みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

どうしたら寝てくれるの?赤ちゃんが眠ってくれない時はこうしよう!

   

illust766生後間もなくの赤ちゃんは、授乳におむつ交換に…夜も寝る暇がありませんよね。ママは毎日寝不足になるし、疲労困憊して本当に大変です。少しでもいいから眠って欲しい!そんな気持ちに反して、赤ちゃんは元気いっぱいになってしまうことも…。赤ちゃんを寝かしつけるコツ、何かあるのでしょうか?

赤ちゃんの気持ちを切り替えてあげると、すんなり眠ってくれることがあります

大人にとっては夜は眠る時間ですが、赤ちゃんにとってはまだ生活のリズムが出来ていないので、夜も昼も関係なく起きていることがあります。特に夜中に赤ちゃんが起き出してしまうとママは本当に大変ですよね。「どうにかして寝かしつけなきゃ!」と思ってしまいがちですが、寝かせようとすればするほど元気になる赤ちゃんに、ママもヘトヘトになってしまいます。

そんな時は、思い切って抱っこで外へ連れ出してみましょう。ベランダへ出てみるのもいいですし、窓を開けて、外の様子を感じるだけでも気分はがらっと変わるはずです。すると意外と赤ちゃんの気持ちも落ち着き、気持ちいい風に吹かれてすやすや眠ってしまう事もあるんです。

どうしても赤ちゃんが眠らないときは無理に寝かしつけようとしないで、思い切って違う事をして、赤ちゃんの気持ちを上手に切り替えてあげる工夫をしてみるといいでしょう。

赤ちゃんにとっての「眠りアイテム」を見つけましょう

だんだん、赤ちゃんにも好きなものが出来たり、お気に入りのオモチャなど出来るようになります。その中で、例えば触り心地のいいタオルやぬいぐるみなど、肌に触れているだけで安心したり、眠りを誘ってくれるような「眠りアイテム」がきっとあるはずです。

眠る時にいつも同じタオルを掛けてあげたり、そばにぬいぐるみを置いてあげたりしてみましょう。タオルはハンドタオルくらいの大きさのものを持たせると、お出かけする時にも便利です。

わが子の「これさえあれば!」を見つけてあげてくださいね。

眠らない赤ちゃんはいません。きっとそろそろ眠ってくれますよ。

泣いたり、笑ったり、授乳されたり、おむつ交換してもらったり。精一杯の愛で接してくれるパパやママと、もっと触れ合っていたいのでしょうか…さまざまな工夫をしてもやっぱり眠ってくれない時はあるものです。だけど、ずーっと起き続けている赤ちゃんはいませんよね。「もうそろそろ眠ってくれる!」と気持ちを前向きにして、あと少しだけ赤ちゃんに付き合ってあげましょう。

そうして抱っこやおんぶを頑張って、眠ってくれた赤ちゃんの寝顔は本当に天使です!わが子の可愛い寝顔は、パパママへの何よりのご褒美かもしれませんね。

赤ちゃんの寝かしつけは、急かせば急かすほど赤ちゃんにその気持ちが伝わって、興奮してしまい、余計に眠くならないこともあるようです。パパママがリラックスした気持ちで、「ねんねだよ〜」と赤ちゃんに優しく語りかけてあげるように心掛けましょう。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

幼稚園児のお弁当。可愛く美味しそうに見せる簡単なコツを伝授します!

保育園は基本的に給食ですが、幼稚園はまだまだお弁当を持って行くという園は多いはず …

子供を支配していませんか?子供は親の所有物ではありません!!

自分自身がお腹を痛めて生んだ我が子。 何よりもかけがえのない存在です。 愛して止 …

無駄遣いしていないのに貯金ゼロ…貯金の「出来る」「出来ない」の差のある家庭は何が違うのでしょうか?

「無駄使いなんてしていないのに、全然貯金が出来ないんです…」と、悩む子育て世代の …

ママ友付き合いでのトラブル喧嘩防止方法。ママ友との上手な付き合い方のコツ

子供が生まれたら避けて通れないのが、ママ友との付き合い。子供同士が友達、家が近所 …

赤ちゃんに健やかな「眠育」を!眠りやすい環境の作り方とは?

産まれたばかりの赤ちゃんは、眠って起きての繰り返しを一日中していますよね。それは …

授乳中の頭痛…薬って飲んでも大丈夫なの?

授乳中だけれど、お母さんも人間ですから体調不良くらいにはなりますよね。 特に多い …

父親の家庭での役割は子供に仕事について語ること。子供に働く大人の背中を見せよう

近年では、父親が子育てに参加することが当たり前になってきましたが、それでも男性の …

社会マナーは子供時代の集団生活から受け継がれていくものです!!

ゆとり世代以降の言動、行動、社会人マナーが問題とされています。 私は子供の習い事 …

嘘
反省のない子供の「嘘」はママの心の問題が大きく関係している

「嘘つきは泥棒の始まりだよ!」子供が何か「嘘」をついてしまったとき、親として悲し …

幼稚園お受験は良く考えてから!身の丈にあった育児をしないと家計破綻してしまいます

子供の教育を考えたとき「できればいい環境の中で学ばせてあげたい」と思うのは、きっ …