みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供の仕上げ磨きは何歳まで?小学生になれば大丈夫?

   

illust159
生後5~6カ月くらいになると、赤ちゃんには可愛い乳歯が生え始めますね。ママは毎日の歯磨きに一生懸命になるでしょう。
幼児になり、子供が自分で磨くことを覚えてくると、今度は仕上げ磨きに苦労するのではないでしょうか。そして小学生になると、「もう自分で磨けているから大丈夫!」と、仕上げ磨きをしなくなる・・・というご家庭は多いでしょう。

本当に、小学生になれば仕上げ磨きは必要ないのでしょうか?必要ないと判断する基準は?幼児期でも必要ない子はいるの?その点についての疑問にお答えしたいと思います。

上手に磨けている?その判断基準は?

歯の隅々まできれいに磨くことのできる幼児は、そうはいません。朝晩、必ずママが仕上げ磨きをしてあげることは、大切な乳歯を守るためにとても大切なことです。また、乳児期に比べるとおやつを食べる機会も増えるでしょう。幼稚園でお弁当を食べたり、お友達の家でジュースをご馳走になったり、甘い物を口にする機会がとても多くなるため、虫歯菌も繁殖しやすい状態になります。今まで以上にしっかり磨いてあげる習慣を付けてください。

小学生になったら必要ない!は大間違い

小学校低学年になると、ますます仕上げ磨きが大切になります。特に磨き残しの多い一番奥の歯は、6歳臼歯、つまり最初の大人の歯が生えて来る時期です。乳歯が抜けて生えるのであれば、「いよいよ大人の歯が生えてきた!」とわかりますが、この6歳臼歯は、もともと乳歯のない場所に生えて来る大人の歯ですから、「気が付いたら生えていた・・・」という状況になりやすいのです。そのうえ、子供にとっては一番磨きにくいのですから、最も虫歯になりやすいことになります。ですから、毎日の仕上げ磨きをすることは、歯についた歯石を落とすだけでなく、子供の口の中を見て状況を把握するという意味でも必要なことなのです。

小学校中学年では?

実際に、小学校中学年(3~4年生)の子供を育てている方で、毎日必ず仕上げ磨きを行っているというご家庭は非常に少ないと思います。この年齢は、日常の中で身の回りのことは、ほとんど自分でできるようになります。朝の支度から始まり、夜はお風呂に入ることも親の手を借りずにできますよね。その延長で歯磨きも自分で行うという子供がほとんどでしょう。しかし、この時期は乳歯と永久歯が混在する時期です。歯もきれいに並んで生えているわけではなく、抜けた歯があったり、大きな歯と小さな歯が入り混じっているために、非常に磨き残しが生じるのです。

磨いてあげるのではなく、磨き残しをチェックする!

寝る前の歯磨きを自分で行うことは大切なことです。いつまでもママに仕上げ磨きをしてもらう・・・これでは状態しませんよね。毎日ママの膝に頭を乗せて・・・という状況を嫌がる子供も多いでしょう。大切なのは、磨いてあげることではありません。磨き残しがないか、チェックしてあげることです。子供が自分で歯磨きをした後、さっと口の中全体を見て歯石が残っていないかを見てあげてください。小さな鏡を使い、歯の裏側や奥歯の溝、前歯の裏側、隣り合った歯と歯の隙間、そして歯と歯ぐきの境い目・・・細かい部分をチェックすることで、子供が上手に磨けていない場所を知ることができます。そうすれば、子供自身が苦手な部分を丹念に磨く習慣が付くでしょう。そうして、次第に上手に歯磨きができるようになるのです。

最近、磨き残しがないわね!

毎日の磨き残しチェックを続けて、子供が上手に磨けるようになってきたと感じたら、いよいよ子供に任せて大丈夫!という時期です。大人でも磨き残しは生じる難しい歯磨きですから、独り立ちの時期を焦らず、できるだけ長い期間チェックしげあげることを続けてください。毎日、たった数分・・・数秒?のチェックで、子供の歯肉炎や虫歯を防ぐことができるのですから、大切に考えて取り組んでくださいね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供パソコン注意点
小さな子供に自宅でパソコンを使わせる際の注意点。これだけは絶対に覚えておきたい3つのポイント!

小学校の指導要綱にパソコンが導入され、自宅では一家に1台・・・いえ1人1台パソコ …

男の子
人の話を聞かない子供はどう注意すれば直るの?男の子が学校のことを話さない理由

小さなころは「ただいま!あのね、先生がね…」と毎日話してくれたのに、大きくなるに …

子供の将来は「しつけ」で決まる!育ちのいい環境はこう作る!

「あの人は育ちが良いわ」「品のない食べ方ね…」人間は、立ち振る舞いや行動を、常に …

子供達に人気の手作りおやつ!とっておきの4選

子供の友達が遊びに来る!そんな時、ポテトチップスやクッキーなど、市販のお菓子を用 …

ハイハイせずに歩きだしちゃった!このままで大丈夫?

赤ちゃんを育てていくうえで、どうしても気になってしまうのが体の発達面です。 首が …

夏休み
子供の学びは好奇心から始まる。将来につながる色んな経験をさせてあげよう

産まれてきた赤ちゃん。 か弱くて、無垢で100%守ってあげないとと思います。 そ …

赤ちゃんや子どもの鼻水!どうやって対処したら良い?

赤ちゃんや子どもが鼻水を出していると、呼吸が苦しそうで息ができなくなってしまうの …

子供のアレルギー対策
赤ちゃんのアレルギー対策。自治体主催のアレルギー予防教室で守る方法を学びましょう

アレルギーを持つ子供は年々増えていますよね。 原因はさまざまですが、なってしまっ …

過保護の違い
子供の話を聞くことが子育てで大切な理由。子供を受け止めるスキルを磨きましょう

子供のする話を聞いていますか? 「もちろん!」と答えるパパママがほとんどだと思い …

子育てに重要な生活リズム。子供の生活の質を考えていますか?

QOLとは「Quality of Life」の略で「生活の質」を意味します。 あ …