みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

赤ちゃんの「イタズラ」は怒っちゃダメ!?脳が育っているって本当?

   

illust778赤ちゃんがハイハイ出来るようになり、歩けるようになり…と、だんだん行動範囲も広がっていきますよね。そうすると「ちょっと!何してるのー!?」と少し目を離したすきに「イタズラ」をしていたということも、良くあります。このとき、赤ちゃんの脳は活発に成長をしていたのです。

目にするもの全てが新鮮な赤ちゃんは、「探索行動」を始めます

1〜2才になって歩けるようになると、赤ちゃんにとっての世界がぐんと広がりますよね。自分の意思で行動できるようになるので、赤ちゃん自身の気分のおもむくままに動き回ります。その中で、「これはなんだろう?」「あれは?」と、さまざまな物について「探索」するようになります。これが「探索行動」です。

興味を持った物を見つけると、触ったり、口に入れてみたりと「知的好奇心」を持って確かめようと一生懸命です。そうした行動が、結果として「イタズラ」となってしまうのでしょう。

心と体の成長、特に「脳」の発達が著しいからこそ「イタズラ」をしてしまうのです

ママがご飯の用意をしている間、「静かに遊んでいるのね」と思っていたら、箱のティッシュを全部出して部屋にまき散らしていた…なんていうことも、良くある赤ちゃんのイタズラのひとつです。まるで、大人を困らせたくてイタズラしているの?と思ってしまいますが、決してそうではありません。

赤ちゃん自身が、たくさんのことに興味関心を持っていることの「証拠」のようなもので、探索行動がより活発になり、意欲的に「知りたい!」と思っている時期なのですね。ですから、イタズラをしている赤ちゃんの「脳」の中では「触るとフワフワするな」「引っ張ったらいっぱい出て来た!」など、さまざまな情報を収集している真っ最中なのです。

そうして、自分から興味を持ったことについての経験を、頭の中で整理して、覚えて、またさらに次の興味へ…と、探索行動はつきることがないのです。

どんなことにも興味がいっぱい!危険な物はきちんとしまっておきましょう

探索行動が活発になればなるほど、行動範囲もますます広がり、もしかすると「棚の上なら安心」と大人は思っていても、赤ちゃんが目にして気になってしまうと、よじ登ってでも取ってしまう…ということも少なくありません。ですから、「危険物」を目につくような場所に置かないことはもちろん、パパママが触って欲しくないようなものは、きちんと管理しておきましょう。

例えば、パパが丹誠込めて作り上げたプラモデルを飾っていたとします。だけど赤ちゃんだって、きっと興味津々なはずです。触りたくて手にして、壊してしまったとしたら…「何してるんだ!」と怒ってしまいたくなるでしょう。

怒られた赤ちゃんに「悪気」はありません。突然怒られたことにビックリしてしまい、探索行動をしなくなり、赤ちゃんの好奇心を奪ってしまうことになりかねません。

安心、安全な物のイタズラは、「あっちゃー!やっちゃったの?」とおおらかに見守ってあげましょうね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

一人っ子の教育
一人っ子を甘やかすと自立心が育たず無気力になる。一人っ子の子育てで気をつけたいこととは?

核家族化が進む現代社会に伴い、「一人っ子」も増加傾向にあることは、みなさんご存知 …

子供の論理的思考能力を伸ばす方法は子供同士の喧嘩にあり!喧嘩の終わらせ方は問題解決の基本

「ケンカ」をすることは良くないことだと、子供たちは教わってきました。 最近では幼 …

育児日記を続けるコツ
乳幼児期に育児日記を書くことのメリット&育児日記を続けるコツ

みなさんは「育児日記」を付けていますか?出産のお祝いとして、産院から頂くこともあ …

子供に「自分を知る」機会を与えていますか?親の押しつけは子供の希望を奪ってしまう!?

幼児期のお子さんを持つパパママにとって、わが子がどんな大人になるのか心配、あるい …

子供のおやつオススメ
子供にオススメのおやつ会社は?森永製菓、明治製菓、江崎グリコ三社を比較してみた

 『おやつ』と聞くと思わず、にっこり。大人も大好き、子供はもっと好きですよね。 …

二人目の子どもが欲しい!3歳差ってどんな特徴があるの?

子どもがある程度大きくなってくると、そろそろ次の子どもが欲しいなと感じます。 で …

子供のとびひ
子供に肌のかゆみの症状が出たら「とびひ」を疑おう。とびひの予防法まとめ

これから迎える暑い夏。夏の子供達は髪の毛がシャワーを浴びたように汗びっしょり。 …

潤ってると思われがちな赤ちゃんの肌の皮脂量…実は大人の半分!赤ちゃんの乾燥肌対策していきましょう

よくキレイで潤いのあるお肌のことを「赤ちゃん肌」などと表現する事がありますが、実 …

飲食店で市販のベビーフード、勝手に食べるのってアリ?

まだまだ産まれたばかりの頃は、大人の分だけご飯を用意すれば良いので外食も比較的大 …

「買って買って!」はチャンスかも!?お金の教育をするにはどうしたらいいの?

赤ちゃんの頃から不自由なく周りの人がお世話をしてくれ、自分の足で立って歩けるよう …