みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

気をつけて!「熱中症」は炎天下だけじゃない!室内でも起こるので注意しよう!

   

illust2723夏がやってくるとプールや海など楽しい遊びも盛りだくさんでワクワクしますが、小さい子供は特に暑さに弱いので、注意しないと「熱中症」になってしまいます。「炎天下で長時間遊ばせてないから大丈夫!」などと思っていませんか?油断は大敵!熱中症は家の中でも起こるのです。

炎天下での運動だけじゃなかった!?「熱中症」になる原因は?

「学校の体育中に運動場で倒れた生徒が、熱中症の疑いで病院へ運ばれました」などのニュースをよく耳にしますよね。炎天下でのスポーツをすることは危険なんだな…という意識は、みなさんお持ちだと思います。

室内なら日差しを直接浴びていないから大丈夫!…そう思っていらっしゃるなら、それは大変な誤解です!

人は汗をかくことで体の熱を放出し、体温調節をしています。炎天下で暑い日差しを浴びた状態はもちろん、暑くなった室内にいるだけでも、体からは汗が大量に出てしまう状況になってしまいます。

すると、体の水分が一気になくなり脱水症状になると、体にこもった熱を放出することが出来ないので体温はどんどん上昇してしまい、「熱中症」を引き起こしてしまうのです。

「熱中症」のサインは?対処法は?

子供は小さければ小さいほど、自分で自分の体の説明をすることは難しいので「おかしいな?」と思ったらサインを見過ごさないように気をつけましょう。

「汗をかかなくなった」「ふらふらしている状態」「元気がない」「赤い(青い)顔をしている」などは「熱中症」の可能性があります。まずは「水分補給」と「体を冷やす」ことが大切です。

涼しい場所に移動させ、イオン水や少し塩分を含んだ水などを与えましょう。体を冷やすためには「首まわり」「わきの下」などに冷たい水で濡らしたタオルなどを当てて、体にこもってしまった熱を放出させます。

意識がもうろうとしていたり震え、嘔吐で水分が取れない状態のときは、一刻も早く病院へ連れて行き、医師の診断を受けてください。

親が気がつかないうちに「熱中症」まっしぐら!?「輻射熱」に要注意!!

夏のショッピングで小さなお子さんとお出かけになる機会も多いと思いますが、そこで気をつけたいのがアスファルトなどに蓄積された「輻射熱」です。

手をつないで歩いている、あるいはベビーカーに赤ちゃんを乗せている…いずれも、大人より低い位置にいる子供は、地面からの熱の影響を非常に受けやすいので、大人が「これくらいなら平気!」と思っていても、子供にとっては熱地獄!これでは熱中症へまっしぐらです。

炎天下で遊ぶことも危険なので控えましょう。外へ出かけるときには、意識的に涼しい場所で休む時間をこまめにとりましょう。帽子や通気性の良い服を着せてあげるなどの配慮も必要です。

室内でも暑い場所だと「熱中症」になってしまうことがお分かりいただけましたでしょうか?こまめな水分補給と涼しい場所での休憩を忘れずに!楽しい夏になるように心掛けましょう!

 




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

育児日記
育児日記をつけることの勧め。子供が小学生になったとき悩み解消に役立つ!

子供は成長と共に、自分の居場所を家庭より友達関係に求めるようになります。 小学生 …

お父さんにも育児に参加してほしい!心強いパートナーに育てよう!

今はもはや当たり前の存在になりつつある「イクメン」。 しかし、まだまだイクメンに …

子どもの熱中症
子供の熱中症予防と症状まとめ。6月から気温が高くなるので要注意!

『子供の熱中症』 最近は春の季節から急に気温が上がり春らしい気候があっという間に …

知っておくと便利!離乳食の冷凍保存方法

子供の離乳食作りは、生後5~6カ月から始まり、1歳を過ぎるまで続きます。 特にス …

食事で育脳!頭の良い子を育てる食事の仕方

子供の脳は勉強だけでは育ちません。勉強した内容を上手に取り入れるためには、勉強の …

発達障害の子供との付き合い方。子供にどう説明したらいい?

ここ数年、育児をしている方は「発達障害」という言葉を必ずと言って良いほど耳にして …

子供が風邪をひいてしまった時に食べさせたいものって?熱、咳…症状別に効く食べ物を知っておきましょう

肌寒い季節になってくると子供は風邪をひきやすく、一度かかってしまうとなかなか治ら …

ミキハウスの服
子供服の選び方。おすすめの二大ブランド『ファミリア』『ミキハウス』の違いとは?

子供服コーナーへ足を運ぶと色とりどりのかわいい服や大人顔負けのおしゃれな服など目 …

「いつまで寝てるの!」子供がひとりで起きられるようにするには?

生活のリズムを整えるためにはやはり「早寝早起き」が大切ですよね。だけど、前の日早 …

ママも子供も幸せになれる方法は「下から目線」の子育て

寝返りができて、お座りが出来るようになって、歩けるようになって…どんどん成長して …