みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供の仕上げ磨きは何歳まで?小学生になれば大丈夫?

   

illust159
生後5~6カ月くらいになると、赤ちゃんには可愛い乳歯が生え始めますね。ママは毎日の歯磨きに一生懸命になるでしょう。
幼児になり、子供が自分で磨くことを覚えてくると、今度は仕上げ磨きに苦労するのではないでしょうか。そして小学生になると、「もう自分で磨けているから大丈夫!」と、仕上げ磨きをしなくなる・・・というご家庭は多いでしょう。

本当に、小学生になれば仕上げ磨きは必要ないのでしょうか?必要ないと判断する基準は?幼児期でも必要ない子はいるの?その点についての疑問にお答えしたいと思います。

上手に磨けている?その判断基準は?

歯の隅々まできれいに磨くことのできる幼児は、そうはいません。朝晩、必ずママが仕上げ磨きをしてあげることは、大切な乳歯を守るためにとても大切なことです。また、乳児期に比べるとおやつを食べる機会も増えるでしょう。幼稚園でお弁当を食べたり、お友達の家でジュースをご馳走になったり、甘い物を口にする機会がとても多くなるため、虫歯菌も繁殖しやすい状態になります。今まで以上にしっかり磨いてあげる習慣を付けてください。

小学生になったら必要ない!は大間違い

小学校低学年になると、ますます仕上げ磨きが大切になります。特に磨き残しの多い一番奥の歯は、6歳臼歯、つまり最初の大人の歯が生えて来る時期です。乳歯が抜けて生えるのであれば、「いよいよ大人の歯が生えてきた!」とわかりますが、この6歳臼歯は、もともと乳歯のない場所に生えて来る大人の歯ですから、「気が付いたら生えていた・・・」という状況になりやすいのです。そのうえ、子供にとっては一番磨きにくいのですから、最も虫歯になりやすいことになります。ですから、毎日の仕上げ磨きをすることは、歯についた歯石を落とすだけでなく、子供の口の中を見て状況を把握するという意味でも必要なことなのです。

小学校中学年では?

実際に、小学校中学年(3~4年生)の子供を育てている方で、毎日必ず仕上げ磨きを行っているというご家庭は非常に少ないと思います。この年齢は、日常の中で身の回りのことは、ほとんど自分でできるようになります。朝の支度から始まり、夜はお風呂に入ることも親の手を借りずにできますよね。その延長で歯磨きも自分で行うという子供がほとんどでしょう。しかし、この時期は乳歯と永久歯が混在する時期です。歯もきれいに並んで生えているわけではなく、抜けた歯があったり、大きな歯と小さな歯が入り混じっているために、非常に磨き残しが生じるのです。

磨いてあげるのではなく、磨き残しをチェックする!

寝る前の歯磨きを自分で行うことは大切なことです。いつまでもママに仕上げ磨きをしてもらう・・・これでは状態しませんよね。毎日ママの膝に頭を乗せて・・・という状況を嫌がる子供も多いでしょう。大切なのは、磨いてあげることではありません。磨き残しがないか、チェックしてあげることです。子供が自分で歯磨きをした後、さっと口の中全体を見て歯石が残っていないかを見てあげてください。小さな鏡を使い、歯の裏側や奥歯の溝、前歯の裏側、隣り合った歯と歯の隙間、そして歯と歯ぐきの境い目・・・細かい部分をチェックすることで、子供が上手に磨けていない場所を知ることができます。そうすれば、子供自身が苦手な部分を丹念に磨く習慣が付くでしょう。そうして、次第に上手に歯磨きができるようになるのです。

最近、磨き残しがないわね!

毎日の磨き残しチェックを続けて、子供が上手に磨けるようになってきたと感じたら、いよいよ子供に任せて大丈夫!という時期です。大人でも磨き残しは生じる難しい歯磨きですから、独り立ちの時期を焦らず、できるだけ長い期間チェックしげあげることを続けてください。毎日、たった数分・・・数秒?のチェックで、子供の歯肉炎や虫歯を防ぐことができるのですから、大切に考えて取り組んでくださいね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

直したい子供の「人見知り」。社会性を育む方法を考えてみましょう

2才を過ぎる頃になると、激しい人見知りをする子供が出てきます。お買い物へ出かけて …

先生に意見をいう
保護者から担任の先生への苦情・意見の伝え方。角が立たないように主張する方法とは?

ここ数年で「モンスターペアレント」という言葉が定着し、その存在は学校の先生や周り …

子供のスマホは危険がいっぱい!情報リテラシーの大切さを再度考えてみませんか?

今は幼い子供でもママもスマホを使いこなし、小学生では自分専用の携帯を持っている子 …

妊娠高血圧症候群の危険性!高齢出産でなければ大丈夫!…とも限らない?

妊娠高血圧症候群という病気をご存じですか?妊娠しているママや、そのお腹にいる赤ち …

「勉強しなさい!」って言いたくない…進んで勉強する子って、何が違うの?

比べたくはないけど、やっぱりよその子を見ていると「あの子はいつも成績優秀よね、何 …

先回りし過ぎて子供の「表現力」を潰してしまっていませんか?豊かな表現力を身につける為にできる事とは?

世の中を見渡してみると、社会で成功していたり、家庭で幸せを築いている人たちって、 …

ママ友を作りたい!仲良くなれる言葉がけとは?

様々なトラブルなどから、どちらかというとマイナスなイメージが先行しているママ友付 …

ダラダラ叱るのは逆効果!?「一発」で子供に届く叱り方に切り替えよう!

子供を叱るのは、今後、同じ間違いをしないようにして欲しい…という親の気持ちを子供 …

鍵っ子の子供たちに教えておきたい7つの心得

夫婦共働きが多い現代、小学生の子供たちが自分で鍵を持って学校へ行き、帰宅後は自宅 …

過保護の違い
子供の話を聞くことが子育てで大切な理由。子供を受け止めるスキルを磨きましょう

子供のする話を聞いていますか? 「もちろん!」と答えるパパママがほとんどだと思い …