みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

育てたい子供の「決断力」。見極める力をトレーニングしよう!

   

illust3754人間が生活を営んで行く上で、大切な場面では必ずといっていいほど「決断」を迫られますよね。最近の子供にはこの「決断力」が低下しているといわれ、ニートや結婚出来ない若者が増えてしまった原因のひとつでもあると言われています。

学校では「決断力」を学ぶことは出来ないって本当!?

小学校へ入学すると同時に「学習」の時間が始まりますよね。子供はランドセルに教科書を入れて教室で先生の授業を受ける事になります。決められた持ち物を持ち、決められた時間通りに授業が進み、決められた通りの生活を送る…もちろん、集団生活には子供に学ばせたい大切なことも多いのですが、「決断力を育たせたい」と考えたときに、学校生活ではほとんど「決断する」場面がないと思いませんか?では、一体どうすれば「決断力」を育たせることができるのでしょうか?

「自分のことは自分で決めさせる!」意外と出来ていない家庭が多いのです。

学校で「決断力」が学ぶ事が出来ないとなると、やはり家庭で過ごす中で育んでいく必要があります。だけど、子供を取り巻く全てのことを、親が決めてしまっていることにお気づきでしょうか?

「学校の用意をしなさい!」「お風呂入っちゃいなさい!」「宿題やっちゃいなさい!」など、あれもこれも過剰に子供の行動に口出ししていませんか?これでは、子供自身が自分のことは自分で決めることが全く出来ていませんよね。こうしたことが当たり前になってしまうと、主体性のある人間になるどころか、指示されないと動けない「指示待ち人間」になってしまいかねないのです。

「どっちがいい?」から始めてみましょう。「どっちでもいい」は優柔不断になってしまいます。

いきなり子供に「自分のことは自分で決めなさい」と言ってもどうしていいか分からない場合が多く、戸惑ってしまうでしょう。ですから始めは「こっちとこっち、どっちがいい?」と二択することから取り組んでみましょう。このとき、あまり時間をかけずに決めさせることが大切です。迷う時間が長引いてしまうと、パッと答えを出す力が育たなくなってしまいます。

朝着る洋服、スーパーで買うおやつ、帰って来て飲む飲み物…気がつくとさまざまな場面で「二択」を作ってあげることが出来ますよね。こうしたことも「決断力」を育む訓練になるのです。

親の意見を押し付けないように注意!「見守ってあげる」ことが大切です。

子供に判断を任せることは、時に間違った答えを選んでしまうかもしれません。しかし、そこで「それは違う!」と口出ししてしまうのではなく、見守ってあげて欲しいのです。もしかしたら子供自身で気がつくかもしれませんし、間違ったまま行動する場合もあるでしょう。しかし、それも経験です。間違った選択の時自分が嫌な思いをすれば、間違いをしなくなります。「今度は気をつけようね」と優しく言葉を掛けてあげましょう。

子供の頃から「決断力」を身につけて、有意義な人生を歩めるようにサポートしてあげたいものです。

 

 




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供の仕上げ磨きは何歳まで?小学生になれば大丈夫?

生後5~6カ月くらいになると、赤ちゃんには可愛い乳歯が生え始めますね。ママは毎日 …

毎日のお掃除大変でもうイヤ!「段階的目標設定」で楽々キレイを手に入れよう!

洗濯、食事、お掃除…家事を毎日こなすことは、ママにとっては本当に重労働ですし、時 …

子供は汗っかき、汗をかいたら水分補給を!!でも実は、汗をかいていない時にでもからだの水分は失われています。

子供は汗っかき。 少し動いただけでも驚くほどの汗が出ていますよね? 子供は(赤ち …

子供に洗濯干しのお手伝いを頼む6つのメリット

子供にとって、お手伝いに大切なポイントは「考えて出来ること」「やり遂げたという達 …

潤ってると思われがちな赤ちゃんの肌の皮脂量…実は大人の半分!赤ちゃんの乾燥肌対策していきましょう

よくキレイで潤いのあるお肌のことを「赤ちゃん肌」などと表現する事がありますが、実 …

子供への絵本
スキンシップは肌の触れ合いだけじゃない!絵本のすすめ

赤ちゃんはパパママとスキンシップをするのが大好きです。抱っこにミルクにおむつ替え …

子供の言葉を「横取り」しているママは要注意!?「話下手な子」になってしまう可能性がある?

「うちの子、なんで話をするのが苦手なんだろう…」人前に出てモジモジしてしまったり …

「完璧主義」な子育てになっていませんか?完璧主義過ぎると神経質な子供になってしまいます

子育てをしていると「なんでこんな事も出来ないの…?」など、あまりにも簡単な事を失 …

社会マナーは子供時代の集団生活から受け継がれていくものです!!

ゆとり世代以降の言動、行動、社会人マナーが問題とされています。 私は子供の習い事 …

子供とふれあう時間が少ない共働きのママは『絵本の読み聞かせ』をしてみよう。心を豊かにする絵本の話

ママの一日は忙しい。朝からお弁当を作って(家庭によっては数個作る場合もあります) …