みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

どうすればいいの?上手な「ママ友付き合い」をする方法とは?

   

illust3496幼稚園や保育園に入園すると、子供も心配ですが、「ママ同士」のお付き合いも気になってきます。最近ではテレビなどでも「ママ友トラブル」が頻繁に取り上げられて、「私も上手にできるのかしら…?」と入園前から心配するママもいるほどです。では、一体どんなトラブルがあるのでしょうか?

「LINE未読・既読問題」は、ママ友の世界でも大きな問題になっているようです

現在ではスマートフォンの普及率はとっても高くて、ほとんどのママたちが持っていると言っても過言ではないほどです。その中でも「LINE」を使ったメッセージのやりとりをすることが、ママ友でも主流なようです。

そうすると「既読つかないんだけど!」「見たのに返事まだ?」などの「LINE未読問題」が起こってしまうのですね。しかも学生時代の友人と違って、気心が知れ合っているわけでもないので、その返事に困ったり、面倒くさくなってしまうなどが多いようです。

かといって、「既読無視」はやっぱりマナー違反ですから、もしも面倒だと思うなら「私、あまり携帯見ないので…」など、あらかじめ伝えておくことも大切です。その上で、必要最小限の返事はきちんと返すようにしましょう。

気になる「ママ友トラブル」…1番多いのは「子供のケンカに口を出す親」

あるアンケート調査の結果によりますと、30%近くの人が「子供同士のケンカに親が口を出す」というものでした。恐らく、ささいな事が原因でのケンカでも、目くじらを立てた相手の子供のママが、家まで不満を言いに来た…などでしょうね。

人間ですから、考え方も人それぞれだとは思うのですが、例えば相手の子にケガさせてしまった場合には、ママも子供と一緒に謝罪が必要ですが、砂場の砂をかけてしまった場合では、子供同士で解決させてもいいのでは?と思います。

子供のケンカは理由もさまざまですから、まずは子供同士で話合いをさせて、なんでケンカになってしまったのかを探ってあげることが大切なのです。それなのに理由も聞かず「うちの子が可哀想!」と思ってしまい、カッとなるパパママが多いのも事実なので、こうしたトラブルに発展してしまうと考えられます。

「仲間外れ」「悪口」「意見の食い違い」…合わせて50%も!

それ以外では、やはり「ママ同士」のトラブルが目立ちます。仲間外れに悪口…常識で考えればあってはならないことなのですが、何故かこうした問題が発生してしまうのですね。一番いいのは悪口を言うママには近づかない事。そこで一緒に話を聞いているだけで「同罪」にされかねません。隙を見てスーッとその場から立ち去るのが賢明でしょう。

意見だって人それぞれ。ママ友と話していて「違うんじゃない?」と思っても、その場では「そういうこともあるかもね」と軽く同意することも大切です。違う意見は「なるほど」と勉強にもなる!と考えれば、トラブルにはならないはずです。

とても難しいママ友付き合いですが、気の合う人に出会えるととても心強い存在になります。「自分は自分」という信念を持ちましょう。素敵なママ友に出会えますように!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

学資保険
学資保険の仕組みと選び方。貯蓄型と保証型の特徴とメリット・デメリットまとめ

子供の養育費のこと、みなさんはどのように考えていますか? 「まだ赤ちゃんだし、必 …

図工作品の整理
子供の図工作品や絵をどう収納・整理・処分する?かさばる思い出の品を分別しよう

子供が一生懸命作った図画工作物はどう整理していますか? 小さな頃は初めて〇〇が描 …

授乳中の頭痛…薬って飲んでも大丈夫なの?

授乳中だけれど、お母さんも人間ですから体調不良くらいにはなりますよね。 特に多い …

アルバム整理術
子供の写真・アルバムの整理術に役立つアイディアをご紹介。

子供が生まれた瞬間から、写真を撮る機会がとても増えます! 一瞬一瞬の表情を残した …

子供の人格形成
子供の健全な人格を作る幸せホルモン「オキシトシン」って凄い!スキンシップで生まれる幸せホルモンと心理的効果

赤ちゃんから幼児期にかけて、その子の「人格」が形成されていくわけですが、その鍵を …

ダメな所ばかり見ていませんか?夏休みだから子供の「得意」をグングン伸ばそう!

もう夏休みも後半戦が近づいてくると、自由研究や宿題も気になる所ですが、親としては …

幼児の英才教育は気をつけないと失敗して「ダメな子」になってしまう!

幼児期にあれもこれも習わせてあげたいと思うのは、将来の子供のことを案じて出来る限 …

二人目の子どもが欲しい!3歳差ってどんな特徴があるの?

子どもがある程度大きくなってくると、そろそろ次の子どもが欲しいなと感じます。 で …

乳幼児の誤飲、気をつけて!もしもの時の応急処置を知りましょう

小さな赤ちゃんは好奇心旺盛で、何でも口の中へ入れて確かめたりしますよね。ですから …

子供の誕生日をお祝いすることが実は「育脳」にとても効果絶大だった!その効果とは?

我が子が生まれてきてくれた喜びは、子供がいくつになっても色褪せることはなく、子供 …