みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

直したい子供の「人見知り」。社会性を育む方法を考えてみましょう

   

illust32362才を過ぎる頃になると、激しい人見知りをする子供が出てきます。お買い物へ出かけても常にママを後ろに隠れて出て来なかったり、おばさんに挨拶されても、そっぽを向いてしまったり…。「このままでは社会性が育たないのではと心配」になってしまいますよね。そこで、今から出来る方法を見つけてみましょう。

誰にでもできる「元気なあいさつ!」まずはここから初めてみましょう

人見知りをする子供の原因の多くは「知らない人に対する恐怖心」があると考えられています。いつも家の中でパパとママに守られて暮らしているのですから、知らない人と会うと「怖い」という感情が芽生えてしまっても仕方のないことです。知らない人から挨拶をされてママの後ろへ隠れてしまうのも、そうした気持ちの表れなのでしょうね。

そこで、外でご近所さんに会ったりした場合に、まずはパパママが「こんにちは!」と元気よく挨拶する姿を子供に見せてあげましょう。その時ニコニコしているパパママを見て、「知らない人でも大丈夫、怖くない」という印象を、子供自身に持たせてあげることが大切です。

パパもママも会話をする時は笑顔で!豊かな表情で話をしましょう

親が他人と会話をする時、子供はその様子をじっと見ています。そこでパパママが暗い顔をしていたのでは、子供もますます悪いイメージを持ってしまい「他人と関わりたくない」と思ってしまいますよね。ここで気をつけたいのは「笑顔」で楽しそうな表情で会話をして欲しいということなのです。

他人との会話しているパパママを見て、子供もコミュニケーション方法を学んでいきます。そこで楽しそうに会話しているパパママの表情を見る事で、パパママ以外の人とも「接してみよう、怖くないかも」と思えるようになるのです。人見知りの子供の前で他人と会話する時は、あえて明るく振る舞うように心掛けましょう。

おじいちゃん、おばあちゃんに積極的に会いに行きましょう!

子供は、パパママからの愛情はもちろん、身近な存在のおじいちゃんおばあちゃんからも「たっぷり」愛情をもらうことで、「自分は愛されているんだ!」と自信を持つようになります。

「○○ちゃん、凄いね〜えらいね〜」と些細な事でも手放しで喜んでくれる祖父祖母に褒めてもらったりして「自分を可愛がってくれる存在が周りにたくさんいる」ということを知ると、だんだんと他人へ恐怖心も薄くなり、次第に心を開きやすくなります。おじいちゃんおばあちゃん、親戚やいとこたちとたくさん遊んでもらい、「たくさん愛されている!」という自己肯定感を育たせて、自信を持たせてあげましょう。

子供の「人見知り」を直す方法は、意外とたくさんありますね。パパママが積極的に他人と会話している様子を見せてあげることで、「怖くない!」と思わせてあげる事が肝心なのです。たくさんの人と接する機会を増やして、そこで社会性の第一歩、「こんにちは」と子供が言えたら、いっぱい褒めてあげてくださいね!

 




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

飽きっぽい子ども
子供の才能を見つけるには飽きっぽい、三日坊主でもいいって本当?何でもチャレンジさせることの大切さとは

「三日坊主」と聞くと、あまり良いイメージではありませんよね? だけど「子供の才能 …

落ち着きのない子供になる?「ながら子育て」は今すぐ止めよう!

時間に追われている現代社会では、子育てと言えども例外ではなく、パパもママも子供と …

子供を支配していませんか?子供は親の所有物ではありません!!

自分自身がお腹を痛めて生んだ我が子。 何よりもかけがえのない存在です。 愛して止 …

学資保険
学資保険の仕組みと選び方。貯蓄型と保証型の特徴とメリット・デメリットまとめ

子供の養育費のこと、みなさんはどのように考えていますか? 「まだ赤ちゃんだし、必 …

みんなとは違う!ちょっと変わった習い事ベスト3!

私が子供のころの習い事の定番といえば、 習字、そろばん、ピアノくらいでしたが、近 …

このままで大丈夫かな?子供の身長を伸ばすためにできること

「あれ?うちの子だけなんだか小さい」「去年まで同じくらいの身長だったのに、すっか …

1歳のお祝い!一升餅のやり方と意味とは?

子どもが1歳になったら、自宅や飲食店などで家族が集まって一升餅のお祝いをします。 …

子供を入れるなら幼稚園と保育園どっちがおすすめ?預ける施設の違いと選び方

幼いお子さんを持つパパママにとっては、家族以外の人の所へ預ける場所となる、幼稚園 …

運動神経のいい子供を育てる方法!遺伝ではなく育て方で運動神経は伸びます

子供は体を動かすのが大好きです。公園へ行くとかけっこする姿に、「私に似ちゃうとか …

子供を公園デビューさせる時の注意点!ジャングルジムや滑り台で怪我をしないよう親がするべきこと

子供が1歳を過ぎ、歩き始めるようになると公園デビュー!という親子は多くいるでしょ …