みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供がテレビばかり見ていて心配な親御さん必見。簡単な室内遊びで子供の集中力を育てよう!

      2015/07/09

illust3571雨の季節は外遊びも出来ないので、家にこもりがちになってしまいますよね。何もすることがなくて、子供にテレビを見せている時間が長くなってしまう…そんな経験はありませんか?テレビよりも楽しい遊びがあれば、子供だって楽しいはずです。さらに「集中力」を高める遊びで脳を活性化しましょう!

「日本地図」「アルファベット」などの「パズル遊び」をしよう!

パズル遊びは、子供はみんな大好きですよね。好きなアニメキャラクターのものなどが売られていることが多いので、ひとつくらいは持っていたりするのではないでしょうか。バラバラになったパーツを元の絵になるように組み合わせる、これはそうとう集中力を必要とする遊びです。

さらに「地図」や「アルファベット」になっているパズルをすると、遊びながら県の名前や位置を覚える事が出来たり、アルファベットに親しんだりすることが出来るのでオススメです。知らず知らずのうちに勉強にもなるパズル遊びは、いくつも用意してあげたいですね。

記憶力が勝負!「神経衰弱」などの「トランプ遊び」をしよう!

トランプは、今は100円ショップなどでも売られていますから、気軽に楽しめる室内遊びとして人気がありますよね。幼児でも「7ならべ」や「ババ抜き」など簡単なルールで遊べます。なかでもオススメしたいのは「神経衰弱」です。これは子供の記憶力、集中力を高めるのにぴったりの遊びと言えます。

人数も選ばないので、ママと2人でじっくり戦うのもいいですし、大人数で「あ!そこ覚えてたのに〜!」などとスリルを味わいながらも楽しそうですね。

負けてしまうと悔しくて「もう一回!」と繰り返し遊びたくなるので、ますます集中力がアップするでしょう。

どれだけの言葉を知っているかな?「しりとり」で盛り上がろう!

4〜5才になってくるとさまざまな言葉を覚えて理解していきますから、こうした「言葉遊び」も積極的にさせてあげたいですよね。「しりとり」は簡単なように思えますが、幼児期の子供にとっては同じ言葉を使ってはいけないというのは意外と難しいことなのです。

「自分の知っている言葉、何があるだろう?」と頭をフル回転させて思い出し、次の言葉へつながなくてはなりませんから、パッとひらめく瞬発力も養われます。

どうしても言葉が少ないので、「本を使ってもいいルール」などにしてあげると、言葉にさらに興味を持つ事になり、語彙力も自然と高められるでしょう。

あれれ?どこが変わったのかな?部屋の中の「間違い探し」

例えば、テーブルの上にあらかじめ「コップ」や「リンゴ」などを並べておき、子供に見せます。その個数や並べ方を覚えさせ、次にコップを増やしたり、半分に切ったリンゴに変えて見て「さっきとどこが違うかな?」と間違っているところを当ててもらうのです。

これは空間認識力が試されますから、ぜひお子さんと遊びながらチャレンジしてみましょう。

いかがでしたか?何気ない遊びの中にも「集中力」を高めるもの、たくさんありますよね。テレビに頼らず、有意義な遊びをいっぱいさせてあげましょう。

 

 

 




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

家事ができない女子が急増中!?そんな娘にしない為に心掛けたいこととは?

共働き家庭、核家族、シングルマザー…家族を取り巻く環境は大きく様変わりをしていま …

子供の為にしていたことが実はNG行動だった…ダメな子にしてしまう親の行動とは?

「いつも仲良しな親子ね」と周りからも言われて、子供は自分の言う事を何でも聞くし、 …

寝不足でつらい…短くても「良質な睡眠」でリフレッシュしましょう

子育てをしているママは、時間に負われて何かと大変ですよね。赤ちゃんの授乳期だと、 …

どうしたらいい?子供の反抗期、小学校の子供の反抗期にはこう接していきましょう

「小さい頃はあんなに可愛かったのに…」小学校や中学校へ行く年齢になると、親との関 …

声掛け変換
発達障害の子供にオススメの「声かけ変換表」は大人でも使えて凄い!

みなさんは「声かえ変換表」って聞いたことありますか? これは発達障害を持つお子さ …

子供の虫歯
赤ちゃんへのキスは虫歯の原因になる可能性あり。キスはほっぺやおでこがいい理由とは

可愛い赤ちゃんは家族にとってアイドルのような存在です。 抱っこして、キスして…で …

長所子ども
子供の直したい「マイナス行動」短所も裏を返せば長所になる

「落ち着きがない」 「あれもこれも人にやってもらう」 などなど、子供の行動には「 …

ママも子供も幸せになれる方法は「下から目線」の子育て

寝返りができて、お座りが出来るようになって、歩けるようになって…どんどん成長して …

子供を「スマホ依存」にさせたくない!幼児期から気をつけたいこと3つ

近年、スマートフォンの普及により子供を取り巻く環境は大きく様変わりをしています。 …

ランドセルの選び方のコツ!何色がいい?

子供が幼稚園の年長さんになって数か月・・・夏休み明けにはランドセルが店頭に並び始 …