですので、最も経済的だと言えるでしょう。

フリーマーケットを利用する

フリーマーケットは、個人が不要な物を出品するので、価格も交渉次第で安く購入することができます。交渉できるか!?というハードルがありますが、慣れれば意外と簡単です。2つ買うから安くして!セットで〇〇円にならない?などと声をかけてみてください。売る側にとっては残っても仕方のない物ですから、安くても買ってくれる方が嬉しい!という出品者が多いのです。掘り出し物も見つかる確率が高いのがフリーマーケットのメリットです。

ネットオークションは品定めが難しい・・・

ネットオークションを利用する方は多くいます。しかし、出品されている物の多くが中古であり、写真だけで状態を判断できないというデメリットはとても大きいです。また、出品している方が素人であり、難点の見落としがあるかもしれないにも関わらず「ノークレーム・ノーリターンで」と記載されています。後から文句を言いたくても言えない・・・買って損をすることがあると、事前に心得ておくことが必要です。

デパートのセール品を狙う!

新品を購入するなら、デパートのセール品が良いですね。セール時期に半額!となっている服が狙いどころですが、広告で宣伝しているセール時期を過ぎると、さらに安く70~80%も値引きされます。デザインに拘らないのであれば、セール時期を少し過ぎた頃に行ってみてください。意外にも、掘り出し物が見つかる場合も多くあります!サイズが大きくても、気に入った物があれば来年使うことを考えて購入しておくのもおすすめです!

ネット通販を利用する

近場のデパートなど限られたお店に足を運ぶことは、実際に見て購入できるため失敗が少ないというメリットがあります。しかし、ネット通販を利用すれば、多くの商品を比較できるというメリットがありますよね。ネットでは安い子供服を扱っているショプが豊富にありますので、気になる方は一度覗いてみてください。いくつか、ご紹介します。
500円から!子供服のLAPULE

ママが選ぶのは小さいうちだけ

子供の洋服をママが選べるのは、子供が小さいうちだけです。小学生になると(早い子なら幼児でも・・・)気に入った服しか着ない!自分で選んだものじゃないと嫌だ!と言い出すようになります。特に女の子はおしゃれに興味を持ち始めると、周囲のお友達の服装もよく見ており、流行遅れの服は着ないとか、細かい柄やデザイン・色に拘るようになってきます。そうなると必然的にお金もかかるようになってきます。ですから、小さいうちはできるだけ安価な物をママが選んで、できるだけ節約することをおすすめします。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供に洗濯干しのお手伝いを頼む6つのメリット

子供にとって、お手伝いに大切なポイントは「考えて出来ること」「やり遂げたという達 …

子供の虫歯
赤ちゃんへのキスは虫歯の原因になる可能性あり。キスはほっぺやおでこがいい理由とは

可愛い赤ちゃんは家族にとってアイドルのような存在です。 抱っこして、キスして…で …

娘に質問してみました!!「子育て中のママたちに言いたいことってどんなこと?」

同じ屋根の下に一緒に住んでいる以上、子供のことを気にしないっていうのは無理!! …

子供に「自分を知る」機会を与えていますか?親の押しつけは子供の希望を奪ってしまう!?

幼児期のお子さんを持つパパママにとって、わが子がどんな大人になるのか心配、あるい …

パパも子育てに悩んでいた!?もっと自信を持ってパパにも育児に参加してもらおう!

昔の家庭環境と今を比べると、子供を取り巻く環境は目まぐるしく変化し、父親の積極的 …

子供の仕上げ磨きは何歳まで?小学生になれば大丈夫?

生後5~6カ月くらいになると、赤ちゃんには可愛い乳歯が生え始めますね。ママは毎日 …

二人目の子どもが欲しい!3歳差ってどんな特徴があるの?

子どもがある程度大きくなってくると、そろそろ次の子どもが欲しいなと感じます。 で …

親は思春期の女の子にどう接するのが正しいの?思春期の子供との付き合い方

女の子は早くて4年生頃から、平均して高学年のうちに思春期がやってきます。 親に向 …

運動神経のいい子供を育てる方法!遺伝ではなく育て方で運動神経は伸びます

子供は体を動かすのが大好きです。公園へ行くとかけっこする姿に、「私に似ちゃうとか …

クーラーなしでもこんなに涼しい!上手なエコで楽しく節電しよう!

何かと電気代のかさむ夏だから、少しでも節電したいものですね。中でも一番電気代にか …