みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

どうしたら寝てくれるの?赤ちゃんが眠ってくれない時はこうしよう!

   

illust766生後間もなくの赤ちゃんは、授乳におむつ交換に…夜も寝る暇がありませんよね。ママは毎日寝不足になるし、疲労困憊して本当に大変です。少しでもいいから眠って欲しい!そんな気持ちに反して、赤ちゃんは元気いっぱいになってしまうことも…。赤ちゃんを寝かしつけるコツ、何かあるのでしょうか?

赤ちゃんの気持ちを切り替えてあげると、すんなり眠ってくれることがあります

大人にとっては夜は眠る時間ですが、赤ちゃんにとってはまだ生活のリズムが出来ていないので、夜も昼も関係なく起きていることがあります。特に夜中に赤ちゃんが起き出してしまうとママは本当に大変ですよね。「どうにかして寝かしつけなきゃ!」と思ってしまいがちですが、寝かせようとすればするほど元気になる赤ちゃんに、ママもヘトヘトになってしまいます。

そんな時は、思い切って抱っこで外へ連れ出してみましょう。ベランダへ出てみるのもいいですし、窓を開けて、外の様子を感じるだけでも気分はがらっと変わるはずです。すると意外と赤ちゃんの気持ちも落ち着き、気持ちいい風に吹かれてすやすや眠ってしまう事もあるんです。

どうしても赤ちゃんが眠らないときは無理に寝かしつけようとしないで、思い切って違う事をして、赤ちゃんの気持ちを上手に切り替えてあげる工夫をしてみるといいでしょう。

赤ちゃんにとっての「眠りアイテム」を見つけましょう

だんだん、赤ちゃんにも好きなものが出来たり、お気に入りのオモチャなど出来るようになります。その中で、例えば触り心地のいいタオルやぬいぐるみなど、肌に触れているだけで安心したり、眠りを誘ってくれるような「眠りアイテム」がきっとあるはずです。

眠る時にいつも同じタオルを掛けてあげたり、そばにぬいぐるみを置いてあげたりしてみましょう。タオルはハンドタオルくらいの大きさのものを持たせると、お出かけする時にも便利です。

わが子の「これさえあれば!」を見つけてあげてくださいね。

眠らない赤ちゃんはいません。きっとそろそろ眠ってくれますよ。

泣いたり、笑ったり、授乳されたり、おむつ交換してもらったり。精一杯の愛で接してくれるパパやママと、もっと触れ合っていたいのでしょうか…さまざまな工夫をしてもやっぱり眠ってくれない時はあるものです。だけど、ずーっと起き続けている赤ちゃんはいませんよね。「もうそろそろ眠ってくれる!」と気持ちを前向きにして、あと少しだけ赤ちゃんに付き合ってあげましょう。

そうして抱っこやおんぶを頑張って、眠ってくれた赤ちゃんの寝顔は本当に天使です!わが子の可愛い寝顔は、パパママへの何よりのご褒美かもしれませんね。

赤ちゃんの寝かしつけは、急かせば急かすほど赤ちゃんにその気持ちが伝わって、興奮してしまい、余計に眠くならないこともあるようです。パパママがリラックスした気持ちで、「ねんねだよ〜」と赤ちゃんに優しく語りかけてあげるように心掛けましょう。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

ガチャガチャ
スーパーで子供の目をひくガチャガチャ。買ってあげるべき?我慢させるべき?

3~5歳くらいの子供が、スーパーに行くとガチャガチャの前で立ち止まり、決まって「 …

「言い訳」する子供は将来が心配!?素直に謝る習慣を身につけるには?

「だって!」「でもさ!」「悪くないもん!」どんな事に対してもすぐに言い訳や口ごた …

子供のおねだり
わがままな子供のおねだり。デパートやお店で泣きわめく子供の対処法とは?

お買い物に出かけると「ママこれ買って!」「ダメです!」という会話の風景はよく見か …

幼稚園の選び方
幼稚園の選び方。園の強み(運動や音楽や芸術など)に注目しよう

子供が3歳になる頃、どこの幼稚園に通わせようかと考え始めますね。 幼稚園によって …

読書
子供の言語理解力やコミュニケーション力も高める「素話」を始めましょう!

「本を読む子」は就学後の学習においてもスムーズに勉強出来るので、読まない子に比べ …

子供の送り迎え
子供に塾や習い事をさせると親の負担は倍増!送り迎えなどでストレスの限界を迎えたらスケジュールの見直しを

塾や習い事と親の負担について 学校では、子供に必要な経験がおぼつかない。その思い …

鍵っ子の子供たちに教えておきたい7つの心得

夫婦共働きが多い現代、小学生の子供たちが自分で鍵を持って学校へ行き、帰宅後は自宅 …

ルール無視な親の行動が子供をマナーを守らない悪い子にしてしまう?

社会には「犯罪者」が多く存在しますが、その人たちも元を正せば「子供」だったわけで …

知っておくと便利!離乳食の冷凍保存方法

子供の離乳食作りは、生後5~6カ月から始まり、1歳を過ぎるまで続きます。 特にス …

学資保険
学資保険の仕組みと選び方。貯蓄型と保証型の特徴とメリット・デメリットまとめ

子供の養育費のこと、みなさんはどのように考えていますか? 「まだ赤ちゃんだし、必 …