みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

嫌がる子供の「歯みがき」は毎日大変…ちょっとした工夫で楽しく磨こう!

   

illust159子供の歯が生えてくると、虫歯にしないために毎日「歯みがき」をお子さんにしてあげていますよね。抵抗しない子供はいいのですが、「や〜だ〜!」と絶対にさせてくれない子供だと本当に大変です。しかも、これが毎日となるとパパママの方が参ってしまいます。でも、ちょっとした工夫で、楽しく磨けるようになるかも知れませんよ!

定番中の定番だけど、やっぱり効果抜群!「絵本や紙芝居」

「歯みがき」や「虫歯」を題材にした絵本や紙芝居、本当にたくさんありますよね。歯みがきを嫌がる子供は「面倒くさい」などの理由がほとんどだと思うのです。「どうして毎日磨かなくちゃいけないのか?」それを知るためには、こうした「絵本」や「紙芝居」はとても効果的なのです。

面白いお話の中に、「虫歯になると痛いよ!大変だよ!」という内容があるので、子供もそれを見た時に「虫歯になったら大変だ!ちゃんと磨かなくちゃ!」という気持ちが芽生えます。いつでも読んであげられるようにしておくといいですね。また嫌がるようになったら、違う本を用意して、「やっぱり磨かなきゃ!」という気持ちにさせてあげましょう。

子供向けの「歯みがきDVD」なら、見て楽しい!歌って楽しい!

特に小さいお子さんでは、絵本に加えて「歯みがきDVD」もオススメです。可愛いキャラクターが出て来て、歯みがきの歌を軽快なリズムにあわせて歌ったりするので、子供は楽しい気分で歯みがきをすることを学びます。

「歌」は体で覚えてしまいますから、その曲が流れると「あ!歯みがきしなくちゃ!」という気持ちにもなり、歯みがきの習慣を身につけさせるのにもとてもいいと思います。リズミカルで、楽しい気分になる「歯みがきDVD」を、お子さんと一緒に探すのも楽しいですね。

テクノロジーの最先端で「歯みがき」を学ぶ!?ゲーム感覚の「歯みがきアプリ」

今は小さなお子さんでも、ママのスマートフォンを使いこなしてしまう時代ですから、嫌がる歯みがきも、こうした最先端テクノロジーを上手に利用しましょう。

インターネットで調べてみると、たくさんの「歯みがきアプリ」があって、可愛い動物の「歯」を磨いてあげるとゲームクリアできたり、磨かないままでいるとその動物さんが虫歯で痛がってしまうなど、これも子供の興味を惹きながら、歯みがきの大切さを学ぶことができます。

「ゲームクリアしたら、○○ちゃんも磨こうね!」など、実際の歯みがきとゲームをセットにして、毎日の習慣につなげるような言葉をかけてあげると、意外とすんなり磨かせてくれるようになるかも知れませんよ!

毎日毎日、子供を追いかけ回すのは本当に大変です!ですから、こうした「楽しい歯みがき」の材料を用意しておいて、「え?これなあに?」と子供の方から近づいてくるようにしてしまいましょう。

子供が興味を持ってくれたら大成功!上手に磨かせてくれたら「すご〜い!ピカピカになったよ!偉かったね!」といっぱい褒めるのも忘れないでくださいね!

 




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供の将来は「しつけ」で決まる!育ちのいい環境はこう作る!

「あの人は育ちが良いわ」「品のない食べ方ね…」人間は、立ち振る舞いや行動を、常に …

整理整頓や片付けで子供に考える力をつける!「収育」教育法とは?

「収育」という言葉を聞いた事はありますか? 今までの「整理整頓」とはちょっと違っ …

「また来てね!」と思われるかな?友達の家に遊びに行ったときのベストな行動とは?

夏休みのように家にいる時間が増えると、お友達の家に遊びに行ったり来たりする機会も …

子供を「スマホ依存」にさせたくない!幼児期から気をつけたいこと3つ

近年、スマートフォンの普及により子供を取り巻く環境は大きく様変わりをしています。 …

子供の五感は外遊びで鍛える事ができる!自然とのふれあいが子育てに役立つ理由とは?

人間の「五感」はお母さんのお腹の中にいる胎児のころに原形が形成されると考えられて …

「イヤイヤ期」はこう乗り切る!子供の行動別対処法を考えよう

「魔の2歳児」とよく言いますが、あれもイヤ!これもヤダ!と自己主張の表れでありス …

子供のアレルギー疾患が増えている…食物アレルギー、気をつけたいこととは?

少し前に食物アレルギーを持つ子供が学校給食を誤食して、残念ながら亡くなってしまっ …

子供の話ちゃんと聞いてますか?後回しにしてしまうと、言う事を聞かない子供になってしまいます

少し前までは「食べたお皿片付けるの手伝ってね!」「は〜い!」と言う事を聞いてくれ …

子供と一緒にキッチンで料理しよう!料理が子供の教育に良い理由とは?

女の子であれば、興味のある子であれば2~3歳で包丁を使いたがるようになります。 …

集中力のない子供。勉強も習い事も毎日の「ちょっとずつ」で集中力を高めましょう

家で遊んでいる子供の様子を見ていると、やはり好きな事をしている時は「集中している …