みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

朝ごはんに嬉しいお餅を使ったレシピ集

   

毎日の朝食に頭を悩ませるママ必見のレシピ集!今回は、特に育ちざかり食べ盛りの中高生におすすめの、腹持ちが良いお餅を使ったメニューをご紹介します。お餅は腹持ちが良いだけではありません。何と、子供に大切なエネルギー源となる糖質が、ご飯の35%も多く含まれているのです。ですから、まさに子供の朝ごはんには最適のお餅。ぜひ、毎日の朝食に取り入れてくださいね!

お餅ピザ

食べたい量の切り餅を5mmくらいにスライスします。フライパンに大さじ1くらいの油を熱してお餅を全体に適当に散らし、大匙3程度のお水を振りかけたら蓋をして弱火で焼きます。全体が柔らかくなったら、濡らしたスプーンなどで広げます。ピザソースやケチャップを塗り、ウインナー・玉ねぎ・ピーマン・サラミなど、好きな具ととろけるチーズをのせます。蓋をしてチーズが溶けたら完成!お餅は洋風レシピにもよく合います。子供が喜んでしっかり食べてくれるでしょう!

納豆餅

フライパンに切り餅を乗せ、蓋をして柔らかく両面を焼きます。膨らんできたら火を止め、ひと肌程度のぬるまお湯にくぐらせます。納豆と醤油・好みでお砂糖やネギなどを混ぜた中に、焼けたお餅を投入!混ぜながら頂きます。朝から栄養満点の1品です。

バター醤油餅

フライパンに切り餅を乗せ、蓋をして柔らかく両面を焼きます。膨らんで来たら火を止め、バターを散らします。お餅1個に対し、小さじ1程度くらいが目安です。バターが溶けたら全体に醤油を回しかけて出来上がり!こってりバター醤油味は、子供に大人気の満足できる朝ごはんです。

シチューでお餅グラタン

前日にシチューをした翌朝は、残りシチューを使いましょう。耐熱皿に一口大に切ったお餅を並べ、シチューをかけます。マヨネーズととろけるチーズを全体にかけて、パン粉をふりかけ、270度くらいのオーブンで10分ほど焼けば出来上がり。マヨネーズとお餅の相性が抜群です。

お餅スープ

予め、野菜たっぷりの和風スープを作っておきましょう。人参・ゴボウ・玉ねぎなどの野菜をコトコト煮込み、顆粒の和風だしと醤油を少々で味付けておきます。夕飯のスープとして大めに作っておくといいですよ!朝は、フライパンやトースターで一口大のお餅を焼き、スープに入れるだけ。野菜も摂れて、体の芯から温まる、健康的な朝ごはんになります。

お餅でもちもちお好み焼き

切り餅2個、卵1個、キャベツを適量、ベーコンや豚ばら肉などお好みのお肉を適量、混ぜ合わせます。フライパンに油を熱し、混ぜ合わせた具材を投入して強火で焼きます。焼き目が付いたら蓋をして5分ほど弱火で焼き、蓋をあけてひっくり返したら、火を強めてもう片面に焼き色を付けます。お皿に盛りつけて、ソースとマヨネーズ、鰹節をかけて完成です。朝からボリューム満点、食べ盛りの子供に嬉しいレシピです。

お餅は冷凍で常備を!

真空パックのお餅は長持ちしますが、お正月の鏡餅や、自分でついた自家製のお餅はそのままだと乾燥したりカビが生えてきます。食べやすい大きさに切り分けて冷凍保存しておけば、凍った状態のまま使えてとても便利です!手軽に使えて和洋折衷問わず使えるお餅。食べやすくもあり、子供の朝食には最適です。ぜひ作ってみてくださいね!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

謙遜しすぎるのは考えもの!?「自分が好きだ!」と言える子供に育てよう!

「お利口さんなお子さんですね!」と誰かに褒められたとき、あなたはどんな返事を返し …

我が子を大学まで進学させたい…無理なく貯金するのはいつがベスト?

お子さんが産まれると、その子の将来を考えたり夢を見たり…親御さんの期待は膨らむで …

夏休みだからこそ出費を押さえたい!ついやってしまう無駄遣いに注意!

長い長〜い夏休み!子供にとっては楽しいことがいっぱいなのでワクワクするのですが、 …

ひらがな学習スタート年齢
子供に「ひらがな」を教えるのは何歳から?4歳からひらがな学習をする子が多い理由とは

小学校では本格的にお勉強が始まりますが、そのなかでも基本はやっぱり「ひらがな」で …

子供の靴のサイズ
間違った方法で子供の靴選びをしていませんか?サイズが合わないと足の指が曲がってしまう危険性あり

小さな子供に靴を買う時、「すぐに履けなくなってしまうから…」と大きめな靴を買って …

子供同士の喧嘩・トラブルに親はどこまで介入すべき?親には知られたくない子供の気持ち

小学生、特に3年生頃になると、子供は自分の意見をしっかり持つようになります。それ …

イヤイヤ期のお母さん必見!約束がある日の準備、どうしていますか?

「早くして!時間がないんだから!」 こんなセリフは、イヤイヤ期の2歳児を相手にし …

子育て期はお金がかかる…ちょっとの見直しで「子育て浪費」をグンと減らす方法とは?

赤ちゃんから幼児期になるまでの子供の成長は著しく、すぐに大きくなってしまうので洋 …

ハイハイせずに歩きだしちゃった!このままで大丈夫?

赤ちゃんを育てていくうえで、どうしても気になってしまうのが体の発達面です。 首が …

1歳の子どもがご飯を食べない!その理由と対策を紹介

離乳食も食べ始めてから半年ほど経ち、ずいぶん慣れてきて軌道に乗ってきた1歳。 だ …