みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供服を安く手に入れる方法。フリーマーケットやリサイクルショップを使う時のコツは?

   

5414
子供の服ってサイズアウトが本当に早い!今の季節にしか着れない服は、買っても着るのはほんのわずかな期間だけ・・・。子供が気に入って買ったのに、結局あまり着れなかった・・・
では、何だか損をした気分になりませんか?

弟や妹がいるなら使いまわすこともできますが、1人っ子だったり、性別の異なる弟・妹であれば、子供服はできるだけ安く済ませたいものです。ここでは、どのようなアイテムをどこで入手するのが安く済ませる理想的な方法かについて、ご紹介したいと思います。

季節もので丈夫な素材はリサイクルがおすすめ!

安い!と言えば、リサイクルショップを想像するでしょう。リサイクルは、既に誰かが着た服がほとんどです。状態をしっかり見極めなければ、いくら安くても買って損をした・・・という状態になりかねません。特にTシャツのように、襟首や裾が伸びやすい素材の服はおすすめできません。既に伸びている状態のものを、しっかりアイロンをかけて上手に販売しているお店もあるからです。また、子供に必要なジャージ類は、ウエストゴムが古かったり、ファスナーが取れてしまう可能性もあります。細かい部分までよく見ることが大切です。逆に、長く使える素材のジーンズやスカート・シャツや素材のしっかりしたワンピースはリサイクルがおすすめです。安いものだと200~300円が相場ですので、最も経済的だと言えるでしょう。

フリーマーケットを利用する

フリーマーケットは、個人が不要な物を出品するので、価格も交渉次第で安く購入することができます。交渉できるか!?というハードルがありますが、慣れれば意外と簡単です。2つ買うから安くして!セットで〇〇円にならない?などと声をかけてみてください。売る側にとっては残っても仕方のない物ですから、安くても買ってくれる方が嬉しい!という出品者が多いのです。掘り出し物も見つかる確率が高いのがフリーマーケットのメリットです。

ネットオークションは品定めが難しい・・・

ネットオークションを利用する方は多くいます。しかし、出品されている物の多くが中古であり、写真だけで状態を判断できないというデメリットはとても大きいです。また、出品している方が素人であり、難点の見落としがあるかもしれないにも関わらず「ノークレーム・ノーリターンで」と記載されています。後から文句を言いたくても言えない・・・買って損をすることがあると、事前に心得ておくことが必要です。

デパートのセール品を狙う!

新品を購入するなら、デパートのセール品が良いですね。セール時期に半額!となっている服が狙いどころですが、広告で宣伝しているセール時期を過ぎると、さらに安く70~80%も値引きされます。デザインに拘らないのであれば、セール時期を少し過ぎた頃に行ってみてください。意外にも、掘り出し物が見つかる場合も多くあります!サイズが大きくても、気に入った物があれば来年使うことを考えて購入しておくのもおすすめです!

ネット通販を利用する

近場のデパートなど限られたお店に足を運ぶことは、実際に見て購入できるため失敗が少ないというメリットがあります。しかし、ネット通販を利用すれば、多くの商品を比較できるというメリットがありますよね。ネットでは安い子供服を扱っているショプが豊富にありますので、気になる方は一度覗いてみてください。いくつか、ご紹介します。
500円から!子供服のLAPULE

ママが選ぶのは小さいうちだけ

子供の洋服をママが選べるのは、子供が小さいうちだけです。小学生になると(早い子なら幼児でも・・・)気に入った服しか着ない!自分で選んだものじゃないと嫌だ!と言い出すようになります。特に女の子はおしゃれに興味を持ち始めると、周囲のお友達の服装もよく見ており、流行遅れの服は着ないとか、細かい柄やデザイン・色に拘るようになってきます。そうなると必然的にお金もかかるようになってきます。ですから、小さいうちはできるだけ安価な物をママが選んで、できるだけ節約することをおすすめします。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供の靴の選び方。足のサイズだけでなく公園で遊ぶ時用の靴などTPOを考えて靴を買おう

最近、子供用の靴の種類が増えましたね。 大人が履く人気メーカーさんの子供版だった …

子供が自発的に勉強する環境つくり
子供を「自分から勉強する子」にするには?子供の学習意欲を上げる方法

「早く勉強しなさい!」常に言われないと出来ない、言ってもなかなか取りかからない… …

子供の味覚
子供の舌・味覚は7歳までに作られる。大切にしたい乳幼児期の食生活

子供の離乳食はすべてを手作りで頑張っている! と自信を持って言えるママは、どのく …

育児日記を続けるコツ
乳幼児期に育児日記を書くことのメリット&育児日記を続けるコツ

みなさんは「育児日記」を付けていますか?出産のお祝いとして、産院から頂くこともあ …

赤ちゃんや子どもの鼻水!どうやって対処したら良い?

赤ちゃんや子どもが鼻水を出していると、呼吸が苦しそうで息ができなくなってしまうの …

赤ちゃんが離乳食を食べてくれない理由とは?はじめての離乳食ガイド

母乳やミルクが卒業に近づくと『離乳食』が待っています。早く1人で食べてほしい、大 …

子供の食べ物の「好き嫌い」を克服するには?

お子さんが成長して大きくなるにつれて、食べ物の好き嫌いは、パパママにとっても悩み …

授乳ケープおすすめ
赤ちゃんへの公共の場での授乳は反対が6割!授乳スペースを活用しよう

愛おしそうに赤ちゃんを抱っこするお母さん。街で見かけるたびに、その幸せなオーラに …

子供の育てたい「個性」は生後3年間で決まる!赤ちゃんにはいっぱい触れましょう

今は時代もグローバル化が進み、どんどん世界へ進出していく人たちが増えています。こ …

「きちんとしている子ね!」と思われるのは礼儀の基本「あいさつ」出来る子

「こんにちは!」と自分があいさつした時の相手の反応って、すごく気になりますよね。 …