みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

赤ちゃんの「イタズラ」は怒っちゃダメ!?脳が育っているって本当?

   

illust778赤ちゃんがハイハイ出来るようになり、歩けるようになり…と、だんだん行動範囲も広がっていきますよね。そうすると「ちょっと!何してるのー!?」と少し目を離したすきに「イタズラ」をしていたということも、良くあります。このとき、赤ちゃんの脳は活発に成長をしていたのです。

目にするもの全てが新鮮な赤ちゃんは、「探索行動」を始めます

1〜2才になって歩けるようになると、赤ちゃんにとっての世界がぐんと広がりますよね。自分の意思で行動できるようになるので、赤ちゃん自身の気分のおもむくままに動き回ります。その中で、「これはなんだろう?」「あれは?」と、さまざまな物について「探索」するようになります。これが「探索行動」です。

興味を持った物を見つけると、触ったり、口に入れてみたりと「知的好奇心」を持って確かめようと一生懸命です。そうした行動が、結果として「イタズラ」となってしまうのでしょう。

心と体の成長、特に「脳」の発達が著しいからこそ「イタズラ」をしてしまうのです

ママがご飯の用意をしている間、「静かに遊んでいるのね」と思っていたら、箱のティッシュを全部出して部屋にまき散らしていた…なんていうことも、良くある赤ちゃんのイタズラのひとつです。まるで、大人を困らせたくてイタズラしているの?と思ってしまいますが、決してそうではありません。

赤ちゃん自身が、たくさんのことに興味関心を持っていることの「証拠」のようなもので、探索行動がより活発になり、意欲的に「知りたい!」と思っている時期なのですね。ですから、イタズラをしている赤ちゃんの「脳」の中では「触るとフワフワするな」「引っ張ったらいっぱい出て来た!」など、さまざまな情報を収集している真っ最中なのです。

そうして、自分から興味を持ったことについての経験を、頭の中で整理して、覚えて、またさらに次の興味へ…と、探索行動はつきることがないのです。

どんなことにも興味がいっぱい!危険な物はきちんとしまっておきましょう

探索行動が活発になればなるほど、行動範囲もますます広がり、もしかすると「棚の上なら安心」と大人は思っていても、赤ちゃんが目にして気になってしまうと、よじ登ってでも取ってしまう…ということも少なくありません。ですから、「危険物」を目につくような場所に置かないことはもちろん、パパママが触って欲しくないようなものは、きちんと管理しておきましょう。

例えば、パパが丹誠込めて作り上げたプラモデルを飾っていたとします。だけど赤ちゃんだって、きっと興味津々なはずです。触りたくて手にして、壊してしまったとしたら…「何してるんだ!」と怒ってしまいたくなるでしょう。

怒られた赤ちゃんに「悪気」はありません。突然怒られたことにビックリしてしまい、探索行動をしなくなり、赤ちゃんの好奇心を奪ってしまうことになりかねません。

安心、安全な物のイタズラは、「あっちゃー!やっちゃったの?」とおおらかに見守ってあげましょうね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

ママ友付き合いでのトラブル喧嘩防止方法。ママ友との上手な付き合い方のコツ

子供が生まれたら避けて通れないのが、ママ友との付き合い。子供同士が友達、家が近所 …

子供を塾に通わせる
子供はいつから塾に通わせる?塾のタイミングと種類まとめ

塾の問題を考えてみましょう 周りの子がどんどん塾に行き始める、3~4年生。うちは …

姉妹喧嘩の仲裁
小学生女子のおしゃれ、親はどこまで認めるべき?禁止する前に親として教えるべきこと

街を歩いていると、可愛い!というより、まるで大人のようにキレイに着飾った女の子た …

「五郎丸ポーズ」でラグビーが子供にも大人気!ラグビーを習うと得られる効果とは?

ラグビーの第8回ワールドカップイングランド大会で、初の1大会3勝を挙げた日本代表 …

評判の良い小児科探しのコツ。子供のかかりつけのお医者さんを見つけるには?

子供が病気になった時のために、“かかりつけ”の小児科を早いうちに決めておくのはと …

子どもの熱中症
子供の熱中症予防と症状まとめ。6月から気温が高くなるので要注意!

『子供の熱中症』 最近は春の季節から急に気温が上がり春らしい気候があっという間に …

ママ友から人望を集める素敵なママになりたい!ママ友グループで好かれるタイプの女性とは?

幼稚園や保育園へ通うようになると、やっぱり気になるのは「ママ友」の存在です。 「 …

妊婦ママ必見!!こんなに簡単に赤ちゃん返りを防ぐ方法!

お腹に赤ちゃんがいると分かるとどうしても意識や考えることがお腹の子・生まれたばか …

子どもの散髪
小さな子供の髪を自宅でカットする時に心得たいポイント4つ

子供が小さいうちは、子供自身が美容院に行きたがらない、費用を節約したい等の理由か …

4〜5才になったら「ひらがな」にチャレンジ!楽しく取り組むコツ3つ

小学校に行くと必ず勉強する「ひらがな」ですが、4、5才になると自分から「書いてみ …