みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

赤ちゃんの「イタズラ」は怒っちゃダメ!?脳が育っているって本当?

   

illust778赤ちゃんがハイハイ出来るようになり、歩けるようになり…と、だんだん行動範囲も広がっていきますよね。そうすると「ちょっと!何してるのー!?」と少し目を離したすきに「イタズラ」をしていたということも、良くあります。このとき、赤ちゃんの脳は活発に成長をしていたのです。

目にするもの全てが新鮮な赤ちゃんは、「探索行動」を始めます

1〜2才になって歩けるようになると、赤ちゃんにとっての世界がぐんと広がりますよね。自分の意思で行動できるようになるので、赤ちゃん自身の気分のおもむくままに動き回ります。その中で、「これはなんだろう?」「あれは?」と、さまざまな物について「探索」するようになります。これが「探索行動」です。

興味を持った物を見つけると、触ったり、口に入れてみたりと「知的好奇心」を持って確かめようと一生懸命です。そうした行動が、結果として「イタズラ」となってしまうのでしょう。

心と体の成長、特に「脳」の発達が著しいからこそ「イタズラ」をしてしまうのです

ママがご飯の用意をしている間、「静かに遊んでいるのね」と思っていたら、箱のティッシュを全部出して部屋にまき散らしていた…なんていうことも、良くある赤ちゃんのイタズラのひとつです。まるで、大人を困らせたくてイタズラしているの?と思ってしまいますが、決してそうではありません。

赤ちゃん自身が、たくさんのことに興味関心を持っていることの「証拠」のようなもので、探索行動がより活発になり、意欲的に「知りたい!」と思っている時期なのですね。ですから、イタズラをしている赤ちゃんの「脳」の中では「触るとフワフワするな」「引っ張ったらいっぱい出て来た!」など、さまざまな情報を収集している真っ最中なのです。

そうして、自分から興味を持ったことについての経験を、頭の中で整理して、覚えて、またさらに次の興味へ…と、探索行動はつきることがないのです。

どんなことにも興味がいっぱい!危険な物はきちんとしまっておきましょう

探索行動が活発になればなるほど、行動範囲もますます広がり、もしかすると「棚の上なら安心」と大人は思っていても、赤ちゃんが目にして気になってしまうと、よじ登ってでも取ってしまう…ということも少なくありません。ですから、「危険物」を目につくような場所に置かないことはもちろん、パパママが触って欲しくないようなものは、きちんと管理しておきましょう。

例えば、パパが丹誠込めて作り上げたプラモデルを飾っていたとします。だけど赤ちゃんだって、きっと興味津々なはずです。触りたくて手にして、壊してしまったとしたら…「何してるんだ!」と怒ってしまいたくなるでしょう。

怒られた赤ちゃんに「悪気」はありません。突然怒られたことにビックリしてしまい、探索行動をしなくなり、赤ちゃんの好奇心を奪ってしまうことになりかねません。

安心、安全な物のイタズラは、「あっちゃー!やっちゃったの?」とおおらかに見守ってあげましょうね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

楽しいはずの食事の時間が「しつけの時間」になっていませんか?意外とやってしまうことに気をつけよう

最近の子育て世代のママたちは共働きなどでとても忙しく、子供と一緒に食事の時間を取 …

子育て中こそ念入りに!いつまでもキレイなお母さんでいよう!

小さい子どもを育てるお母さんは、毎日頭を振り乱しながら頑張っています。 そのため …

オムツが外れるまではダメ?赤ちゃんと温泉に入れる時期について

赤ちゃんのお世話をしていると、たまにはほっと一息つけるようなたいけんをしたくなり …

子供の育てたい「個性」は生後3年間で決まる!赤ちゃんにはいっぱい触れましょう

今は時代もグローバル化が進み、どんどん世界へ進出していく人たちが増えています。こ …

子供服を安く手に入れる方法。フリーマーケットやリサイクルショップを使う時のコツは?

子供の服ってサイズアウトが本当に早い!今の季節にしか着れない服は、買っても着るの …

姉妹喧嘩の仲裁
姉妹喧嘩が絶えない子供には共感を示すことで仲裁できる

姉妹の喧嘩は兄弟に比べると比較的おとなしめ・・・と思われがちですが、実はその根は …

子供の地頭力を鍛える
ピアノを習っている子供は頭が良くなる。音楽が子供の地頭力を鍛えるのに役立つ理由とは?

英語、体操教室、リトミック…。 お子さんに「何か習い事をさせてあげたいけど、どれ …

子供の隠し事
「隠し事」をする子供の本当の心を知るには?

幼稚園へあがる頃になると、行動範囲も少しずつ広がっていきますよね。 園へ行ってい …

怒り過ぎたかな…子供が可哀想?「毒親」にならないための方法とは?

子供が何か悪い事をしたとき、親としてはしつけなければなりませんから、「怒る」こと …

育児腰痛
育児腰痛を和らげる4つのコツとおすすめストレッチ

産後、腰痛に悩まされる女性はとても多いと言われています。 その原因のひとつが“骨 …