みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

小学生の子供の夜尿症を治す!おねしょの原因は意外なところにあることも

   

0180501
子供はスムーズにいけば幼稚園入園前に夜中のおむつが外れます。個人差があり、幼稚園に入っておむつは付けなくても、夜中におねしょをしてしまう子供はいるでしょう。
しかし、まだ幼稚園児だから、こういう日もあるわ・・・と諦めも気持ちも持つことができる年齢ですよね。

それが小学生になり、3年生、4年生でも時々おねしょをしてしまう子供がいることは事実です。幼児期には「おねしょ」と呼びますが、小学生になると一般的には病気の一種と捉えられ、「夜尿症」と呼ばれます。この夜尿症、実は意外なところに原因が隠れている場合もあるのです。

おねしょは悪いこと?

子供がおねしょをしてしまうと「どうしてトイレに起きないの!!」と怒ってしまった経験はありませんか?「どうして?起きない?」・・・いえ、子供は起きないのではありません。起きることができないのです。どうして?その理由がわかっていれば、おねしょなどするはずがありません。小学生にもなれば、「おねしょ=恥ずかしいこと、してはいけないこと」だとわかっているはずです。外で自分のおねしょのことを自慢する子供はいませんよね。ですから、子供自身が「やってしまった・・・」と深く反省しているところに「どうして!!」と親が怒っても、何の解決にも繋がらないのです。悪いことだとわかってしたのなら叱る意味はありませうが、おねしょのように、子供自信が知らず知らずの間に起きてしまうことを叱っても仕方がありません。

叱ることは逆効果

おねしょをしてしまった。ママに叱られた。恥ずかしい思いをした。もう叱られたくない。頑張らなくちゃ・・・。この気持ちは、子供にとって大きなプレッシャー、そしてストレスになります。さらに、そのプレッシャーに負けておねしょをしてしまった子供の心は大きく傷付きます。自信を失くします。自信を失くすことが、また次のおねしょに繋がります。叱ることは子供にストレスを与え、自信をなくし、プレッシャーに勝つ気力は全くなくなります。ママの気持ちとは反対に、頑張って直そう!という気持ちは減退して行くでしょう。

安心させてあげることが、一番の解決策

どうしよう、おねしょをしてしまうかもしれない・・・そんな不安を抱えながら、子供が熟睡できると思いますか?まず、寝る前に飲み物を飲まない、トイレに行くという習慣を付けたら、あとはぐっすり眠らせてあげましょう。もしおねしょをしてしまっても大丈夫!という安心感は大きな解決要因です。防水シートを敷く、ダメにしても良い布団を使う、という環境を整えてあげましょう。第一に、「安心して眠りなさい。もしおねしょをしてしまっても、ママが取り替えてあげるから大丈夫!」「そのうち治るわ!」と言ってあげましょう。そして、おねしょをしなかった日はおおいに褒めてあげることが大切です。『安心感』と『自信』を付けることが必要なのです。

もしも、どうしても治すことができなかったら・・・

ご紹介した方法を試してもおねしょが治らない、毎日毎日続けておねしょをする・・・こういう場合は、精神的要因ではなく、膀胱が極端に小さかったり、膀胱が正常に機能していないという原因も否めません。投薬などの治療で改善できる場合もありますから、物理的要因が疑われる場合は病院を受診することも必要になります。いずれにしても、叱ることは解決に繋がらないのだと覚えておいてください。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

授乳ケープおすすめ
赤ちゃんへの公共の場での授乳は反対が6割!授乳スペースを活用しよう

愛おしそうに赤ちゃんを抱っこするお母さん。街で見かけるたびに、その幸せなオーラに …

ママ友から人望を集める素敵なママになりたい!ママ友グループで好かれるタイプの女性とは?

幼稚園や保育園へ通うようになると、やっぱり気になるのは「ママ友」の存在です。 「 …

旭山動物園
夏休みは北海道旅行がオススメ!家族で楽しめる人気スポット6選

夏休みは風がからっとした北海道へ、遊びに出かけませんか? 北海道で美味しい物を食 …

「良く噛んで食べなさい!」は子供の集中力をアップするのに最適だった!

昔からお母さんに「食べ物は良く噛んで食べなさい!」と言われてきましたよね。 実は …

子どもは親の行動をよく見ている!真似っこ上手な1、2歳児の特徴とは?

普段の何気ない行動でも、完全コピーをしてくる侮れない子どもの観察力。 挨拶だった …

育児ノイローゼ対策
育児を一人で抱え込まないことが大切。母親の育児ノイローゼを防ぐ方法は?

毎日かわいいお子さんとの生活。話しかけたらにっこり微笑んでくれたり、作ったものを …

一人っ子の教育
一人っ子を甘やかすと自立心が育たず無気力になる。一人っ子の子育てで気をつけたいこととは?

核家族化が進む現代社会に伴い、「一人っ子」も増加傾向にあることは、みなさんご存知 …

子供はママの背中も見ています!ワークママに育てられた子供は高収入になる!?

お子さんが小さくてもお仕事を続けているママはとても多くて、帰りが遅くなって子供が …

子どもの熱中症
子供の熱中症予防と症状まとめ。6月から気温が高くなるので要注意!

『子供の熱中症』 最近は春の季節から急に気温が上がり春らしい気候があっという間に …

「赤ちゃん言葉」は子供の言語発達に効果的!子育ての時は赤ちゃん言葉を使おう

「赤ちゃんに話しかけるときは、大人の使う言葉の方が良いのでは?」という考えを聞い …