みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供が喜ぶ昼食に冷たい麺類のレシピご紹介!トマトパスタなど美味しい麺類メニュー

   

とうふ
夏休みが近付くと、ママの頭を悩ませるのが毎日のお昼ご飯ではありませんか?自分だけなら簡単に済ませる昼食も、食べ盛りの子供がいればしっかり作らなければなりません。夏に子供が喜んでモリモリ食べてくれると言えば、冷たい麺!しかし、毎日そうめんのオンパレードではつまらないですよね。子供にも人気のある、レパートリーに富んだ冷たい麺レシピをご紹介します。

和風冷やし納豆うどん

冷たいうどんを用意します。ひき割り納豆・ネギ・摩り下ろした長芋・生卵の黄身を適当にちらし、ゴマ油とゴマを少々乗せて、めんつゆをかければ完成!栄養たっぷりのうどんです。

簡単!混ぜるだけ! 冷製トマトパスタ

ボウルに刻んだトマト3個・茹でた鶏肉適量・オリーブオイル60ml・塩小さじ2・コショウ少々・顆粒コンソメ小さじ2を混ぜ合わせます。柔らかめに茹でたパスタを水洗いし、水気を切って具・調味料と混ぜ合わせて完成です。仕上げにバジルを振り掛けると本格的な風味に!好みで炒めたナスやズッキーニを混ぜると野菜も摂れて栄養満点になります。

安くて美味し~い 冷やし天かすとじそば

お鍋に天かすと、ひたひたのそばつゆを入れ、火にかけます。天かすがしんなりしたところで、溶き卵を加えて全体を混ぜます。卵に火が通ればOK!冷蔵庫で冷やします。そばを茹でて冷水で洗い、天かすの卵とじを乗せてそばつゆをかければ、とってもコクのあるおそばの出来上がり!好みでネギを散らしてくださいね。

パリパリが楽しい 中華そうめん

そうめんを茹で、冷水で洗います。細く切ったきゅうりやレタス・水菜・茹で卵・茹でて裂いた鶏ささみ・ハムなど、お好みの具材を乗せます。冷やし中華のたれとゴマをかけます。トースターでから焼きした餃子の皮を砕き、かけながら頂きます。餃子の皮は3~4分でほど良い焼き色が付き、かんたんに砕けて子供たちには大人気!食感を楽しめる冷やし麺です。

スタミナ満点★冷やしラーメン

豚肉または牛肉をフライパンで炒めます。塩・こしょう少々と、醤油:みりん:砂糖を3:2:1の割合で味付けます。茹でて冷やしたラーメンに、炒めたお肉とざっと乗せます。好みで白髪ねぎや水にさらした玉ねぎ、刻んだ小ねぎや千切りのきゅうり、レタスなどの野菜を一緒に乗せてください。冷やし中華のタレをかけて完成です。ボリューム満点のひと品です。

盛岡冷麺風! ひやむぎ

(2人分)顆粒鶏ガラスープ大さじ1、醤油大さじ2、みりん大さじ2、塩少々、水2カップ、砂糖小さじ1、酢50~60ccをすべて鍋に入れます。ひと煮立ちさせ、粗熱をとって冷蔵庫で冷やしておきます。茹でて洗った冷たい冷麦に、たっぷりの冷えたたれをかけ、ハムや茹で豚肉、きゅうりやレタス、リンゴやキウイの果物を乗せて完成!大人はキムチの漬物を乗せても美味しく食べられます。
冷たい麺は子供も大好き。使うお皿も少ないので、食器洗いも楽!今年の夏休みには、どのレシピも、ぜひお試しくださいね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供の視力とスマホ
子供がパソコンやスマホゲームに夢中。子供の視力は大丈夫?

時代の流れに伴って、最新機器はどの家庭においても気軽に使える便利なアイテムとして …

飲食店で市販のベビーフード、勝手に食べるのってアリ?

まだまだ産まれたばかりの頃は、大人の分だけご飯を用意すれば良いので外食も比較的大 …

子供が巻き込まれる悲しい事件…そうならない為に子供を「巻き込む環境をつくる」とは?

テレビのニュースを見ていると、子供たちが事件に巻き込まれてしまう事案がとても多く …

1歳のお祝い!一升餅のやり方と意味とは?

子どもが1歳になったら、自宅や飲食店などで家族が集まって一升餅のお祝いをします。 …

みんなとは違う!ちょっと変わった習い事ベスト3!

私が子供のころの習い事の定番といえば、 習字、そろばん、ピアノくらいでしたが、近 …

集団学習塾
家庭教師と集団学習塾のメリット・デメリット比較。子供に合っているのはどっち?

お子さんの将来のことを考えると、やはり教育には力を注いであげたいものです。 です …

「熱性けいれん」ってどんな症状?起こってしまった時の対処法を知り、パニックを起こさず冷静に処置しましょう

小さなお子さんを持つパパママには「熱性けいれん」という言葉、一度は聞いた事あるか …

図工作品の整理
子供の図工作品や絵をどう収納・整理・処分する?かさばる思い出の品を分別しよう

子供が一生懸命作った図画工作物はどう整理していますか? 小さな頃は初めて〇〇が描 …

乳幼児の誤飲、気をつけて!もしもの時の応急処置を知りましょう

小さな赤ちゃんは好奇心旺盛で、何でも口の中へ入れて確かめたりしますよね。ですから …

幼少期の「なぜなぜ期」を大切にしてあげると勉強好きな子になる!

小学校へ入学すると義務教育が始まり、得意、不得意に関わらず一通りの勉強をすること …