みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供が喜ぶ昼食に冷たい麺類のレシピご紹介!トマトパスタなど美味しい麺類メニュー

   

とうふ
夏休みが近付くと、ママの頭を悩ませるのが毎日のお昼ご飯ではありませんか?自分だけなら簡単に済ませる昼食も、食べ盛りの子供がいればしっかり作らなければなりません。夏に子供が喜んでモリモリ食べてくれると言えば、冷たい麺!しかし、毎日そうめんのオンパレードではつまらないですよね。子供にも人気のある、レパートリーに富んだ冷たい麺レシピをご紹介します。

和風冷やし納豆うどん

冷たいうどんを用意します。ひき割り納豆・ネギ・摩り下ろした長芋・生卵の黄身を適当にちらし、ゴマ油とゴマを少々乗せて、めんつゆをかければ完成!栄養たっぷりのうどんです。

簡単!混ぜるだけ! 冷製トマトパスタ

ボウルに刻んだトマト3個・茹でた鶏肉適量・オリーブオイル60ml・塩小さじ2・コショウ少々・顆粒コンソメ小さじ2を混ぜ合わせます。柔らかめに茹でたパスタを水洗いし、水気を切って具・調味料と混ぜ合わせて完成です。仕上げにバジルを振り掛けると本格的な風味に!好みで炒めたナスやズッキーニを混ぜると野菜も摂れて栄養満点になります。

安くて美味し~い 冷やし天かすとじそば

お鍋に天かすと、ひたひたのそばつゆを入れ、火にかけます。天かすがしんなりしたところで、溶き卵を加えて全体を混ぜます。卵に火が通ればOK!冷蔵庫で冷やします。そばを茹でて冷水で洗い、天かすの卵とじを乗せてそばつゆをかければ、とってもコクのあるおそばの出来上がり!好みでネギを散らしてくださいね。

パリパリが楽しい 中華そうめん

そうめんを茹で、冷水で洗います。細く切ったきゅうりやレタス・水菜・茹で卵・茹でて裂いた鶏ささみ・ハムなど、お好みの具材を乗せます。冷やし中華のたれとゴマをかけます。トースターでから焼きした餃子の皮を砕き、かけながら頂きます。餃子の皮は3~4分でほど良い焼き色が付き、かんたんに砕けて子供たちには大人気!食感を楽しめる冷やし麺です。

スタミナ満点★冷やしラーメン

豚肉または牛肉をフライパンで炒めます。塩・こしょう少々と、醤油:みりん:砂糖を3:2:1の割合で味付けます。茹でて冷やしたラーメンに、炒めたお肉とざっと乗せます。好みで白髪ねぎや水にさらした玉ねぎ、刻んだ小ねぎや千切りのきゅうり、レタスなどの野菜を一緒に乗せてください。冷やし中華のタレをかけて完成です。ボリューム満点のひと品です。

盛岡冷麺風! ひやむぎ

(2人分)顆粒鶏ガラスープ大さじ1、醤油大さじ2、みりん大さじ2、塩少々、水2カップ、砂糖小さじ1、酢50~60ccをすべて鍋に入れます。ひと煮立ちさせ、粗熱をとって冷蔵庫で冷やしておきます。茹でて洗った冷たい冷麦に、たっぷりの冷えたたれをかけ、ハムや茹で豚肉、きゅうりやレタス、リンゴやキウイの果物を乗せて完成!大人はキムチの漬物を乗せても美味しく食べられます。
冷たい麺は子供も大好き。使うお皿も少ないので、食器洗いも楽!今年の夏休みには、どのレシピも、ぜひお試しくださいね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

赤ちゃんの「乳幼児揺さぶられ症候群」が増えている!?その「あやし方」…気をつけて!

産まれて間もない赤ちゃんは、言葉を発する代わりに「泣く」という行動で周りの人に自 …

最初は良かったのに…苦手になってしまったママ友との付き合い、どうする?

子育てをするうえで必ずと言っていいほどついて回る「ママ友」という存在。 あるとき …

子供部屋をオシャレな家具や収納道具でスッキリ!インテリアの選び方

子供部屋ってカラフルな玩具が多く、整理整頓しているつもりでも、どうしても見た目に …

知っておくと便利!離乳食の冷凍保存方法

子供の離乳食作りは、生後5~6カ月から始まり、1歳を過ぎるまで続きます。 特にス …

子どもの髪の毛を自宅で切る!上手いやり方とは?

気が付くとすぐに伸びてきてしまう子どもの髪の毛、美容院に行こうにもまだ静かに座っ …

子どもの関節に湿疹が…!素早く治すには皮膚科に行くことが大切!

ふと気付くと、子どもの関節のところに湿疹ができていること、ありませんか? うちの …

このままで大丈夫かな?子供の身長を伸ばすためにできること

「あれ?うちの子だけなんだか小さい」「去年まで同じくらいの身長だったのに、すっか …

授乳ケープおすすめ
赤ちゃんへの公共の場での授乳は反対が6割!授乳スペースを活用しよう

愛おしそうに赤ちゃんを抱っこするお母さん。街で見かけるたびに、その幸せなオーラに …

叱るとき・怒るとき・注意するとき、上手に使い分けて怒りんぼママから素敵ママに大変身!

育児中は、叱る・怒る・注意、この3つを無意識に使っていると思います。ですが、無意 …

子供のアレルギー対策
赤ちゃんのアレルギー対策。自治体主催のアレルギー予防教室で守る方法を学びましょう

アレルギーを持つ子供は年々増えていますよね。 原因はさまざまですが、なってしまっ …